BOAT RACE ビッグレース現場レポート

boatrace

BOATBoy編集長・黒須田守をはじめとする精鋭ライター達が、BOAT RACE ビッグレースの現場から、外からでは覗けない最新情報をお届けするブログです。 もっと見る
  • 昨日のページビュー:16651
  • 累計のページビュー:40633821
  • (01月16日現在)

最新の記事

次回はお引っ越し先でレディースオールスター!

すでに何度かお伝えしている通り、スポーツナビ+「BOATRACEビッグレース現場レポート」はこれが最後の記事となります。実に4000万以上のアクセスをいただきまして、誠にありがとうございました。スポーツナビ+のラストは、中田竜太が締めてくれた、というわけです。おめでとう! ありがとう! しかしながら、これもお伝えしてきましたが、「BOATRACEビッグレース現場レポート」はこれで終わりではあり......続きを読む»

中田竜太が3代目トーナメントチャンプ!――レース回顧&ピット雑感

「差さってそうな感じでしたね」  1マークを、中田竜太はそう振り返る。たしかに吉川元浩の2コース差しは、先に回った中田に舳先をかけたように見えた。しかし、そう見えただけだった。出口ではかかっていたかもしれないが、バック中間あたりで両者が接近した時、中田の艇ははっきりと1艇身、吉川をリードしていた。  2~5コースがぴったりコンマ21で揃い、トップスタートは新田雄史のコンマ17だったが、さすがに6......続きを読む»

“本紙予想”ファイナル

12R ファイナル 注目データ 中田1コース1着率=78.2% まくられ率=5.5% 差され率=10.9% 注目データ 吉川2コース逃がし率=47.7% 2コースまくり/差し=10/6 注目データ 仲口3コースまくり/差し=8/5 注目データ 篠田4コースまくり/差し=1/2 注目データ 山崎5コースまくり/差し=1/1  注目データ 新田6コースまくり/差し=0/1 並びは枠なり想定。吉川の逃が......続きを読む»

リラックス!

 優勝戦はそれぞれがマイペースに過ごしている。たとえば新田雄史。調整は3R発売中にはまだ始めておらず、帰郷準備をしている姿のほうを多く見かけた。たとえば吉川元浩。やはり3R発売中にはプロペラがモーターに装着されたままで、ほとんどピットには姿をあらわしていない。今日は気温が上がっていて、予報ではさらに上昇とのこと。そのあたりを睨んで、まだ暖かくなり切っていない午前中は様子を見たということか。  ......続きを読む»

優出インタビュー!

1号艇 中田竜太(埼玉) (昨日の抽選は)特に1号艇がいいと強く思っていたわけではないので、運がいいと思います。足は日に日に良くなって、昨日は出足が今節でいちばんよかった。ただ、今朝は昨日の状態ではないと感じたので、調整したい。スタートはあんまりわかってないので、しっかり練習したいです。 2号艇 吉川元浩(兵庫) 枠はもちろん1号艇がよかったけど、2号艇なので充分です。足は行き足を中心に出足関......続きを読む»

本日の“本紙予想”最終日

おはようございます。黒須田です。いまひとつパッとしないままに最終日。昨日は惜しいのもちょいちょいあったのですが、突き抜け切れませんでした。明太子を山ほど買って帰れるよう、最終日がんばります! 1R 注目データ 井内2コース逃がし率=55.6% 井内の逃がし率が高い。スタート同体で行ければ、田口が逃げ切れる。 ◎田口 ○原 ▲大山  3連単1-35-全  2R 注目データ 佐藤3コースまくり/差し......続きを読む»

最終日! ファイナル!

おはようございます。ファン感謝3Days BOATRACEバトルトーナメントは、最終日! やはり3日間開催はものすごいスピードでファイナルまで駆け抜けていきますね。一発勝負の連続をくぐり抜けた6名が戦うファイナルをおおいに注目しましょう。ボートレース福岡は曇り空ですが、昨日までよりずっと暖かいです! 篠田優也はまだ優勝がありません。この舞台で、これだけの強豪を相手に初優勝を飾れたら価値が高いぞ! ......続きを読む»

熱い勝負駆け! そして枠番(ともろもろの)抽選!

 12Rの結果を受けて、山崎智也のファイナル行きが決定。セミファイナル2着の選手で、トーナメント1着だったのは智也だけとなったのだ。松本晶恵が駆け寄って、さっそく祝福。ところが智也は顔色ひとつ変えず。 「あ、俺?」  バトルトーナメント初出場の智也だから、ルールをあまり把握していなかったのか、それとも知っていてクールにふるまったかはわからない。近くにいた瓜生正義が追い打ちをかける。 「(ファイナ......続きを読む»

【速報7】ファイナル枠番決定!

セミファイナル12Rは、仲口博崇が1着。山田祐也の差しにふところを捉えられながら、差し返して1着となりました。2着は宮本夏樹が逆転で浮上。宮本はトーナメント3着だったので、2着組のトーナメント最上位着順は山崎智也に決定! 抽選なしで5号艇での優出となりました。 12R終了後に行なわれた枠番抽選、および復活戦組のファイナル行き抽選の結果、優勝戦の枠番は下記に決定! ①中田竜太(埼玉) ②吉川元浩(......続きを読む»

【速報6】中田竜太がファイナルへ!

セミファイナル11Rは中田竜太が1着。篠崎元志にまくられたものの、元志がやや流れた内にしっかり残して、先頭ゴールを果たしました。見事にファイナル行き! 元志は2着には入りましたが、トーナメントは2着で、惜しくもファイナル進出ならず。現時点では、2着組では山崎智也が単独リードしているかたちです。12Rの結果やいかに!? その12Rについては、もろもろの抽選の後に、決定した組み合わせとともにお伝えします......続きを読む»

【速報5】兵庫コンビがファイナル行き!

セミファイナルは2つのレースが終わりました。9Rは、1マークで山崎智也が豪快にまくったものの、差した吉田凌太郎が内で粘り、2マークは競り合いに。その間隙を突いた篠田優也が先頭に立ち、ファイナル行き一番乗りを決めました。 10Rは吉川元浩が3コースからまくり一閃。一撃で勝負を決めました。これで兵庫2人がファイナル行き! なお、2着は9Rが山崎智也、10Rが松本晶恵と群馬勢が入っていますが、山崎はトー......続きを読む»

【速報4】ファイナル行き抽選は三つ巴に!

復活戦8Rは、新田雄史が2コースからねじ伏せるようなツケマイ一撃で快勝。新田もトーナメント4着だったので、復活戦組からのファイナル行きは三つ巴の抽選となりました。ファイナル6枠を賭けて、原豊土、権藤俊光、新田で12R終了後に抽選が行なわれます。過去2回は、岡崎恭裕、坪井康晴のSGウィナーが敗れ去り、A2級の選手がファイナル行きを引き当てました。果たして今年は!? いよいよセミファイナルが始まり......続きを読む»

【速報3】ファイナル6枠は抽選決定!

復活戦7Rは権藤俊光が、西島義則の前付けを入れて2コース差しで快勝。進入での判断が功を奏しましたね。その権藤はトーナメント4着だったので、復活戦からのファイナル行きは抽選決定! レース後は原豊土と権藤で笑い合う姿もありました。原は「大事な勝負だね」と語りかけてましたよ。8Rで新田雄史、和田拓也が勝てば三つ巴の抽選となります! ...続きを読む»

【速報2】トヨト逃げ!

復活戦6Rは原豊土が逃げ切り。原はトーナメント4着だったため、藤原菜希のファイナル行きは消滅しました。残念! 復活戦組の着順最上位は4着なので、5着組が勝ってもファイナル行きはありません。7、8Rでチャンスが残っているのは、権藤俊光、新田雄史、和田拓也となりました。この3人のうちから1着が出ると、ファイナル行きは原も交えた抽選で決定。この3人が1着を獲れなかった場合は、原がファイナル行きとなりま......続きを読む»

【速報1】ナッキーまくり炸裂!

復活戦が始まりました。5Rは藤原菜希が3コースからナッキーまくり! 持ち味炸裂で快勝しました。これでファイナル行きに望みをつないだことになります。ただし、藤原はトーナメント6着。このあとの復活戦でトーナメント5着以上の選手が1着を獲った瞬間に、藤原のファイナル行きは消えることになります。 途中帰郷の茅原悠紀と少しだけ話せました。打撲で済んだとのことで、「次の平和島にはなんとか間に合わせたいで......続きを読む»

本日の“本紙予想”2日目

おはようございます。黒須田です。昨日はちょい負けくらいで踏みとどまりました。とにかく博多は酒も肴も美味い! その資金をがっちり作りましょう。 1R 注目データ 田口2コース逃がし率=35.7% 田口の逃がし率が低く、穴狙い。鈴木の自在攻めから。 ◎鈴木 ○重成 ▲権藤  3連単3-15-全  2R 注目データ 片橋2コース逃がし率=52.9% 片橋の逃がし率が高く、篠崎が順当逃げ。 ◎篠崎 ○片......続きを読む»

2日目! セミファイナル!

おはようございます。ファン感謝3Days BOATRACEバトルトーナメントは2日目。セミファイナルが行なわれます。明日のファイナルに進む選手を改めて。 ①セミファイナル1着選手(4名) ②セミファイナル2着選手のなかから1名 ③復活戦1着選手のなかから1名 ②については、昨日のトーナメントでの着順が最も上位である選手が選ばれます。最上位選手が複数の場合は抽選で決定。 ③については、同じく昨日の......続きを読む»

みんな勝負師、枠番抽選!

 グレードは一般戦、賞金は100万円。級別審査の着順点は1点増しではあるけれども、相手は強豪ばかり。そして他には例のない一発勝負のほぼオール枠番抽選。選手にとっては非常に過酷で、モチベーションをどう上げるかは非常に気になるところではある。とはいえ、やはりA級で活躍するような選手は、とにかく勝利への執念がすごい。そして負けず嫌い。敗退した選手たちはみな悔しがっていたし、勝った選手はいい顔をしていた......続きを読む»

【速報5】佐藤隆太郎が波乱演出!&明日の組み合わせ決定!

12Rは佐藤隆太郎が瓜生正義のイン戦を撃破! 開会式で「波乱を出せるよう」と言った佐藤、配当こそマンシュウに届いていませんが、あの瓜生のイン戦を破っての勝利ですから、これは波乱演出! 2着は小野生奈で、瓜生は3着。この3人がセミファイナルへ進出です。 12R終了後に、枠番抽選が行なわれました。その組み合わせは下記の通り。いずれもレース番号ではありませんので、どれが何Rかは主催者発表の番組をご確認くだ......続きを読む»

【速報4】波乱の11R……

11Rは大波乱……。1着は1マークを冷静に差した笠原亮ですが、2マークで2番手先行した上村純一が失速、これに後続の鈴木勝博、茅原悠紀が巻き込まれるかたちとなっています。これで茅原は転覆で、上村は妨害失格に。この玉突き事故に巻き込まれなかった西島義則が2番手に浮上しましたが、1マークでまくってきた吉田凌太郎を張った走りが不良航法となり、賞典除外となってしまいました。結果、3着の鈴木、4着の吉田がセミフ......続きを読む»

【速報3】池田、新田がまさかの……

トーナメントは残すところあと2つ。後半に突入した9Rは松尾充が堂々逃げ切り。篠崎元志をしたがえての快走でした。その元志が2着、宮本夏樹が3着でセミファイナルへ。新田雄史は宮本を猛然と追い上げたものの4着で、復活戦回りとなってしまっています。 10Rは中田竜太が逃走を決め、5コースから豪快にまくり差した井内将太郎が2着に食い込みました。差した池田浩二はなんとか残そうとしたのですが、2周目ホームは3番手......続きを読む»

【速報2】69~71期が大活躍!

トーナメントは半分が終了。7Rは仲口博崇が6号艇からピット離れで飛び、3コース奪取。そして一気のまくり一撃! 仲口らしい、見事な攻撃で1着をもぎ取りました。2着は湯川浩司、3着は仲谷颯仁で、A1級3人がセミファイナルへ。 8Rは4カドからまくりを放った濱野谷憲吾を受け止めて、イン山崎智也が逃げ切り。濱野谷との関東巨頭ワンツーでした。69、70、71期のモンキーターン世代(?)が大活躍の7、8Rでした......続きを読む»

【速報1】市橋卓士、吉川元浩が1着でセミファイナルへ!

いよいよトーナメントが始まりました! まず5Rは市橋卓士が逃げ切り、遠藤エミが2着、重成一人が3着で、A1級3人がセミファイナル進出を決めました。山本修一は無念の転覆。 かなりの雪が舞い降るなか行なわれた6Rは木村光宏が前付けを敢行し、スタート展示は2コースまで奪いましたが、本番は吉川元浩が抵抗して2コースへ。これが奏功し、吉川が差し切って1着ゴールとなりました。2着には篠田優也がイン残して兵庫ワン......続きを読む»

選手紹介!

まくるか差すか 山本修一 「差し大好きでーす。しかも最内差しです」 西島義則 「37年前の話です」 ※司会の永島知洋氏があらかじめ選手に「好きな決まり手」を取材し、選手の呼び込み時に披露。山本は「差し」で、西島は「まくり」でした。37年前とか言ってますが、今もけっこうまくってます、西島は。 雪ニモ負ケズ風ニモ負ケズうねりニモ負ケズ 川村正輝 「寒い!」 湯川浩司 「水面も気候も過酷ですが、頑......続きを読む»

本日の“本紙予想”初日・トーナメント

おはようございます。黒須田です。本年もどうぞよろしくお願いいたします! 昨年のバトルトーナメントでは2日目セミファイナルで約600倍をぶち当てました。今年も幸先よく勝ちたいですね! そうそう、「トーナメントは2回走りの選手が有利では!?」というセオリーがありましたね。超短期決戦だけに、初日トーナメントは1~4Rの一般戦を走って感触を得られている選手が、調整面も含めて有利ではないか、と。ここでの予想は......続きを読む»

初日! トーナメント!

おはようございます。ファン感謝3Days BOATRACEバトルトーナメントは初日です。トーナメント(1回戦)が行なわれます! 舞台のボートレース福岡は、めちゃくちゃ寒い! 今日は全国的に寒いようですね。福岡本場、各場外にお出かけの際はしっかりと防寒して、風邪などひかれませんように! 2007年、福岡で初めて開催されたグランプリを制したのは、吉川元浩。福岡で初めて開催されるバトルトーナメントも!?......続きを読む»

バトルトーナメント 前検を斬……れない!?

 前回のクイーンズクライマックスで、畠山が「前検を斬れませーん!」と泣いていた。むっふっふ、オッサンの目も年の瀬を迎えて曇ったか、などと内心ほくそ笑んでいたのだが……。  すみません! バトルトーナメント、黒須田も前検を斬れません!  日ごろ、畠山に前検チェックを任せっきりという部分もあるにはあるが、今日の博多水面は実に厄介だった。ホーム強めの向かい風が吹き続け、ただでさえ水面は波立っている。さら......続きを読む»

枠番抽選&モーター抽選

 やっぱり枠番抽選は楽しいな~。バトルトーナメントは、勝ち上がりにかかわるレースはすべて、抽選で枠番が決定。グランプリやクイーンズクライマックスを盛り上げたこのシステムが、山ほどお目にかかれるわけです。優勝戦も1~4枠は抽選で決定だし。これがまずバトルトーナメントの面白さのキモ、であります。  というわけで、本日昼過ぎより、初日の「トーナメント」枠番抽選が行なわれています。その結果は別記事のとおり......続きを読む»

いざ、一発勝負の舞台へ!

 今年で3回目のバトルトーナメント。すでに経験している者あれば、初登場者もありの48名が参戦であります。A1級24名、A2級24名の参戦で、一般戦ではありますが、メンバー構成はGⅡと変わりないハイレベルな一戦です。  福岡入り一番乗りは、昨年の賞金女王・遠藤エミと昨年の夏の女王・小野生奈のクイーンズコンビ。遠藤は大晦日を華やかに締めて、返す刀で今年最初の大一番を制す、というチャンスを迎えているわ......続きを読む»

【速報】トーナメント枠番決定

選手入りの記事をアップする前ですが、先ほど枠番抽選が行なわれ、初日「トーナメント」の枠番が決まりましたので、速報します。トーナメントは「2018年前期適用級別順位」順に自動的にトーナメント1~8の組み合わせが決まっており、各組で枠番抽選を行ないました。トーナメント1から順に行ない、各組内では級別順位が上位の選手からガラポンを回しています。ちなみに、トーナメント1の瓜生正義は今期まさかのA2級で、級別......続きを読む»

1 3 4 5 6 7 8 9 153 154

このブログの記事ランキング

  1. THEピット――涙の優勝戦
  2. 賞金王ファイナル 私的回顧
  3. 住之江GP『前検を斬る!!』
  4. エース12号はホワイトシャーク!!
  5. 宮島グラチャン 準優私的回顧
  6. GPトライアル最終戦ダイジェスト
  7. 平和島ダービー『前検を斬る!!』
  8. 住之江グランプリ優勝戦 私的回顧
  9. 鳴門オーシャン 準優ダイジェスト
  10. THEピット――勝者たちの表情、そして重いピット……

このブログを検索

月別アーカイブ

2018
01
2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
カテゴリー

スポーツナビ+

アクセスランキング2018年01月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss