欧州サッカーを紐解いていくブログ

ミラン対ユヴェントス分析~無茶振り、布陣変更、鬼CB~

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラン対ユヴェントスの天王山について、書かせていただきます。首位ミランと、勝ち点差1でそれを追う無敗ユヴェントス。注目の首位攻防戦となりました。

 ミランはけが人多数な点が気がかりですね。後で紹介するスタメンも、こういっちゃなんですが少し面白かった。一方のユーヴェはスタメン、ベンチ見てもフルメンバー。この点から、プレビューは貴婦人の方が優勢かなと見ていました。


 しかし、試合になってみるとそんなことは全くなく…。
 とにかく、詳細を見ていきましょう。メンバーはこちら↓

blues225-303347.jpg
まさかのサリー・ムンタリ、というわけで前半をば。 ●ユーヴェの攻撃~攻められなかった理由~●  まず狙ったのは、相手SBの後ろです。ミランのSBは、ユーヴェのWBへプレスに行かなければならない時がありました。  もちろん、ノチェリーノやムンタリがサイドに出向ければ行きます。特にミランが先制した後は、ノチェリーノがサイドへ→マルキージオをボメルに預けるなんてシーンは増えました。でも彼らは、まず対面するマルキージオとビダルもチェックしている。このチェックを受け渡せない時、じゃあユーヴェのWB誰が見るの?ってなるわけです。結論、SBが出向くしかないんですね。で、その背後に出来たスペースをユーヴェのFWがつこうとする。  でも、この攻撃は上手くいかなかった。理由はミランのCBです。 こういうシーンに限ったことではないのですが、ミランのCBは、ユーヴェの2トップをそれぞれタイトにチェックし、ほとんど彼らに自由を与えませんでした。ユーヴェのFWが楔になろうとスペースに侵入しても、ぴったりついてきたCBや時々ボメルによって、彼らはボールを奪われてしまう。  結果、FWを封じられたユヴェントス。攻めきれなかった大きな要因でしょう。前線にボールを運べないので、ユーヴェは得意の中央ワンツー突破とかできず。ピルロの後方からのフライパスに頼るシーンが続発しました。  次にユーヴェが意識していたのはサイドチェンジ。左から攻め上がって、逆サイドにいるリヒトシュタイナーへっていうシーンはよくありました。ミランはSHを置かないため、逆サイドが解放されやすいからですね。  しかし、リヒトシュタイナーはアントニーニとのマッチアップに勝てず。この攻撃もチャンスを演出するにはいたりませんでした。 ●ユーヴェの守備~ビダルへの無茶ぶり~●  ちょっと複雑に思えたので、まず図を示してみます。↓
blues225-303348.jpg
 最初にちょっと2トップは運動量足りてなかったかなと。もっとV・ボメルを見張るべきだと感じました。彼が楽にボールを持つシーンが多かったですね。  で、面白いのはビダルの守備。彼は対面するムンタリだけでなく、アントニーニにもプレスをかける。その場合はピルロにムンタリを受け渡します。  逆サイドはそうでもなかった。エステガリビアはアバーテに仕掛け、マルキージオもノチェリーノに集中していた印象です。  なんでだろって考えると、元々リヒトシュタイナーはSBの選手であり、エステガリビアは前の選手であることが理由としてあがるかなと。この守り方が、彼らに合った守備方法であるということです。後、キエッリーニのよりもバルザッリの方がサイドのカバーリングで苦戦している感がありました。彼は、今回のミランのアタッカー陣のスピードにフラストレーションが溜まったことでしょう。つまりリヒトシュタイナーは背後を空けづらかったのかなと。  これらの事情と、頻繁にロビーニョやエマヌエルソンがサイドに流れてくるミランの攻撃を考慮して、コンテは守備時に、むやみにリヒトシュタイナーを上げたくはなかった(のではないか)。結果、ビダルに“無茶振り”が与えられました。まあ、彼は応えられる運動量持っているんですが。  で、ビダルが無茶ぶりに耐え切れなかったこと&ミランの狙いがはまったのが28分。ビダルが大きくひらいたアントニーニにプレスに行けず、リトリートを選択します。代わりにリヒトが前へ出て、アントニーニのチェックへ。リヒトの背後が空いたので、そこにエマヌエルソンが侵入。いかんとバルザッリが追いかけます。カバーできていたことは良かったんですが、その結果中央に大きなスペースができてしまう。何故ならキエッリーニが右サイドにひらいたロビーニョに釣られていたから。実質中央にいたのはボヌッチのみでした。アントニーニから最前線のパトへパスが送られます。ボヌッチとの1対1を制したパトが、ゴールに迫りそうなシーンでした。残念ながら、急いで戻ったバルザッリに躊躇する間に、ボールをビダルに奪われましたが。 ●ミランの攻撃●  とりあえず高速カウンターが印象に残ります。特にロビーニョ。彼がサイドに流れる等、スペースに侵入してパスを引き出すのが印象的でした。で、後は左右のサイド攻撃を挙げてみようかなと。  まず右サイド。特徴的だったのはノチェリーノの動き。マルキージオをかいくぐろうと、サイドに流れますエステガリビアがアバーテにチェックに行くので、その裏を狙うわけですね。対してユーヴェは、やっぱりマルキージオに任せることで対処していました。ノチェリーノがマルキージオをチェックを外すことができれば、チャンスを作れるかもだし、マルキがついてきてもスペースメイクに繋がるというメリットがあったわけです。  でも、ミランの攻撃でより魅力的だったのは左サイドの方。こういう形でチャンスを作ります。↓
blues225-303350.jpg
 3対2の数的有利を築くわけですね。例えば、後方にいるムンタリがフリーでボールを受け、アーリークロスとか。ミランの1つの攻撃パターンだったと言えます。  というわけで前半はこんな感じ。試合は15分にミランが先制し、1点リードで折り返しました。25分の疑惑の判定は、まあ…明らかにゴールライン超えてたよねw これもサッカーってことで。 ●後半~ユーヴェのシステムチェンジの狙い~●  ユーヴェは後半エステガリビアに代えて、ペペを投入。システムを4-1-4-1に変更しました。  ちなみに、ミランも不調だったパトに代えて、期待の若手エル・シャーラウィを送り込んでいます。  コンテの意図は何か?思ったことを二つ挙げますね。 中央にスペースを作りたかった  システム変更により、あるシーンが増えました。↓
blues225-303352.jpg
(ボールはキエッリーニが持ってます)  キエッリーニにノチェリーノが対応する、というものです。ミランの前線がサイドバックの守備に行く時もありましたが、そうでない時も多かった。ロビーニョなんか守備やりたくないんだろうなって感じ。  で、とりあえずこの状況でまず狙うべきは、釣りだしたノチェリーノの背後ですね。しかし、ミランもちゃんと臨機応変に対応してきます。V・ボメルをスライドさせて、ノチェリーノの背後に回すという形ですね。マルキージオを受け渡すわけです。  でもこの結果、V・ボメルを最終ライン手前から引きずり出すことに成功するミランのDFとMFの間にスペースができるんです。ユーヴェがサイドを厚くしたことで、'ミランの中央が横に間延びした'という表現が一番当てはまりますかね。コンテはまずこれを狙っていたのではないかと。  あと相手の2トップにSBをチェックされても、それはそれで利益があったかなと。2CB+ピルロ対ミランのアタッカー1人となるので、ユーヴェはよりビルドアップしやすくなるピルロもより解放されるわけですね。 サイドチェンジをより有効的に  前半は、サイドチェンジしてもリヒトシュタイナー1人に任せることが多かった。でも、後半サイドに人数を増やしたことで、サイドチェンジの攻撃力が増しました。①で挙げた、ミランの中盤の“横の間延び”を誘う狙いもあったかも。 ●試合の結果は…●  と、ユーヴェの変更点と理由を挙げましたが、ミランは前半同様CBが鬼なので、やっぱりユーヴェの攻撃は上手くいかず。また70分からはエマヌエルソンに代えてアンブロジーニを投入。中盤を厚くし守備を固めたため、正直この時「ユーヴェ厳しいかなあ」と思いました。  しかし83分、それまで無敵だったミランのDFのミスをつき、ユーヴェが土壇場で追いついたわけですね。途中出場のマトリが値千金の同点弾をあげる。結局そのまま試合は終了しました。 ●感想●  ビダルの疲労がやばかったですね。途中から走れなくなっていましたし、ボールロスト→ボメルへ後ろから無茶タックル(ウイイレだと受けた選手がえびぞりするやつ)という精彩を欠いたプレーで退場しちゃいました。彼は相手最終ラインにもガンガンチェックに行くので、その負担は相当のものだったでしょう。ユーヴェの黒子役たちのコンディションも、残りの試合で大きく響いてきそうです。  逆にミランとしては、勝てた試合だったと思っているはず。しかし主力の多くが離脱している中、素晴らしい試合をやってくれました。ていうかCBがキモチワルイ(いい意味で)。  最後に、試合を見守るガットゥーゾが印象的でしたね。少し前ですが、彼は「復帰したら、今シーズンの残りは無給でやる。ミランに恩返しがしたいんだ」、「34歳になるが、立ち止まろうとしたことは一度もない。俺はフットボールに生きる人間だからな」とコメントを残していました。闘犬の復活、他ファンながら心待ちにしております。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セリエA
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【英国人熱狂的サポーターを旦那に持った日本人嫁の日記】vol.126 行ってきました、チェルシー戦! 前編【J SPORTS プレミアリーグナビ】

宮市亮がプレミアで初スタメン。代表で更なる成長の機会を見つけて欲しい。【チェルシーvsボルトン】【FCKSA66】

2/27 プレミアリーグニュース【SOCCER TRIBE(別館)】

ブロガープロフィール

profile-iconblues225

チェルシーとジョー・コールが大好きな新社会人。

サッカーライターを目指していたのだけれど、色々考えるところもあり今はIT系の会社で働いております。
社会人になってサッカーに割く時間が減ってしまいましたが、何とかチェルシーと日本代表は追っていきたいなあと考えているところです。


なお、こちら気まぐれブログとなっております。ご了承ください。
  • 昨日のページビュー:4
  • 累計のページビュー:532400

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対イタリア~日本の守備を中心に~
  2. 4-4-2の弱点を自ら示してしまったリバプール
  3. いかに白鳥は美しく舞ったか~スウォンジー対アーセナル分析~
  4. ~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン
  5. 忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る
  6. スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~
  7. 後半修正も、フォイに泣いたスパーズ
  8. マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析
  9. アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~
  10. 進化するベイル・存在際立つシルバ・“もってる”バロテッリ~マンチェスター・シティ対トッテナム分析~

月別アーカイブ

2013
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss