欧州サッカーを紐解いていくブログ

レアル・マドリード対バルセロナ今更分析

このエントリーをはてなブックマークに追加

blues225-296239.jpg
さて、恐れながらクラシコについて書かせていただきます。前回対戦では積極的な姿勢にでたモウリーニョですが、今回は中盤にペペを据えた4-3-3を採用。守備的な布陣にシフトしてきました。 ホームでこのフォーメーション…是が非でも勝ちたいというモウリーニョのメッセージが伝わってきます。 一方のバルサも4-3-3。レアルを打ちのめした3-4-3は今回は封印。守備も念頭においた布陣と言えるでしょうか。もっとも昨シーズン欧州を席巻したのはまさしくこのフォーメーション。バルサがバルサであることにはなんら違いはありませんね。 では、試合を見ていきましょう。 ●レアルの守備● 案の定レアルはハイプレスを行いませんでした。CFのイグアインには、主にブスケツのチェックを命じていましたね。もちろん、彼が最終ラインにプレスをかけることはありますが。 プレスラインは下げるけど、最終ラインは高く保つ。これは中盤のスペースを徹底的になくし、バルサにパスを繋がせないのが目的ですね。 図示するとこんな感じ↓
blues225-296240.jpg
で、ミドルサードでボールを奪い、ショートカウンターに繋げていくのがレアルのメインコンセプトだったといえるでしょう。 ●バルサの攻撃● さて、基本バルサが攻撃を行うわけなのですが、改めて見ていくとほんと戦術がぶれないなあと思わされるというか(笑)。これからこの試合のバルサの特徴をあげていきますが、バルサファンの方は「そんなの、いつもやってるよ。」って感じると思います。 なので、あんまバルサを普段見ていない人向けかもしれません(笑)。 前半、バルセロナはレアルの戦術に苦戦していた印象です。理由を挙げると、バルサは何度もフライスルーパスでレアルの最終ラインの背後を狙っていたから。中盤を省略するバルサらしくないパスだと感じました。もちろんレアルのラインは高いので、狙いどころではあります。しかしレアルにとっても、GKとDFの間が捨て所であることは明白。彼ら自身このスペースへの警戒意識は高かったでしょうし、実際バルサの攻撃を防いでいました。 ただ、時間が経つごとにバルサが押し込んでいく。特に後半は顕著でした。いかにレアルを追い詰めたのでしょう? ①攻撃の出発点の形成 まずバルサはハーフウェイラインの少し下で数的有利を築こうとします。ここでボールを落ち着け、組み立てていこうってことですね。 具体的にはピケ(時々プジョル)を上げ、セスクorシャビを少し下げる。ブスケツと合わせて中央に3人配置し、ボール回しを円滑にします。 ②前線のビルドアップ参加 次に前線の選手の中盤介入ですね。 これによりさらにショートパスを繋いでいこうとします。 例えばメッシ。彼はほんとシステムレスでした。シャビに釣り出されたラスの背後を狙ったり、時にハーフラインくらいまで下りてビルドアップを手伝ったり。 またコエントランがメッシについてくれば、他の選手が空いた右サイドに侵入します。メッシの中盤への介入は、スペースメイクの役割を果たしたとも言えるでしょう。 どの選手にもいえることは、常にMFとDFの間を狙っていたということ。特にアロンソとラスが前プレに行くと空く、ペペの両脇ですね。レアルもやられたくないところなんですが、それでも通されてしまう。バルサの恐ろしいところです。 バルサの前線が下りてライン間に侵入しようとするのなら、レアルの最終ラインが追うことで対処すればいいんじゃないの?という疑問がでると思います。 しかし、この試合あんまりCBの積極守備でバルサからボールを奪取!なんてシーンはありませんでした。思うところとしては、バルサの選手がしっかり最終ラインの背後を狙っていたからでしょう。レアルのDFは高いラインの為、どうしても裏をとられることを強く警戒してしまう。その為、逆の動き、つまり下りるFWについていく動きが鈍ってしまったのではないでしょうか。 例えばサンチェスなんかこういう動きをして、レアルの選手を惑わしていました。↓(すいません、少しわかりづらいですね。彼は裏を狙うと見せかけてライン間に侵入する、またはその逆の動きを頻繁に行っていました。)
blues225-296241.jpg
何本も出したフライスルーパスというジャブが、レアルの最終ラインを苦しめたとも言えるかもしれません。 ③横を広く使おう まずイニエスタとD・アウべスのポジショニングに注目。彼らは「タッチラインを踏む選手」の役割を担っていました。ワイドにひらいて、フィールドを目一杯使う為ですね。 縦にスペースが空きづらいなら、横幅を出来る限り使って揺さぶりをかけていこうってことです。 実際バルサには多くのサイドチェンジパスが見られました。 またCMFも度々サイドに流れます。レアルのCMFをひきつける、D・アウべスとイニエスタを活かすといった狙いがありました。 特にセスクは頻繁に流れていた。彼とイニエスタのコンビネーションは脅威でしたね。 例えばこんな動き↓
blues225-296242.jpg
ダイアゴナルランと言われるものですね。 このセスクの飛び出しが上手く行き、彼がカシージャスと1対1を迎えるような局面を作れればいいですが、狙いはそれだけじゃありません。彼がサイドからカットインすることで、アルティントップが釣られるんですよ。その結果、イニエスタが完全フリーになるわけです。 この試合セスクは何度もDFの背後を狙っていましたが、真の目的は味方の為にスペースを作ることだったのかもしれません。先に述べたアルティントップや対面するアロンソをひきつける、というのは彼の重大なタスクでした。 またセスクに限らず、バルサのどの選手もダイアゴナルランを積極的に用いていましたね。右サイドでも見られたし、先述したセスクとイニエスタの関係が逆になることもありました。 要は、サイドを有効的に使うことでスペースを作りだす。バルセロナのお得意芸が炸裂していたと言えるでしょう。。 というわけで①,②,③と紹介したのですが、まあ普段のバルセロナがやっていることと何ら変わりないんですね(笑) 相手によってスタイルを変えない、いつも通りのことを貫く。それが実によく表れた試合だと思いました。 しかし決勝点は、レアルとの駆け引きから生まれたもの。最後にここを探ってみようと思います。 ●アビダルを忘れたレアル・マドリード● 後半、右WGであるベンゼマの守備に注目。彼はサイドの守備よりも、中央でイグアインのサポートをすることが大半でした。右サイドの守備はアルティントップとアロンソにほぼ任せていたと言えるでしょう。 試合を通して、彼には下がり過ぎずカウンターの起点となる役目が与えられていました。後半より顕著になったと言えます。 で、後半途中からイグアインに代わって入ったカジェホンが右サイドを務めていましたが、すぐ守備下手なロナウドとポジションチェンジを行っていますね。 これらのことから何が言えるか?自分はレアルがアビダルの攻撃参加を考慮していたなかったと推測します。 まあ実際、アビダルのオーバーラップなんて2,3回でした。バルサの左サイドはイニエスタの個人技か、セスクとイニによるコンビネーションが多く、アビダルを加えた3人で攻めるシーンはほとんどなかった。 しかしペップとアビダルは、レアルの隙を見逃さなかったわけです。それが77分の得点に結びつく。 アビダルはロナウドがボールウォッチャーになっているのを確認するや、サイドからダイアゴナルランでPA内に侵入。彼にボールが渡って初めて、マドリーの選手はアビダルの存在を認識していました。GKとの1対1を迎えたアビダルは、冷静なシュートでネットを揺らし、敵地での勝ち越し弾をあげてみせたわけです。 試合終盤までレアルをだまし続けたが故に生まれた得点でした。 ●感想● 言い忘れたけどカシージャスのキック精度は泣けるものがありました。これからスペイン代表がバルサ化するならV・バルデスがのし上がることもあるんだろうか。 後アルティントップがイニエスタ封じという大役を任されていることに驚愕。いつの間にモウさんからそんな信頼を勝ち取ったの?確かにパフォーマンスは決して悪くなかったけれど。 ぺぺに関しては…何も言うまい(笑)。




図でX・アロンソ選手を誤ってS・アロンソと表記してしまっておりました。申し訳ございません。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
リーガ・エスパニョーラ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ぺぺの処分の可否とイニエスタの警告【ジョルディのバルセロナ通信】

バルセロナの新ユニフォーム2012-13【ジョルディのバルセロナ通信】

世界を魅了した右足【Sports I need】

ブロガープロフィール

profile-iconblues225

チェルシーとジョー・コールが大好きな新社会人。

サッカーライターを目指していたのだけれど、色々考えるところもあり今はIT系の会社で働いております。
社会人になってサッカーに割く時間が減ってしまいましたが、何とかチェルシーと日本代表は追っていきたいなあと考えているところです。


なお、こちら気まぐれブログとなっております。ご了承ください。
  • 昨日のページビュー:5
  • 累計のページビュー:532363

(12月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対イタリア~日本の守備を中心に~
  2. 4-4-2の弱点を自ら示してしまったリバプール
  3. いかに白鳥は美しく舞ったか~スウォンジー対アーセナル分析~
  4. ~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン
  5. 忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る
  6. スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~
  7. 後半修正も、フォイに泣いたスパーズ
  8. マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析
  9. アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~
  10. 進化するベイル・存在際立つシルバ・“もってる”バロテッリ~マンチェスター・シティ対トッテナム分析~

月別アーカイブ

2013
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2016年12月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss