欧州サッカーを紐解いていくブログ

アンリがアーセナルにもたらそうとしているもの(英記事和訳)

このエントリーをはてなブックマークに追加

グーナーの皆さま!おめでとうございます!2か月という短い期間ではありますが、アンリ復帰が決まりましたね。自分はチェルシーファンですが、例えライバルチームであってもレジェンドの復帰というのはプレミア全体が盛り上がるので大いに歓迎です!


そこで今回、アンリに関する記事を和訳してみました。初めての試みだったので非常に拙い文章ですが、それでも良ければ見てやってください。


では、どうぞ―




帰ってきた英雄、アンリがグーナーに警告!?

「僕はもはや“無敵”じゃない!」



2004年春―アンリにとって最後となったリーズとの試合で、彼は4得点を挙げチームを勝利に導いた。

それから約8年、リーズとアーセナルには多くの変化があった。しかしアンリは月曜夜のFAカップで再び赤と白のユニフォームを着て、再びリーズの前に立ちはだかる。



クラブにとってレジェンドとなったフランス人の、8週間という短期レンタルが決まった。アフリカ・ネーションズカップでシャマク、ジェルビーニョ等がチームを離れる中、ファン・ペルシーの負担を和らげるのが最大の目的だ。

アンリはチャンピオンズリーグのスカッドにも名を連ねた。2月15日のミラン戦に、出場できるチャンスが与えられる。さらに彼は、わずかだがレンタル期間を延長することが許されるかもしれない。2月26日に控えるトッテナムとのノーズロンドンダービーに出場する為である。アンリが本籍を置く、ニューヨーク・レッドブルズの新シーズンは3月10日からだ。


アーセン・ヴェンゲルが最後にプレミア・リーグのタイトルを勝ち取ったシーズンから、リーズとアーセナルに多くの変化があったように、アンリ自身にも多くの変化があった。今や34歳、370試合に出場し実に226ゴールをあげた、かつてのような爆発力はもはやない。アンリはまず、2007年にクラブを去った男と比較しないよう忠告した。


「私は、人々がかつての私と比較しないことを願っている。私はほとんどの時間をベンチで過ごすことになるだろう。当たり前のことだが、ファン・ペルシーがエースとしてピッチに立つ。」


その一方で、アンリは彼のビジョンや経験を活かしていきたいと考えているようだ。マンチェスター・ユナイテッドに所属する、38歳のライアン・ギグスと同じような役割を果たしたいと言う。


「私はもはや25歳ではない。ピッチの中央でボールを受け、ドリブルで5,6人の選手を抜き去ることはもうできないだろう。そういうプレーは期待しないでほしい。だがそれとは別の方法でチームに貢献することはできる。」

「ライアン・ギグスを見てくれ。彼の今のプレースタイルは、デニス・アーウィンからパスを受け、ドリブルでディフェンス全員を抜き去り、美しいクロスをあげていたかつてのものとは別物だ。」

「しかし今のギグスは試合を見ることができ、いつでも試合に出てチームを助けることができる。さらに彼は一人でパスを受ける為の適切なポジショニングと、決してボール失わないボールタッチができる。それこそが、私がピッチに立った時このチームにもたらしたいことだね。」

「私はアーセナルに、いくつかはっきりアウトプットできることがある。チームメイトと話し、彼らに勝つことの意味を知らせることだ。私は競争相手であり、決して他人に自分の体を預けることはしないだろう。」

(ちょっとここの訳自信ないです。)



一方ヴェンゲルは、アンリについて “若手の頃よりも、人々に対しオープンになった。より利他的なフットボーラーとなり、プレーの中でこれまでとは他のものをチームにもたらすことができる” と感じている。

「ティエリは若い頃自分自身しか見えていなかった。プレッシャーに晒されていたからだ。しかしそれを乗り越え、現在彼は5,6年前よりもプレッシャーの少ない環境にある。彼は人々によりオープンになれるだろう。」





アンリは先日行われたアーセナルメディアのインタビューで、実に9回もの“LOVE”という言葉を使った。これは彼とクラブとの関係が実に“ラブ・ストーリー”、つまり悪い日よりも良い日のほうが多く円満なものであったかを物語っている。


しかしヴェンゲルにとっても、この素晴らしいラブストーリーは強固なものだった。すでにレジェンドとして、アンリは確固たる地位を築いている。先月エミレーツ・スタジアムに、アンリのブロンズ像が建てられたことが良い証明となるだろう。


「これまで人々が成してきたことを取り去ることはできない。そしてアンリが我々にもたらしてくれたものは永遠に残るだろう。少し大きなブロンズ像は、その形の一つの表れだ。これからの彼にも期待しよう。」






―早くも今夜のリーズ戦での出場の可能性があるアンリ。この2か月間はアーセナルから目が離せない!?





ソース
http://www.dailymail.co.uk/sport/football/article-2083336/Thierry-Henry-warns-Arsenal-fans-Im-longer-invincible.html



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
プレミアリーグ
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

テキーラさんへ

アンリはえげつなかったですねwライバルながら彼のプレーを再び見るのが楽しみです。


和訳は辞書片手にやりました。でも誤訳あると思いますw翻訳スキルもあって損はないので、レベルをあげていきたいですね。

アンリがアーセナルにもたらそうとしているもの(英記事和訳)

僕はあんまアンリ知らないんですが、レジェンドなんですねー。バルサ時代しか見たことないんでびっくりです。

まあそのニュースよりもブルーズさんが英語訳してこの記事書いてらっしゃることにビックリっス(笑)

あんな風に俺も英文をまとめられるような大学生になりたい・・・。

こんな記事も読みたい

アンフィールド人種差別発言事件の容疑者を警察が逮捕。【Catalonia is not Spain】

レジェンド・アンリ アーセナル復帰(2ヶ月限定)【北の蒼きフットボーラー】

若々しいフェイエノールト、新年を勝利でスタート【我がフェイエノールト】

ブロガープロフィール

profile-iconblues225

チェルシーとジョー・コールが大好きな新社会人。

サッカーライターを目指していたのだけれど、色々考えるところもあり今はIT系の会社で働いております。
社会人になってサッカーに割く時間が減ってしまいましたが、何とかチェルシーと日本代表は追っていきたいなあと考えているところです。


なお、こちら気まぐれブログとなっております。ご了承ください。
  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:533903

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対イタリア~日本の守備を中心に~
  2. 4-4-2の弱点を自ら示してしまったリバプール
  3. ~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン
  4. いかに白鳥は美しく舞ったか~スウォンジー対アーセナル分析~
  5. 忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る
  6. スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~
  7. 後半修正も、フォイに泣いたスパーズ
  8. マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析
  9. アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~
  10. 進化するベイル・存在際立つシルバ・“もってる”バロテッリ~マンチェスター・シティ対トッテナム分析~

月別アーカイブ

2013
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss