BOAT RACE ビッグレース現場レポート

平和島クラシック『前検を斬る!!』

このエントリーをはてなブックマークに追加

 平和島クラシックの前検が終わりました。まず、昨日までに私が思い描いていた当地モーター相場のイメージをお伝えしておきます。マラソンに例えるとわかりやすいかも。 「スローペースの先頭集団(上位級)が7、8人ほどいて、そこから100mほど離れた第2集団(中堅)がゴチャゴチャの団子状態。その後方にポツポツと脱落選手(下位)が点在する」  こんな感じだったのですが、今日の前検はほぼそのイメージに近いものでした。ただ、先頭集団の中から、3人ほどがさらに10mほど抜け出していた感があります。その3機を中心に、独断のモーター番付を記しておきましょう。

S級(抜群候補)

★★池田浩二=41号機

 エース28号機の坪井康晴と同班で、この2選手だけが他を圧していた。スタート練習の3本目に至っては双方が激しく意識しあっていたはずで、5カド池田VS6コース坪井の直線勝負。スロー4艇が無難なスタートを切る中、2艇は1艇身以上の非常識なFをやらかしつつ、1マーク手前までビッシリ競り合っていた。さらに、バック直線でも熾烈な伸び比べを見せていたが、私の目には少しだけ池田の方が強めに見えた。41号機はやや意外ではあるが、現時点での節イチ候補に推しておきたい。

★★坪井康晴=28号機

 常に55号機などにエースの座を奪われ続け、ここ数節でついに2連率トップに君臨した28号機。その安定感抜群の気配は、もちろん今日も健在だ。ストレートではやや池田に分が悪いように見えたが、このエンジンはすべての足が強めのバランス型。どんなコースからでも着をまとめる粘り足が身上で、差し屋の坪井にとって最強のパートナーだと思う。余程のアクシデントがない限り、準優入りは約束されているとお伝えしておく。

★★守田俊介=55号機

 つい先月あたりまでエースの座を守り続けてきた55号機。去年の夏秋は断トツの行き足~伸びを誇り、破壊力では他の追随を許さなかった。それが、冬場になってからその破壊力が衰退し、小さくまとまってきたイメージ=レベルダウンを感じていた。「28号機にトップを明け渡したのもやむなし」と見ていたわけだが、今日の俊キチの動きは……抜群だったぞ。特に行き足~伸びが強烈で、あの晩夏の絶頂期を彷彿させるスピード。黒須田が「最近、55号機がちょっと復活してきたらしい」とつぶやいていたが、俊キチ応援団の私としては嬉しい誤算だな。ドリーム6号艇でも要注意!

A級(上位候補)

★川野芽唯=43号機

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2016ボートレースクラシック
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2331
  • 累計のページビュー:33553504

(07月27日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  5. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  6. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  7. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  9. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング
  10. 平和島クラシック『前検を斬る!!』

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月27日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss