BOAT RACE ビッグレース現場レポート

THEピット――激戦連発!

このエントリーをはてなブックマークに追加

9R 地元のムードが盛り上がる!  真っ先にリフトに駆けつけた平山智加が、もろ手をあげて、出迎える。つづいた山川美由紀も、バンザイをするような格好で後輩を称えた。  準優一発目で、地元・平高奈菜が1着! これは盛り上がらなければおかしいし、平山も山川も「次は自分たちだ」の思いを改めて強くしただろう。  先輩二人に笑顔で応えた平高は、その後はやや淡々とした様子ではあった。勝って兜の緒を締めよ、というところだろうか。共同会見でも、粛々と言葉を連ねている。  笑顔があふれていたのは、むしろ中里優子だ。中里自身もそうだが、岩崎芳美、水口由紀、角ひとみといった、長くともに戦ってきた同世代の同志たちが、中里のレディチャン初優出に沸き立っていたのだ。岩崎と角は、こっそり共同会見に紛れ込んでたくらいだ(笑)。中里が何かを言うたびにウケていて、「乗ったからには優勝だけ目指す」と中里が締めると、「キャッハハー」と声をあげていた。岩崎も角も、中里の苦労を知っているだけに、晴れ舞台に駒を進めたことが嬉しかったのだろう。  一方、やはり西村歩はうなだれ気味だった。スリットから伸びていったときには、アタマまで見えていただろう。1周2マークで鋭く差したときには、優出が視界に入ったはずだ。しかし、終わってみればまさかの5着。ズルズルと下がっていく様子は、精神的なものではなかったかと裏読みしたくなったものだった。  その西村を、寺田千恵がねぎらっていた。百戦錬磨のテラッチには、西村の気持ちが痛いほど理解できたはず。西村がレース後の挨拶で頭を下げたとき、テラッチは西村の腕をそっとつかんで、温かい目を向けていたのだった。この敗戦、そしてテラッチの気遣いがきっと糧になることだろう。

10R 細川の気合!

 レースを終え、カポックを脱いだ細川裕子が、それを見つめていた永井聖美のもとに歩み寄った。 「やっぱり難しい」と細川は苦笑。永井はそれに対して首を小さく振りながら、「いいよいいよ!」と返していた。1マークでは大瀧明日香らの後塵を拝した細川。推測するに、2コースでの攻め方が難しい、だろうか。この1マークは、ただただ大瀧明日香の「その狭いところに突っ込むか!」というまくり差しが凄すぎた。永井としても、細川を責めるつもりにはなれなかったはずだ。  その細川の、会見での振る舞いに震えましたぞ。言葉ひとつひとつがハキハキと力強いし、「(前回のレディチャン優出より)今回のほうが気楽ですね。失うものが何もないですから。何も怖くない」という「何があったんだ?」と思ってしまうほどの決意表明もあったりした。コースについても、やっぱり感じるものがあった。 「明日はすべてのチルトを試して、面白みがあるのなら、いちばんいいのを選びたい。伸びるのだったら、6コースでしょうね。ただ、ダメだったら跳ねずに、今日のセッティングにする」  2番手を獲り切った足を見てわかるとおり、今日の足もすごいのである。それを方針転換する可能性を示したわけだから、本当に腹が据わっているし、優勝への意欲がビンビン伝わってくる! 明日の直前情報やスタート展示を要チェック。細川の動向がカギのひとつとなるのは間違いない。  大瀧明日香はレディチャン初優出。レース後は淡々としたものだったが、共同会見ではよく笑っていた。なにしろ第一声が「嬉しいです、ニャッハハハッ」なのだ。報道陣がずらり並ぶ会見場で、ひとり注視を浴びているのに戸惑っている様子であり、ニャッハハハッは照れ笑いのようなものだったが、ようするに初々しい、というわけなのである。あのすごいまくり差しを突き刺した人とは思えなかったのだが、結果的に明日は1号艇! 明日もニャハハハッと逃げ切ったりして。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2015レディースチャンピオン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:1481
  • 累計のページビュー:37965435

(12月10日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月10日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss