欧州サッカーを紐解いていくブログ

チャンピオンズリーグ

忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る

 遅ればせながらCL決勝トーナメント1回戦2 nd Leg、チェルシー対ナポリの試合について書いてみようと思う。前回対戦、南イタリアで1-3と完敗を喫したチェルシー。その時ピッチでブルーズを率いていた青年監督は、その後間もなくピッチから姿を消した。チェルシーは、そしてアブラモヴィッチは、アンドレ・ビラス=ボアスの解任という劇薬により復活を試みたのだ…。だが解任後チームは連勝を飾ったものの、内容が改善......続きを読む»

それでもヴェンゲルは“エモノ”を変えず~アーセナル対ミラン分析~

 リーグ戦4連勝、しかもトッテナムとリヴァプールという強豪を立て続けに沈めたアーセナルは、その勢いのままミラン戦に臨むことが出来た。メルテザッカーやアルテタ、ベナユンら多くの選手が負傷している状況でも、選手たちは“不可能なミッション”の遂行を決してあきらめてはいなかった。失いかけた自信と誇りを取り戻したガナーズは、エミレーツで素晴らしい銃撃戦を展開することとなる。  では、試合を見ていこう......続きを読む»

本田さん投入の意図とは…~CSKAモスクワ対レアル・マドリード分析~

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st Leg、CSKAモスクワ対レアル・マドリードの一戦。極寒の地モスクワでの試合となりました。スタジアムにはピッチ外に雪が残り、選手のはく息は白く染まる。気温は何とマイナス15℃だったそうな。良く体が動きます、ホント。モウリーニョなんかちゃんとメモとれたんだろうか。普通は震えて書けないですよ。  まあ、試合を見ていきましょう。両チームスタメンはこ......続きを読む»

サイドの攻防戦で完敗…チェルシーは何処まで堕ちるのか~ナポリ対チェルシー分析~

内乱が発生してしまったチェルシー。19日のチームミーティングで一部の選手がボアスに不満をぶつけた他、ボアスも「オーナーの支持さえあれば」的なことを言っちゃった。カオスなチーム状況はスコアにも直結。ここ5試合でわずか1勝と凄惨なものがあり、その不振っぷりは誰の目にも明らかだった。 一方のナポリは復調傾向。フィオレンティーナを3-0で破り、勢いに乗ってチェルシーをホームに迎えた。そうでなくとも、南......続きを読む»

ミランのサイドアタックに翻弄されたアーセナル

ミラン対アーセナルの一戦です。先に結論から書きますと、4-0でミランの勝利。ちょっと圧倒的なものになってしまいましたね。アッレグリのコメントも「残念なのは、5点目をとれなかったこと」と大変余裕のあるものでした。ヴェンゲルも完敗を認めていましたね。一体何が差となってしまったのでしょう。考察していきたいと思います。 両チームスタメンはこちら↓ アーセナルはやっとサイドバックに攻撃......続きを読む»

アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~

CLグループリーグ最終節、チェルシー対バレンシアの一戦です。チェルシーは負け、又はスコアレス以外のドローで敗退が決まるという厳しい状況にありました。しかも相手は難敵バレンシア。前節ではマティウとアルバの左サイドに手を焼きましたが、今回はどうだったのでしょうか? 両チームスタメンをどうぞ↓ ボアスさんはランプスではなくメイレレスを選択。ランプスはニューカッスル戦は不調でしたから......続きを読む»

ナポリ対シティ~ナポリの攻撃的カウンター~

チャンピオンズリーググループステージ第5節、ナポリ対マンチェスター・シティの一戦です。 両チームスタメンはこちら↓ ●ナポリの攻守● ナポリは最終ラインにもプレスをかけますが、最優先事項ではありません。 カバーニは、CBからボランチへのパスコースを切る。その上で、バックパスなどプレスをかけやすい場面が来れば、CBやSBにプレッシングをしていました。ハムシクも、......続きを読む»

~雑感~チェルシー対ゲンク

チェルシー対ゲンクの試合です。 今回はザックリと書きます。 チェルシーのメンバーは チェフ コール、ルイス、イヴァノ、ボジ ロメウ、レレス ランプス マルダ、トーレス、アネルカ という布陣。ボアスは積極的にローテーション組むので格下相手ということもあり大胆にメンバーを変更してきました。 あとランプスがトップ下やってましたね。 [チェルシーの......続きを読む»

~守備に注目してみた~ナポリ対バイエルン

先に結果を言いますと、この試合は1-1の引き分けでした。 正直バイエルン相手にはもっと苦戦するかもと思いましたが、スコア通りの互角の戦いをやってくれました。 で、 今回は結果はほぼ無視してw、両チームの守備、そしてそれをどう崩そうとしたかについて語っていきたいと思います。まあ、結局ナポリを語っちゃてるんですがw とりあえず両チームスタメンはこちら↓ ......続きを読む»

~鍵はサイドでの攻防戦~バレンシア対チェルシー

CLグループリーグ第2戦。チェルシーはメスタージャに乗り込み好調バレンシアと対戦。このチームがグループリーグ最大の難敵といえるでしょう。 アウェーでの試合は予想通り厳しい展開となりました。 チェルシーは何故ここ数試合のように上手く攻められなかったか。バレンシアの攻守にも注目しつつ見ていきましょう。 まずチェルシーとバレンシアのスタメンを表したのがこちら↓ ......続きを読む»

マンC 対ナポリ

CL初戦。ナポリ対シティの一戦はスコア以上に白熱した好ゲームとなりました。 では早速前半から見ていきましょう。 マンCがピッチを広く使いながらだんだんナポリを押し込んでいくのですが、ナポリは前線の選手も献身的に低い位置まで下がって守備をします。また、PA付近ではナポリの選手が距離を詰め、マンCの前線に仕事をさせません。 そしてマンCの選手がずるずる上がったところでボール......続きを読む»

~トーレス復活の兆し!?~チェルシー対レヴァークーゼン

今年も始まりましたね!CLグループリーグ初戦がおこなわれました。チェルシーはホーム、スタンフォードブリッジでレヴァークーゼンと対戦しました。バラックが凱旋し、温かい拍手で迎えられました。 チェルシーのスタメンは 4-3-3 チェフ コール、イヴァノ、ルイス、イヴァノ メイレレス、ミケル、マルダ マタ、トーレス、スターリッジ そしてベンチが イラリオ、フェレイラ、アレッ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblues225

チェルシーとジョー・コールが大好きな新社会人。

サッカーライターを目指していたのだけれど、色々考えるところもあり今はIT系の会社で働いております。
社会人になってサッカーに割く時間が減ってしまいましたが、何とかチェルシーと日本代表は追っていきたいなあと考えているところです。


なお、こちら気まぐれブログとなっております。ご了承ください。
  • 昨日のページビュー:7
  • 累計のページビュー:533172

(05月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対イタリア~日本の守備を中心に~
  2. 4-4-2の弱点を自ら示してしまったリバプール
  3. いかに白鳥は美しく舞ったか~スウォンジー対アーセナル分析~
  4. ~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン
  5. 忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る
  6. スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~
  7. 後半修正も、フォイに泣いたスパーズ
  8. マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析
  9. アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~
  10. 進化するベイル・存在際立つシルバ・“もってる”バロテッリ~マンチェスター・シティ対トッテナム分析~

月別アーカイブ

2013
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss