BOAT RACE ビッグレース現場レポート

準優ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

激差し!

9R 並び順 ①中里優子(埼玉)06 ②平高奈菜(香川)14 ③寺田千恵(岡山)13 ⑤谷川里江(愛知)19 ④三浦永理(静岡)18 ⑥西村 歩(大阪)07

 レースを作ったのは、浪花のまくり姫・西村だった。アウト6コースからコンマ07まで踏み込み、一気の絞りまくり。中凹みの隊形だっただけに、絞りながらぐんぐん加速して行くように見えた。  5艇をぜんぶ呑み込むっ???  そんな勢いではあったが、インの中里もコンマ06。最内からしっかり伸びる姿を見て取った西村は、レバーを放ってまくり差しに構えた。見た目には1-6か6-1という展開である。ところがところが、バックの入り口で力強く抜け出したのは、西村でも中里でもなく2コースから差した平高だった。1ミリのターン漏れもない見事な旋回、そして回ってからの加速も凄まじかった。

 今日、平高は何度も何度も水面に出てきたのだが、どこをどう調整していたのか、見るたびに足が強化されている気がした。そして、あの完璧すぎるターンである。天性のターンセンス、「ドリームに乗ることだけを考えて走ってきた」(開会式)という心持ち、直前までパワーアップを目指した執念、それらがギッシリと詰め込まれた美しい2コース差しだった。

 2着・中里の足も文句の付けようがないだろう。1マークは西村のまくりを牽制するため、ターンマークを外しながら握って回った。そのロスがなければ、平高と舳先を並べる一騎打ちになっていたと思う(そのマッチアップも見たかったなぁ)。2周1マーク、西村を一撃のツケマイで沈めた足も「さすが46号機」と唸らせるものだった。明日は5号艇、6コースもありえる苦しい立場になったが、パワー的には展開一本(または自力)でファンをあっと驚かせるシーンもありえると思う。

盤上、この一手

10R ①松本晶恵(群馬) 08 ②細川裕子(愛知) 07 ③大瀧明日香(愛知)02 ④川野芽唯(福岡) 05 ⑤日高逸子(福岡) 08 ⑥山下友貴(静岡) 06

 大瀧明日香って、こんなド根性のある選手だったのか。私はいささか驚きながら、バックで先頭に踊り出た大瀧を見ていた。スリットは電撃のコンマ02(後で知ったことだが)、ほとんど隙間がなかった松本と細川の間に舳先を捩じ込んだまくり差し……おそらく、大瀧は2コースの細川しか見えていなかったはずだ。細川の伸び返しが強烈で、ほぼ舳先が並んでいたから。イン松本のポジションが見えないまま、とりあえず細川を全速のツケマイで沈めに行った。同県の後輩を。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2015レディースチャンピオン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2240
  • 累計のページビュー:37957710

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss