欧州サッカーを紐解いていくブログ

月別アーカイブ :2012年03月

マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析

 レアル対マラガの一戦を、さくっと語ろうと思います。  先に結果を言うと、1-1の引き分け。レアルが前半に先制し、優勢に試合を進めるも、土壇場でカソルラにFKを決められて、クラシコ以来の連勝記録がついにストップしましたとさ。結局11連勝だったかな?  でも今回はマラガ視点でいこうかなと。  とりあえず、両チームスタメンはこちら。↓  マラガのホアキン、カソルラ、イスコの3人は......続きを読む»

もがき続けた背番号9へ送る大歓声~チェルシー対レスター雑感~

 FA杯準々決勝、チェルシー対リーズの試合。ナポリ戦に続き、またも忘れられない試合になった。2部相手に2失点したものの、”ある男”の大活躍で5点を奪い勝利したこのゲームは、必ずこの先の試合にポジティブな影響を与えるだろう。    というわけで試合内容をば。両チームスタメンはこちら↓  相手にはコンチェスキーやら、K・シュマイケルやら、ニュージェントやら知った顔がちらほらいた。阿......続きを読む»

忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る

 遅ればせながらCL決勝トーナメント1回戦2 nd Leg、チェルシー対ナポリの試合について書いてみようと思う。前回対戦、南イタリアで1-3と完敗を喫したチェルシー。その時ピッチでブルーズを率いていた青年監督は、その後間もなくピッチから姿を消した。チェルシーは、そしてアブラモヴィッチは、アンドレ・ビラス=ボアスの解任という劇薬により復活を試みたのだ…。だが解任後チームは連勝を飾ったものの、内容が改善......続きを読む»

スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~

 スウォンジー対マンチェスター・シティの一戦。結果を先に言うと、1-0でホームのスワンズが勝利という結果に。どんだけホームで強いんだスウォンジー。一時的とはいえ、昇格チームがシティを首位から引きずり降ろすという事態を誰が予想しただろう。シティのバカ高い攻撃力を封じ込め、終盤に先制弾をあげチームを勝利に導いたロジャースの手腕に疑いはない。  一方のシティは痛い敗戦。先述したように、ユナイテッドが勝利......続きを読む»

チェルシー対ストークの超雑感と指揮官・選手のコメントをちらほら

 スタンフォード・ブリッジでのストーク戦。AVBからRDMに監督が交代して、2度目の試合となった。どのような試合となったのか?試合を振り返りつつ、試合後の監督コメント、さらにはボアス解任に関して2人のベテランが口を開いた  とりあえずストーク戦をば。スタメンはこちら。↓  ついにテリーがピッチに。1月28日のQPR戦以来の出場となった。当初は少なくとも4月まで復帰は無理と言われて......続きを読む»

それでもヴェンゲルは“エモノ”を変えず~アーセナル対ミラン分析~

 リーグ戦4連勝、しかもトッテナムとリヴァプールという強豪を立て続けに沈めたアーセナルは、その勢いのままミラン戦に臨むことが出来た。メルテザッカーやアルテタ、ベナユンら多くの選手が負傷している状況でも、選手たちは“不可能なミッション”の遂行を決してあきらめてはいなかった。失いかけた自信と誇りを取り戻したガナーズは、エミレーツで素晴らしい銃撃戦を展開することとなる。  では、試合を見ていこう......続きを読む»

WBA戦を流し見しながら、チェルシーの後任監督について考える

 アンドレ・ビラス=ボアスにとって最後の試合となった、WBA戦。アウェーとはいえ、格下相手に0-1で敗戦という不甲斐ない結果に終わり、ついにアブラモビッチの癇癪玉が落ちた。ボアス亡きあとは、今シーズン終了まではディ・マッテオが指揮を執るという。これからチェルシーはどこに向かうのか…オーナーの切る舵の先には何があるのだろうか。  今回は、試合は軽く流して、監督やらチェルシーの未来やらについて......続きを読む»

リヴァプール対アーセナル~ミラン戦に繋げるために~

 チェルシーの試合を見直したくないので、まずこちらから(苦笑)  思えば、2月はアルセーヌ・ヴェンゲルにとって不思議な月となった。  フランス人指揮官は、プレミアリーグの2月の月間最優秀監督に選ばれた。しかし本人は「理解しきれない部分もある」とやや困惑気味である。プレミアでの成績は、トッテナムとのノースロンドンダービーを5-2で制すなど、3勝1分の好成績を収めたにも関わらずだ。 ......続きを読む»

アーセナル対トッテナム今更分析~アーセナル復活の鍵は攻撃的SB~

 伝統のノースロンドンダービーを今さらながら分析させていただきます。  アーセナル対トッテナムの一戦は、ここ数年の成績だとスパーズの方がやや有利。トッテナム指揮官ハリー・レドナップは、このゲームを機に「ロンドンのトップ」を目指したい考えだったようです。過去15年以上アーセナルより上位の順位でフィニッシュできていないスパーズですが、今シーズンはアーセナル(とチェルシー)を10差離して3位の座を堅......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblues225

チェルシーとジョー・コールが大好きな新社会人。

サッカーライターを目指していたのだけれど、色々考えるところもあり今はIT系の会社で働いております。
社会人になってサッカーに割く時間が減ってしまいましたが、何とかチェルシーと日本代表は追っていきたいなあと考えているところです。


なお、こちら気まぐれブログとなっております。ご了承ください。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:532391

(12月14日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対イタリア~日本の守備を中心に~
  2. 4-4-2の弱点を自ら示してしまったリバプール
  3. いかに白鳥は美しく舞ったか~スウォンジー対アーセナル分析~
  4. ~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン
  5. 忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る
  6. スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~
  7. 後半修正も、フォイに泣いたスパーズ
  8. マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析
  9. アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~
  10. 進化するベイル・存在際立つシルバ・“もってる”バロテッリ~マンチェスター・シティ対トッテナム分析~

月別アーカイブ

2013
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月14日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss