BOAT RACE ビッグレース現場レポート

準優ダイジェスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドル台頭PART1

10R 進入順
①高橋淳美(大阪)11
③大嶋一也(愛知)16
②鈴木茂正(東京)16
④落合敬一(長崎)26
⑤西山昇一(愛知)29
⑥岡  孝(徳島)22
boatrace-476744.jpg
 百戦錬磨の頭脳プレイ。知将・大嶋が、老獪な陽動作戦で1マークを突き抜けた。布石はスタート展示。ゴリゴリ動いて、淳美を脅かす。それでもインを死守した淳美と大嶋の起こしは、軽く80mを切っていた。
 そして本番。大嶋がまた動く。腹を決めた淳美が、早々にターンマークを回る。3コースが有利と見た茂正が、大嶋を招き入れる。その瞬間、大嶋はレバーを緩めた。スタ展とは真逆の、美味しい2コース。3号艇の大嶋は、あれよあれよと枠なりの2号艇と同じような2コースを取りきったのだ。ダンディマジック。


boatrace-476745.jpg
 こうなってしまうと、3コースの茂正はじめ外の艇の旨味は激減する。大嶋は楽な起こしから過不足のないスタートを決め、インの淳美を力ずくで差しきった。もちろん本人は「スタ展で抵抗されたので、作戦を変えた」と言うだろうが、結果的には大嶋のシナリオ通りのレースだったと言えるだろう。


boatrace-476746.jpg
 それにしても、淳ちゃんは男前だった。ダンディに翻弄?され、ただひとり80m起こしになったというのに、コンマ11のトップスタート!! 1周2マークでは後続艇から嫌味を付けられたが、冷静沈着に立ち回って2着を確定させた。もちろん、パワーに自信があるからこその平常心。日々スタンドを驚かせてきた浪花の熟女アイドルが、明日もあっと驚く大技をやらかすかも??



'
アイドル台頭PART2'

11R  進入順
①西島義則(広島)+04
⑤倉谷和信(大阪)13
②原田順一(福岡)09
③長谷川巌(山口)14
④長岡茂一(東京)15
⑥新良一規(山口)18


boatrace-476747.jpg
 江口がFに散った昨日の12Rに続いての波乱。こちらは賞典レースだから、昨日以上の大波乱と言えるだろう。断然人気の西島、フライング。起こしのタイミングを間違えたのか、エンジンが噴きすぎたのか、原因はわからないがコンマ04という突出したハミ出しだった。今朝、青山登さんとの雑談で「4人の名人(西島、今村、大嶋、江口)で戦いたかった」と江口の離脱を惜しんでいたそうだが、まさか自分自身も自滅してしまうとは……。私も残念だが、西島にFは付き物。今日のところは、お疲れさんとねぎらっておこう。


boatrace-476748.jpg
 西島が去った水面、先頭に踊り出たのは長谷川だ。1マークは倉谷に続く2番差しだったが、そこから伸びる伸びる。今日は倉谷を圧倒する仕上がりだった。明日は2号艇。金子と大嶋に挟まれる悩ましい立場だが、逆に自分の判断次第で進入~展開を作れるという強みもある。2コース死守か、美味しい3コースか。今晩から明日の本番まで、エンジンとの密談が交わされるだろう。


boatrace-476750.jpg
 そして、2着には混戦の2マークを捌いた順ちゃんだ。64歳での特別レース優出! この記録は大村名人戦の加藤峻ちゃんに及ばないが、優勝してしまえば万谷章オヤビンの62歳を凌ぐ特別レース最年長Vとなる。もちろん、5号艇で易々と成し遂げられる相手ではないが、乗ったからには6分の1。あの万谷オヤビンの4カドまくりを彷彿させる、新鋭のような走りを見せてほしいぞ。順ちゃんは『なんてったって永遠のアイドル』なんだから。パワー的には、誰にもヒケを取らないとお伝えしておきます!

'
主役撃沈'

12R
①今村 豊(山口)33
②中村裕将(埼玉)20
③金子良昭(静岡)19
④松野京吾(山口)18
⑤亀本勇樹(広島)17
⑥泉 具巳(兵庫)11


boatrace-476751.jpg
 11Rに続く大波乱。ただ、性質的には11Rと真逆の大波乱だった。ミスター今村が、まさかまさかのコンマ33、ドカ遅れ!! 1号艇で、いや、どんなコースだろうが、これほど遅れたミスターなんて見たことがないぞ。もちろん、現時点では直接の原因はわからない。
 私の勝手な憶測を言うなら、やはり11Rの西島Fが何らかの影響を与えたのではないか。昨日は江口が散った。今日は西島が散った。施行者のためにも、ボートレースファンのためにも、明日の優勝戦を盛り上げるためにも、自分は消えてはならない。そんな強い義務感責任感が、起こしで握る指を緩めてしまったのではないか。そんな気がしてならない。


boatrace-476752.jpg
 コンマ33で喘ぐ大本命を尻目に、2コースの中村が軽々とその舳先を飛び越えてゆく。イン逃げにも近いまくりではあったが、強いホーム追い風が前進を阻む。そこに、3コース金子の鋭角まくり差しが、ズッポリと突き刺さった。もうそこに、今村が残す余地は微塵もなかった。
 熾烈を極めたのが2着争いだ。自力でレースを作った中村と、アウトから超抜パワーにモノを言わせてぶん回した泉の一騎打ち。


boatrace-476753.jpg
このふたりの明暗を決定づけたのは、やはりパワー差だったと思う。1周2マークを回った時点では、中村に1艇身ほどの分があった。が、内から泉がぐいぐいと伸び返し、2周1マークの手前で舳先を揃えた。中村が選んだ戦法は、強ツケマイ。完璧なタイミングで、中村は握った。泉は艇をもたれ掛けるようにして、必死に耐えた。ギリギリ耐え抜いて、そこから一瞬にして中村を突き放した。優出確定。
「デビューした頃から憧れていた先輩たちと一緒に走れるなんて、幸せです」


boatrace-476754.jpg
 初日の選手紹介で、泉は初々しくこう語った。おそらく、今村豊はその「憧れの先輩」の最たる存在だろう。展開はともかく、天上人とも言うべきスーパースターを打ち負かして優出を果たしたのだ。中村に競り勝ったレースぶりも含めて、特大の「あっぱれシール」を贈りたい。明日も同じ6号艇。知名度も含めてオッズは跳ね上がるだろうが、今節の波乱の流れを考えれば人気以上のチャンスはある、と思う。少なくとも超抜の伸びを誇るエンジンは、アウトから突き抜けるだけのポテンシャルを秘めている。デビュー節のように、無欲無心でレバーを握ってほしい。(photos/シギー中尾、text/畠山)

※追記

『競艇好き』さん、『ダイチボス』さん、貴重なコメントありがとう。で、一昨日の『競艇好き』さんのコメントについて、私なりの考えを伝えます。
 スポーツかギャンブルかと言う話はちと厄介なので置いといて、極端にシンプルに言うなら「好みの違い」だと思います。20年前に“競艇”と出逢った私は、真っ先に「競艇は水上の格闘技」と教わりました。そして、実際に目にするレースの多くが格闘技そのものでした。進入争いはゴリゴリ、道中の競り合いはゴッツゴツ、ピットでもさまざまな大喧嘩の噂が漏れ聞こえたり(笑)。選手と選手が、進入からスリットから1マークから道中から陸の上から、ファイティングスピリッツを剥き出しにしてぶつかり合う。反則すれすれの突進やダンプで、相手を攻め潰そうとする。
 それを当たり前として育った私には、今のスマートすぎるボートレースがどうにも気に喰わない。西島や今垣、田村のように闘争心を剥き出しにして走ってくれる選手が好きで好きでたまらない。『競艇好き』さんが「池田や瓜生が絶賛されている」と言うように、西島、今垣、田村を絶賛する人もいます。
 要は、どっちが好きか?ということだと思うのです。趣味でもなんでも、好きなものがあったら周りの人を巻き込みたくなりますよね。私は、私の好きなタイプのボートレースを人々に伝えたい。そして、自分の好きなタイプの選手がもっともっと増えてほしい。『競艇好き』さんもそうだと思います。だから、どんどんフェアでクリーンなボートレースを目指して、仲間やファンの方々を巻き込んでください。今回のコメントのように。現在のボートレースは、昔に比べてかなり『競艇好き』さん寄りの考え方が浸透してきたと思いますよ。とりわけ選手の多くが「フェアでクリーンなレース」を心がけていると思います。私にとっては、その趨勢に多大な危機感を抱いています(笑)。だから、私は私で、大好きな『水上の格闘技』の復活を目指して「もっと激しくやりあってくれ!」と訴え続けるつもりです。それでいいのではないでしょうか。というか、それしかできない。
 ひとつだけ反論めいたことを言うなら、「クリーンな選手の方が損をする」的な考え方は違うと思います。進入から動く選手は様々なリスクと覚悟を背負って戦っています。仲間から嫌われるし、起こしは深いし、フライングは多くなるし、よくよくまくられるから1マークでの事故の危険も大きいし……私は彼らを尊敬しつつ、こうした命懸けの選手たちの方が損をしているのではないか、と思うくらいです。まあ、これも私と『競艇好き』さんとの立ち位置というか、見解の相違なんですけどね。
 だらだらと書いてしまいましたが、『競艇好き』さん、ともに自分の理想のボートレースを目指して戦い続けましょうよ。私はあなたの目指そうとするボートレースは嫌いです(笑)。逆に、私の目指すものが嫌いでしょうから、気に喰わない文章があったら今回のようにどんどん書き込んでください。それが、他の人々を自分の側に巻き込むチャンスにもなるかもしれないし(笑)。何かしら、伝えることができたでしょうか。まったくのお門違いだったら、ごめんなさい。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
2014マスターズチャンピオン
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

準優ダイジェスト

昨年の篠崎選手のFの際に半可通なことを申し上げた者です。その際は失礼いたしました。
今回の熱い議論を読んで思うところがあったので書き込ませていただきます。

ガツガツ派とクリーン派(?)が、競艇歴の違いから来る好みの違いというのは実に腹落ちしました。
私は競艇歴は4年程度で、どちらかと言えば後者なのですが、確かに昔のぐねぐねする進入を見慣れた方からすれば今のレースが物足りないのは事実でしょうね。

ただ、現状の前付けに一つ不満はあります。

前付けはインを取るという意味で勝ちに行く=レースを有利に運ぶ作戦だとは思いますが、本当に全員がインを取りに行ったら、有利にはならないどころか、かえってインが強くなるはずです。
(昨年の決定戦で内5艇が全部同じような位置の起こしになった例や、今村豊選手が6枠でオールスローの場合を考えていただければイメージしやすいと思います)
結局、前付けは勝利に貪欲な作戦、と言いつつ、実際は他の選手が前付けしないことを前提にしているにすぎない。
西島選手や大嶋選手、昨年の決定戦の田村選手は、たとえ誰が相手だろうと、自らが6コーススローになろうと、前付けをする。
これは一つのスタイルと呼べるものです。内側の選手は、あくまで自分が有利な戦略=入れるか、主張するか、を決められる。
しかし、相手を見て、「女子供だから取ってやる」「あの○○さんだから緩める」というのでは(最近大レースでそんなレースがあった気がしますが…)、
ガツガツした執念の火花が散る熱いレースでも、クリーンなスタイルでもなく、その「悪いところどり」になっているように感じるのは自分だけでしょうか。

今は過渡期で、頑固にスタイルを守るタイプの選手と、クリーンにターンで勝負する選手と、その合間で「巧くやる」選手が混在しているせいで、こういう議論が沸くのかと思います。

個人的には名人戦は、全員が恨みっこなしで己のスタイルを貫けるレースをしている(ように見える)ので、そのモヤモヤがなく、楽しく観戦できています。
今日は優勝戦こそ比較的穏やかな進入になりそうですが、6コースの西島選手(注:この後のあっせんが全く入っていません)がどんなレースを「最後に」見せてくれるのかを含め、一般戦から目が離せないと思っています。

準優ダイジェスト

畠山さん感想ご意見ありがとうございます。他のコメントくださった方もありがとうございます。

畠山さんの「好みの違い」すごい納得です。たしかに好みで言っていたことがほとんどかもしれません。すいません汗。
好みで言えば今垣選手も今回前付けをした山室選手も実は好きです。今までの僕の意見からすると矛盾しているかもしれません。今回の名人戦のように進入からレースが始まったと感じるシリーズもいつもとは違いとても面白く感じているのも事実です。進入から動く選手は大きなリスクを負っているというのも分かります。

ただうまく言えないのですが、現在強引な前付けをする最強選手は西島選手か大嶋選手だと思います。しかし競艇界最強レベルクラスの池田浩二選手や瓜生正義選手達までのレベルには届いていないと思います。(大変失礼なことを言っているのは承知ですし、時間や場所によっては最強の定義も変わりますが、僕の感覚ということでご容赦下さい。)その上で僕の考えと好みです。

僕の好みとして特にSGでは誰が一番強いのかを見たいのですが、仮に予選で1号艇瓜生選手6号艇西島選手のレースと1号艇池田選手と他前付けをしない選手のレースがあった場合に、瓜生選手と池田選手を比べた場合に池田選手が有利になってしまうと思います。
瓜生選手と西島選手のどちらが不利になるかを比べているのではなく、前付けをされた1号艇の選手と前付けをされなかった1号艇の選手が出てくるということは全体で見た場合に不公平だと思うのです。

「クリーンな選手が損をする」と思っているわけではありません。西島選手も大きなリスクを負って前付けをしているのもわかります。
ただ同じ1号艇なのに前付けがあることによりその価値に差が出てしまって自分も前付けしないし前付けされなかった選手、自分は前付けしないが前付けされた選手が出てくることは、最強者決定戦を見たい自分としては「邪魔するなー」と吠えたくなるのです。といってもこれも自分の好みですし、そもそもモーターに差がある以上全てを同条件でレースするというのは難しいのですが。

SGは選考基準もドリーム戦の枠番も決められた通りですので、こういう機会に平等の機会の元戦ってほしいと思っています。
全員がガムシャラに進入から勝ちに行くとそれはそれで平等の機会になるとは思うのですが、女子選手や若手の選手が前付けされると遠慮がちに譲って陸に上がった時の人間関係もあるんだろうな、と思うと少し哀しくなるのです。

G1は正直、ドリーム戦もほとんど施行者の気分次第ですし、予選で1号艇が2回まわってくる選手もいたりしますので、やはり最強決定戦はSGかな、とも思っています。

ほとんどスポーツ目線と好みで書いてしまっていますね。それに批判めいたことを書いて申し訳ありませんでした。「自分のボートレースを目指して戦いましょう」という言葉胸に響きました。

最後に興味ないかもしれませんが、僕の一番好きな選手は吉川元浩選手です。賞金王を取った時のトライアルであの豪華メンバーを超強烈まくりで勝った時から「競艇好き」ですし、ずっと応援している選手です。
正直、ここ数年は池田選手、瓜生選手の方がすごいと思いますが、いつかSGで1号艇池田選手、2号艇瓜生選手、3号艇吉川選手の時に3連単3-1-2に10万1点買いでぶっこむ予定です。

明日も誰が優勝するか分かりませんが、アツい記事楽しみにしています!

準優ダイジェスト

私はボートレースを初めて3年弱の者です。今回の前付けについての記事・コメントが大変興味深くコメントさせていただきました。

私のような新参者からすると前付けの件は『競艇好き』さんの意見に同意しています。新規のファンからするとやはり前付けは進入ルールが曖昧で待機行動違反をしてもよく分かりません。玄人でもアウトかセーフか見て分からないことが多々あるのではないでしょうか。このルールのままで行くならもっと詳しい審判側からの説明と舟券を買ったファンが納得がいくVTRが見れるような環境が必要なんではないかと思います。現状ではファンの憤りを運営側が選手に背負わせ過ぎではないかと。そして今のままではどんどん新規をお断りして衰退に向かっているようにしか思えません。とにかく素人がすぐに理解できるような体制が前付けもクリーンなルールにするのかなぁなんて思ってます。

水上の格闘技

昨日は、自分なりに名人戦は面白いと意見しましたが、先ほどの「競艇好き」さんへの回答。私自身も同意見です。



私も競艇を見出して約20年強。野中がブイブイいわしてた最後の方ですかねぇ(笑)あれから全く質が変わって来ましたねぇ。まさしくスポーツを目指しているのかと、
それにおっしゃる通り最近はクリーンなレースを好んでいる客が増えている感が、ありありしますからねえ。



危険ですよ(笑)やはり水上の格闘技になってもらわんと、
ただ進入なんか、乱そうとする選手が出てきたら、野次罵倒浴びせる客が結構な人数いますよ。
私なんかは、何が悪いんだと思いますが、その癖ダラダラした枠なり進入になると、誰か動けよとか?どないやねんって(笑)
結局博打ですから、各々の舟券に関わるリスクを小さくしたいだけなんですよ。それがいつしかフェアプレイがいいみたいな流れ…そんな競艇が面白いか?



先の回答にあったように、昔みたいなやられたらやり返す危険な道中バトルは日常茶飯事やったし、誰かさんはピットで若手をしばいていたし(笑)懐かしい(笑)


今はおとなしいから、進入は無茶していいんじゃないかなあ!それに昔は前付けでインに入った選手は、どんな事があっても、外から捲ってきた選手を張りに行ったりして、ちゃんと内に入れてくれた相手に対しては、仁義切ってたし、今はスタート前は大人しくするのが選手道になったりするから、おかしくなったんだよ。西島、大嶋、西田なんかのイン取り批判は納得いかんよねえ。まあそういうガツガツさを今回の名人戦の選手がしてる事は嬉しく思うし、記念を走る常連選手にも見せて欲しいですよ。
そういう駆け引き大好きですよ。





最後に個人的に、今回狙い続けていた「グミ」で準優を取れなかったのが、痛恨の極み(笑)
頭で流す事ばかり考えていたから、俺も馬鹿だねぇ。
ヒモも流せよって、あんな配当付くんなら(笑)
今やんと中村からオマケに亀さんからも流していたのに
明日はグミ全全全で最後の勝負します。

こんな記事も読みたい

ブロガープロフィール

profile-iconboatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。
  • 昨日のページビュー:2342
  • 累計のページビュー:37971871

(12月13日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  4. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  5. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  6. 蒲郡グラチャン 優勝戦私的回顧
  7. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……
  8. 鳴門グラチャン『前検を斬る!!』
  9. 住之江グランプリ『前検を斬る!!』
  10. 大村チャレカ準優ダイジェスト&賞金ランキング

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月13日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss