大志を抱け! バンビシャス奈良

山城選手・笠原選手・本多選手対談!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1月16日(日)、奈良テレビにてバンビシャス奈良の中継録画が放送されました!
ご覧頂いた方、有難うございました。


選手対談は番組の合間に一部放送されましたが、テレビでは時間の関係で伝えきれなかった、各選手の熱い思いをここでお届けします!


bnara-464380.jpg


Q.前半戦を振り返って、いかがですか?

山城選手:上手く勝ち星がついてないのでもどかしいですが、個人個人が良い経験をしてチームは成長していると思います。

Q.前半戦始まって続いた8連敗についてはどう思いますか?

山城選手:スタートダッシュが重要なので、最初に負けが続くと取り返すために必死になりますし、悩んだりもしました。しかしようやくみんながひとつになり、チームが1つの勝利や1つのプレーに取り組めていると思います。

Q.そんな中キャプテンとしてどのような声かけをしていますか?

山城選手:ネガティブな声かけより、思い切ってプレイするために「リングへプレイしよう」と声をかけています。

Q.11月9日京都AWAY戦や11月15日高松HOME戦で初勝利し、勝ち星がつき始めチームの雰囲気はどうでしたか?

本多選手:8連敗の時はチームほ雰囲気は非常に重かったですね。京都に勝ってチームが少しつづまとまって良い雰囲気でできるようになったのかと思います。

Q.勝つことは雰囲気にも影響があるのですか?

本多選手:勝つと皆が笑顔になるので重要だと思います。

負けた時のロッカールームはどんな感じですか?

笠原選手:負けた時は、みんな下向いて暗くなっています。でもそれがダメなところなので、切り替えて明日は頑張ろうと思わないと連勝や連敗は免れないので、頑張っていきたいと思います。

Q.転機となった試合などはありますか?

山城選手:転機と言うとおかしいかもしれませんがHOMEで勝てた試合でした。なかなか勝てないなかでHOMEで勝利を掴んだということが、ホッとした瞬間でもあり、ようやくHOMEらしく戦えると思えた瞬間だった。

Q.その時のロッカールームはどんな感じでした?

山城選手:それはもうお祭りですよ(笑)少し例えが極端ですが、それくらい勝った時は気持ちをだしていいと思います。ただ、遠山さんはこういう時こそ気を引き締めろという方なので、あんまり浮かれすぎる選手は少ないと思います。

Q.今名前の出てきた遠山HCはどんな方ですか?

山城選手:リーダーシップがあり、正しく僕らを導こうとしてくれる方です。外国籍選手や日本人選手関係なく、皆を盛り上げ、一人一人に対して的確なアドバイスで皆が成長することを言ってくださり、見守られているという感じがあります。

Q.遠山HCとは歳が近いために得することもあるのではないですか?

本多選手:そうですね。歳が近いために、バスケットボール以外も色んなコミュニケーションをとることができて、余計にバスケットボール関係のコミュニケーションがとりやすいです。

Q.笠原さんはスタメンの出場機会が多いですが、入団当初からそのような予想はありましたか?

笠原選手:全然ありませんでした。プロの経験がないためにスタメンで使っていただけるとは思っていませんでした。

Q.自己評価は?

笠原選手:まだまだミスが多いので、30点くらいですかね?

Q.あれ、お二人のリアクションが・・・?それはどう意味ですか??(笑)

山城選手:いえいえ、頑張ってますよ、100点あげていいですよ。

本多選手:それは言いすぎでしょ。

山城選手:じゃあ、70点で。

Q.本多選手は笠原選手に何点あげますか?

本多選手:まぁ35点くらいですか。

笠原選手:5点しか変わらない・・・。

本多選手:っていうのは冗談で笠原選手はチームに欠かせない存在で、僕もアドバイスもらったりするんですがディフェンスではチームに欠かせません。オフェンスでは前を走ってくれます。

Q.笠原選手、ディフェンスが好きって言ってましたもんね。

笠原選手:そうですね。ディフェンスの相手選手の動きを先読みするのが好きなところですね。

では、笠原選手に35点をあげた本多選手の自己評価は何点ですか?

本多選手:僕は自分にとても厳しい人なので5点です。

Q.それは100点満点の5点ですか?

本多選手:はい、そうです。色々学んできたところから、少しずつ求められるディフェンス面を理解できるようになってきた5点です。

Q.残りの95点はなにが足りないんですか?

本多選手:オフェンスでの部分でチームの力になれてないので、もう少しオフェンスでチームに絡んでいきたいです。

Q.とても自分に厳しいんですね?

本多選手:そうですね、僕の自己評価は100点満点の5点で結構自分に厳しい感じの人です。

Q.それはイメージアップですか?(笑)

笠原選手:でも本当に純平さんは自主練習もストイックにやってるんですよ。

Q.自主練を一番たくさんやるのは誰なんですか?

笠原選手:純平さんだと思いますよ。

山城選手:純平が5点だったら僕何点って言えばいいんですか?(笑)

本多選手:間違いない(笑)

山城選手:みんないつも頑張ってるんで、みんな100点と言いたいところですが、純平が5点というのならば僕は背番号と同じで3点ぐらいです。
でも実際に、この二人は試合に出て頑張ってるなかで、僕はプレイに対する貢献がまだまだです。プレイの面では状況判断や、若手を見て刺激をうけることで自分も頑張らないとと思っています。

Q.前の所属のチームとはずいぶん条件が違いますが自分のなかでどのように受け止めていますか?

山城選手:出場時間は減少しましたが、このチームのカラーに溶け込み、ワンピースになれれば、チームの助けになれると思います。そして、短い時間の中で自分の最高のプレーがしたいですね。

素晴らしい答えが返ってきましたが、自分より若手が試合に出ているという辛さもあったんじゃないでしょうか

山城選手:これは8連敗から学んだんですが、ベンチから観ている時間帯が多かったので、鈴木選手や笠原選手のような若手がミスを恐れず思い切ってプレイしてほしくて背中をおす仕事も必要だというふうに捉えていました。勿論、いざ試合に出ると自分を出すことを考えますが、それ以外の面で勝つために誰かがやらなきゃいけないこともあると考えています。

Q.本多選手も前のチームと状況が変わってどうでしょうか?

本多選手:そうですね。前のチームではプレイしたくても出場機会がありませんでしたが、今シーズン遠山HCに使っていただき本当に色んな経験が出来ています。昨年いたチームで辛いこともありましたが、やってきたことが無駄ではなかったと感じています。

Q.周りからの期待も感じているのでは?

本多選手:そうですね、キャプテンからよく声をかけてもらってそれに応えたいとは思っています。

Q.声をかけてもらって印象に残っていることや、心に響いたことはありますか?

本多選手:結構僕の中で試合中に落ちている時、「思いっきりやってこいよ」といってもらい、助けられました。

山城選手:純平はすごい極端なんですよ。きっと見ていてわかりますよ。気持ちがのってる時はいいプレイができるんですけど、のってないときはリングを見なかったり、パスの相手ばかり探したり。自分でいける体をもっていて、それだけの練習もしているのに、やれることをだしつくしてないっていう面では、まだまだ彼はやれると僕は思ってるし、それを伝えています。

Q.私たちのなかではハツラツとしたムードメーカ的な選手ですが。

山城選手:いや、けっして40分間ずっと悪いわけではないですよ。ファウルが立て続けあったり、シュートが入らなかったりしたときですね。

Q.いつの試合ですか?

山城選手:福岡(11/1.2 AWAY)かな?その試合では皆1つ1つのミスにとらわれすぎているように観ていて感じ、あまり長時間出る選手がミス1つ1つに考えすぎないようにしようと思ったので、思い切ってやるように声かけをしていました。

Q.嬉しいですね。

本多選手:はい、そうですね。

笠原選手:自分、それめちゃ覚えてます。福岡の時に、ミスを続けてしまった時に拓馬さんが「思い切りやったらいいよ」と言ってくれたことでとても楽になりました。

Q.どう気持ちが変わりましたか?

笠原選手:ミスを立て続けすると、ネガティブな状態になるんですが、拓馬さんに声をかけてもらうことで、それが紛れるじゃないけど、頑張ろうと思えるようになりました。

Q.それではチームとしての転機は初勝利の試合かもしれませんが、山城選手に声をかけてもらい前向きになれたという意味ではお二人にとって転機となった試合は福岡戦ですね。

本多選手笠原選手:そうですね。

Q.キャプテンの声はちゃんと届いてるんですね。

山城選手:嬉しいですね。こんなことTVの前で言われたらご飯に連れて行かないといけないですね。

本多選手:お寿司かな。

Q.笠原選手は?

笠原選手:焼肉かな。

Q.約束ですよ

山城選手:はい。・・・ってなんでここで約束しないといけないんですか。

本多選手:ご馳走様です。(笑)

Q.本当に山城キャプテンは懐が大きいんですねぇー。





Q.さて、それではシーズンも後半戦に突入しましたが、笠原選手は何を一番がんばりたいですか?

笠原選手:今まで以上に練習するのはもちろんですが、得点をもう少し取れるようになりいなと思います。日本人選手の得点が少ないと遠山コーチにも言われているので、そういう部分でも、自分たちががんばらないとチームの勝利につながらないと思います。少しでもチームの役に為に、得点をとることに挑戦していきたいです。

Q.理想のスコアはありますか?

笠原選手:最低でも一試合二桁くらいは得点したいなと思います。

Q.先日オールスターに出場してらっしゃいましたが、何か心境の変化はありましたか?

笠原選手:今回初めてオールスターに出場しました。あれだけ大勢の人の前でバスケットをするということ自体も初めてでしたし、有名な選手たちと一緒にプレイをするという経験も貴重でした。そういう経験を練習のときからチームに還元できればいいなと思います。

Q.本多選手は後半戦でどんなプレーをしていきたいですか?

本多選手:前半戦から今になってヘッドコーチから求められることが少しずつレベルアップしていったので、まずはそこをクリアしてプレーできるようになりたいですね。あと、前半戦は個人的にアタックが少なかったという反省があるので、もう少しバスケットに向かってアタックすることを意識して、フリースローをもらえるプレーをしていきたいと思います。

Q.ゴールに向かって消極的になってしまうということですか?

本多選手:そういうときもあったので。やはり、そうではなくて、まずはリングにアタックするということをしたいですね。リングを見ればできるプレーの質も上がってくると思うので、たくさんのプレーに挑戦していきたいです。

Q.本多選手は一試合にどれくらいの得点をしたいですか

本多選手:試合の流れにもよるので明言はできないですが、できるだけ多く取りたいですね。二桁取れればチームは助かるのかな、とは思いますが。

Q.先ほどヘッドコーチから自分たちに求められるものが変わってきたというお話がありましたが、具体的にはどういったことですか?

本多選手:やっぱりディフェンスですね。ディフェンスのステップがどんどん上がっています。やっぱりコーチが求めることを選手たちはやらなければならないと思いますね。

Q.山城選手の後半戦の個人的な目標は何ですか?

山城選手:個人的にはもっと試合に出ていけるようにがんばりたいですね。今は鈴木選手が土日通して出場している状況なので、本人への負担も相当大きいと思います。身体的にも精神的にもこのままだとつらい状況になってしまうと思うので、僕が彼のポジションを奪うことで彼の助けになることもあると思います。僕が一分でも二分でも長く試合に出られるように、ひとつひとつコーチの求めることをコートで体現してチームを導けるようにしたいです。

Q.具体的にはどんなプレイでチームに貢献したいですか?

山城選手:バンビシャスはディフェンスのチームだと思うので、みんなで守ってみんなで一つのボールを奪う姿勢を表したいなと思います。

Q.山城選手はキャプテンとして後半戦にどう臨みたいと考えていますか?

山城選手:まずはプレイオフラインに上がることが大切なので、連勝は欠かせないと思います。前半戦の負けを取り戻すことが必要ですね。今回ウェスタンのチームはあまり勝率が伸びていないチームが多いので、僕らが連勝することでプレイオフ進出の可能性もあります。プレイオフで上位のチームに番狂わせを起こすことができればもっとおもしろくなるかなと思います。

Q.具体的な最終目標はありますか?

山城選手:まずは六位ですね。そこにいければプレーオフ争いのラインに勝てるので、一つひとつ勝利していけるようにがんばりたいです。

Q.後半戦も皆さんのプレーに期待しています。今日はありがとうございました。

一同:ありがとうございました。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【GANBAX・BS】 2/12 BBS浦和大学校スクールレポート【【GANBAX・BS】 B.B School ~1対1のスキルにこだわったバスケットボールの『塾』です!!】

'NBA パワーランキング (2014年2月16日)【QP Sports】

【ゴールドスタンダード・ラボ 】バスケットボールのコーチング情報サイト ←要チェックです。【名寄地区バスケットボール協会HP管理人ブログ】

ブロガープロフィール

profile-iconbnara

bjリーグ2013-14シーズン新規参入チーム。バンビシャス奈良オフィシャルブログ

奈良県初のプロバスケチーム「バンビシャス奈良」の最新情報をお届けします!ここでしか見られない情報も織り交ぜて更新していきます。どうぞよろしくお願い致します。

公式HP→http://bambitious.jp/
  • 昨日のページビュー:44
  • 累計のページビュー:334298

(11月06日現在)

関連サイト:バンビシャス奈良 公式サイト

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【バンビシャス奈良】2014-2015シーズン クラブバンビシャス感謝祭
  2. チーム体制発表会、開催しました!
  3. 2013-2014シーズン ブースター感謝祭
  4. 【バンビシャス奈良】明日香村合宿
  5. 【バンビシャス奈良】ブースター感謝祭開催!
  6. <2005年 岡山国体 決勝はラスト5秒劇的逆転勝利>
  7. 2014-2015シーズン初!一般公開練習実施!
  8. 【バンビシャス奈良】2015-2016シーズン  新体制記者会見開催
  9. 2014-2015シーズン バンビシャス奈良新体制記者会見
  10. 山城選手・笠原選手・本多選手対談!

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss