BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

このエントリーをはてなブックマークに追加

【10R】丸ちゃんワールド  丸岡正典が優出会見の会場に着いたころ、まだ池田浩二の会見が続いていた。5分ほど待たされただろうか。池田が会見を終えて会場を出ると、丸岡が一言。「長い」。池田は大爆笑!「俺に言うな!」と大笑いしながら池田は去っていく。たしかに、長くなった責任は池田にはない。  で、丸岡の会見。池田より長くなった(笑)。順番が逆だったら、池田に「長ぇよ」と言われていただろう。質問が多く続いたのはたしかだが、要因はほぼ丸岡のほんわかしたしゃべり方とコメントだ。 「成績がいいので、何かがいいんでしょう。何か? わかりません。……どうっすか? いい? …………わからん、わかりません(笑)」  こんな調子でほわほわとしゃべっていたら、そりゃあ長くなる。そしてまた、その会話がなんとも心地いいのである。いつまでも丸ちゃんの話を聞いていたいような。だから、報道陣の質問も増える。これぞ丸ちゃんワールドだ。  結果的に、明日も丸ちゃんワールドに触れられる可能性は格段にアップした。一筋縄ではいかない鳴門のイン戦だが、枠番的に勝つ可能性がもっとも高いのは丸岡である。もし優勝して会見にあらわれたとするなら、丸ちゃんワールドはさらに膨張して、大爆笑の渦となるだろう。  池田浩二の会見は、ふだんよりずっと饒舌と思えた。「蒲郡が10だったとするなら、今回は1」なんてリップサービスもあったりして。池田の話を総合するなら、今回の体感はあくまで普通であって、蒲郡のほうが感触はよかった、という程度のことのようだが、話をわかりやすく(面白く?)するために、大袈裟に話したのだろう。間違いなく、気分がいいのだと思う。  レース後の歩様も力強かった。勝った丸岡と肩を並べて控室に戻るその後ろ姿は、どちらも勝者に見えるほど、誇らしい姿と映った。「3カドというのもあって、少しでも行こうと思った」というスタートは、コンマ05。昨日もすぐ右隣に超抜の石野貴之がいて、同体ならまくられると決意のコンマ04を決めている。2日続けて気持ちの入ったレースをして、結果も出したのだ。充実感が生まれていてもおかしくはない。  明日もこの気持ちでレースに行けるのなら、非常に怖い存在となる。なにしろ、枠なりなら石野をマークできる立場だ。すでに池田の脳裏には戦略が浮かんでいるはずだ。

【11R】超特急イシノ号  満面の笑顔で引き揚げてきた石野貴之に、山崎智也が歩み寄って声をかける。 「ひっどい足っ!」  このひどいは、悪い足、ではない。とんでもなく凄すぎる足、である。あっさり交わされたのがかわいい後輩だったから、その意味でもひどいということかもしれないが。  それを受けて石野は、たしかに「鬼足」と返したように聞こえた。そう、まさに鬼足! 準優でもっともインパクトのあるパワーを見せたのは、あれを見た人なら全員が異口同音に、石野貴之だったと言うだろう。  交わされた毒島誠が、こんな表現をしていた。 「(僕は)鈍行列車みたいでしたよね。隣を快速がぶーんと追い抜いていった」  話が進んでいくと、毒島は「快速」を「のぞみ号」と変化させた。新幹線に格上げである。鈍行とのぞみじゃあ、そりゃあ抜かれても仕方ない。「足合わせをして、小自信をもってレースにいったんですけど、嫌になっちゃいますよね。自信が過信だったと思い知らされました」とも毒島は言っていた。お手上げのていだ。  石野は優勝戦の3カドも匂わせていて、明日はその意味で進入から注目だ。もちろん枠なりとは限らないが……。前付けがあれば、喜んで入れて4カド、とも言っているが、誰も石野の内、しかも深くなる内には入りたくないよなあ。ただ、落として差しても差さらない足、だとも言っている。石野を止める艇が内にいるのなら、他の展開もありそうだ。  それにしても、毒島誠は凄すぎでしょ。グラチャンと今回の共通点は「前検では泣きまくり、ドリーム戦は見せ場なく大敗、今節は厳しいなと思わせられたのだが、それを立て直して優出にこぎつける」。そうそうできる芸当ではないぞ。毒島はまた「整備士さんのおかげ」と謙遜しそうなので話しかけてはいないが、毒島の強さは並外れた旋回力だけではないのである。今節は5コースがけっこう来てますよね。鳴門の特色とも言える5コース戦の強さ。3コースから石野がまくり、4コース池田がマーク差し、その瞬間に毒島が全速まくり差し……そんなシーンがあってもおかしくないと思うぞ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016オーシャンカップ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

田中信一郎だけは絶対ゆるさない!
てか大阪支部は汚いからモーターボート界から追放してください!!

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:125664
  • 累計のページビュー:37314798

(11月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss