BOAT RACE ビッグレース現場レポート

宮島グラチャンTOPICS 4日目

このエントリーをはてなブックマークに追加

THE勝負駆け①ボーダー争い 新生ツヨポン??

 なんだか妙に心配だったツヨポンが、何事もなかったかのように第一ステージをクリアした。10R、地元の山口剛は4号艇で④着条件(最終的に⑤着6・00なら落選)という勝負駆け。攻めすぎてぶっ飛ばされるとアウトだし、慎重になりすぎてもどうか、そんな嫌らしい感じの条件ではあった。

 が、4カドに引いたツヨポンはコンマ14という過不足のないスタートから、3コース守田俊介の握りマイにしっかり連動し、ブイ際に差しハンドルを入れた。「こう走れば3着以内を確保できる」、そんな教科書どおりの二番差し。逃げた毒島、まくり差した俊介には遅れをとったが、危なげなく3着を取りきった。予選勝率6・80で最終ランクは12位。本人はこの成績で満足してないだろうが、今節のツヨポンは目立たないくらいに堅実な走りで地道にポイントを加算した。「地元開催だからこそ冷静に」と自分に言い聞かせているのかも知れない。らしくないと言えばらしくないのだが、とりあえず精神的な成長と前向きに捉えておこう。明日はノックアウト方式の②着絶対条件。同じ4号艇で、今日と同じ戦法では第2ステージ突破は難しいと思う。より攻撃的な戦法に切り替えることだろう。

 一方、ピンピン連勝というド派手な成績で、大逆転の18位に滑り込んだのが桐生順平だ。レース自体はイン逃げ&2コース差し。枠の利とターンスピードを生かした連勝という感じではあったが、さすがの勝負強さだな。なんだかんだと苦しみながら、それでも準優に乗ってくるのが真に強いレーサーの共通点だ。SGを重ねるたび、順平は超一流の域に近づいている。  ただ、明日の6号艇はよほど展開が向かない限り苦戦を強いられるだろう。①枠が遠い②オールスターより劣勢パワー③すでにGI優勝戦でFを切っていて無理はできない。この“三重苦”を克服して優出するようなら、その場で超一流のレッテルを授けてもいいな。ツヨポン、または井口佳典の攻めに連動してどこまで2着圏内に迫れるだろうか。

THE勝負駆け②予選トップ争い 取りこぼしの応酬

 どのシリーズもそうだが、今節は特にこっちの項目が重要だと思う。深川真二、山崎智也、辻栄蔵、峰竜太、重成一人……パワー上位の面々が、そのまましっかりランキングの上位を陣取っているからだ。昨日までのレースを見てきて、「今節はS級パワー以上のエンジンが7、8機ほどあって、あとはほとんどB級」みたいな印象を抱いた。よくあるピラミッド型のパワー相場ではなく、砂時計型というか徳利型というか。その上部にいる“特権階級”が順調にポイントを加算したのだから、その他大多数の“庶民層”は分が悪い。ボーダー付近から優勝まで成り上がるのは、よほどのミラクル展開がない限りありえないとさえ思っている。  だからこそ、超重要な予選トップ争い。一ファンからすれば「1レースが終わるたびにトップが入れ替わる大混戦」というスリリングな展開も見たかったのだが、そうではなかったな。7Rで深川真二が勝った瞬間、「深川か智也か、智也か深川か」という一騎打ちムードに突入した。  で、まずは11R、「2着以内なら12Rを待たずにトップ確定」の深川が登場する。それを知ってか知らずか、深川はありえないほどのドカ遅れをやらかした。コンマ35。緊張なのか、エンジン的に何かがあったのか。とにかく、トップSの今村暢孝がコンマ02なのだから話にならない。1マークまでに他艇にボコボコにされ、あっという間に6番手。そこから凄まじいパワーでぐんぐん追い上げたが、4着までが限界だった。勝率8・67で予選終了。この時点で2位以内は確定したものの、12Rの智也の結果待ちという首筋の寒い立場に立たされた深川だった。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2015グランドチャンピオン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2240
  • 累計のページビュー:37957710

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss