欧州サッカーを紐解いていくブログ

~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン

このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンコンテ監督の下424システムを導入し、積極的なサッカーを展開するユベントス。一方のミランは負傷者が続出しピリッとしない試合が続きます。そんな両者の一戦でした。


今回はユベントスに注目しながら書いていきたいと思います。
ユベントスとミランのスタメン、フォーメーションはこちら↓

blues225-273857.jpg
●前半● 〇ユベントスの守備 最優先されるのは縦パスを出させないこと。アンカーの位置にいるボメルには、ボールが左に行ったときはビダル、真ん中ならヴチニッチ、右ならマルキージオがかならずプレスにいき、CBからボメルへパスを出させないようにする。出されても激しくプレスをかけてまた戻させる。 その上で、ミランのCBにもプレスをかけていきます。ヴチニッチがネスタに、中盤のビダルが上がってシウバにプレスをかけるので、ヴチニッチと合わせて2対2の状況をつくって相手に迫ることができます。 このあたりは4-2-4の面影を感じることができますね。 またWGの守備の動きも面白かったです。 例えばビダルが上がって空いたスペースには右WGのクラシッチが詰める、といったように、マルキージオかビダルが上がって、ボメルやCBプレスに行く場合は、WGが中へスライドして空いたスペースを補完していました。 具体的に書くと、クラシッチはまずセードルフを抑える。で、ザンブロッタにボールがいくとザンブロッタにプレスをかけに行く。その間に前プレを行っていたビダルが下りてセードルフをチェックする、といった感じですね。 徹底的に縦中央への縦パスを警戒し、プレッシャーをかけてサイドに出させる。 そしてサイドでWG、SBがはさむような形でボールを奪う。一貫していました。 ○ユベントスの攻撃 実はこの試合、最初はミランも激しくプレスにいっていました。 しかし、ピルロがこのミランの守備をことごとく無効化させていました。彼はよく動いて、ミランのマークを少しでもはずしてボールを受ける。ミランがプレスをかけようとしたときには、ボールは逆サイドに出されていたり、縦パスが打たれていたり。ダイレクトが多く、速いテンポでどんな場所にもボールがいくので、ミランの守備はことごく破られていきます。高い位置からのプレスが上手くいかないミランは、どうしてもずるずるひき下がっていってしまう。そうなると、後方にいるピルロは余計にマークを外しやすくなる。本来ピルロを見るはずのボアテングは、サイドに流れることもしばしばなので、結局ミランがピルロにタイトに迫るシーンはほとんどなかったです。ピルロからするとノープレッシャーに近かったんじゃないですかね。 ユベントスは深い位置でボールを失うとすぐに守備に切り替えて相手にプレッシャーをかける。ミランはセードルフしか質の高いパスを供給できる人がいないが、クラシッチとビダルが彼を徹底的に見張っているので、ミランは低い位置で攻撃の起点が作れない。特に27分ごろのシーンはその連続で圧巻でした。 ではそこからどんな攻撃を仕掛けるかというと、、、 サイドに選手をおくので一見サイド攻撃主体かな?と思いますが、サイドの選手は張ってDFラインを下げるのと、SBをひきつけるのが狙いだと思います。基本はキック&ゴーによる中央突破。特に見られるのがヴチニッチを起点として、後ろからどんどん選手が追い越していくという形です。マルキージオ、ビダル、ヴチニッチの関係がとても良かった。特にマルキージオの飛び出しが光りました。ビダルはクラシッチが中に切れ込む為前がふさがってしまうので、やや後ろからのパスやサイドに流れるシーンの方が前半は目立ちました。 その中央まで持っていく過程は、先述したピルロ起点のショートパスと、後は右サイドからの押し上げが目立ちました。理由は単純で、リヒトシュタイナーがいるから。左SBは本職がCBのキエッリーニですからあまり上がらないんですね。またミランは4-3ゾーンで守るので、どうしてもサイドが空きがちになるんです。セードルフも、下がって相手を引き込んでから対処しようとするシーンが目立ちました。 こんな感じでユベントスは前半途中から完全に試合の主導権を握りました。しかしミランも最後はやらせません。特にネスタとT・シウバの能力の高さが目立ちました。アッピアーディもよかったですね。 一方ミランは前半28分に1ついい攻めがありました。 まずセーさんが左WGくらいの高い位置に行って、リヒトシュタイナーをひきつけます。そしてボ―ルをもった左SBのザンブロッタにはクラシッチがマーク。この2人の間にカッサーノが入り、ザンブロッタからボールを受けるんですね。一瞬余裕を持てたカッサーノが逆サイドのイブラに絶妙なパスを送ったのですが、イブラに渡ったところでペペがよく戻ってこれを防ぎました。サイドで数的有利をつくれたいいシーンでした。しかし、この後数的有利を作ろうとしても、ユベントスのCBがサイドに出向いたり、中盤の選手が出向いたりしてなかなか上手くいかなかったと思います。その辺はユベントスも上手く対応していましたね。 結局0-0で前半をおりかえします。 ●後半● 突然ですが、 自分の中でどうしてもはっきり“これだ”と確信が持てなかったので、ここで仮説を立てます。 ミランは前半同様左サイドから崩したかったんじゃないかと思うんですね。理由はこっちにセードルフがいるから。 しかし、セードルフは年齢も高く、もうそんな運動量はない。なのでボールを奪われると、彼が帰り切れない場面が出てくる。またもう少し高い位置において、彼の攻撃力をより発揮させたい(結局はユベントスの選手が彼をほぼ封じ切りましたが)。 何が言いたいかというと、ミランの守備にある特徴がでてくるんです。 左サイドにボールがいったときは、セードルフへのフォローで中盤の選手がスライドして対応するようになりました。 具体的に言うと、ボメルがセードルフがもといた位置にいく→ノチェリーノがボメルのいた位置へ、といった感じです。こうして、セードルフへの守備への負担を減らそうとします。また、左サイドに人数をかけて、奪って上がってきたリヒトシュタイナーの裏を突くイメージもあったかもしれません。 実際そうやってミランはユベントスの攻撃を潰して、そこからカウンターに打ってでるシーンがちらほら見えました。 しかしこの結果、ユベントスは早くサイドチェンジできれば、広く空いた左サイドをえぐることができる。 例えば後半始まってすぐに、キエッリーニがノチェリーノがいたはずの位置に侵入して、シュートを打つ場面が増えました。 また逆サイドが空くならサイドチェンジもっとやって相手を揺さぶっていこう、ってなります。 そのためにまず左サイドの攻撃をもっと活性化させようとコンテさんは思った。 そこでまずジャッケリーニの投入。クラシッチが下がり、ペペが右にいきます。ジャッケリーニがどんどん仕掛けるので、左サイドからでも深い位置までボールが運べるし、攻撃の形が作れるようになりました。 でも、クラシッチは守備面での不安と切れこんでビダルが上手く攻撃に絡めない時があったので、それも大きく考慮されていると思います。と、いうかこっちの理由の方が大きいと思いますw この後ビダルが積極的に攻撃に絡むシーンが増えました。 さらにヴチニッチが左サイドに流れて、厚みをもたらします。彼が空けたスペースにはどんどんビダルやマルキージオが入っていくので中央が手薄になることはありません。 こうして左サイドでも活気づくユベントス。 ちなみにユベントスが左サイドから攻撃する時はミランはスライドしないので(前半はあった気がしますが)、やはりセードルフを大事にしてるのだと思いました。 で、サイドチェンジはピルロにおまかせ。彼がどんどん散らしてミランを揺さぶり、ミランを疲弊させていきます。 こうして後半開始は積極的な姿勢も見られたミランでしたが、途中から完全に押し込まれる展開に。 それでもミランはよく粘ったのですが・・・ 85分の失点はまさに弱点をつかれた感じでした。 まず、ピルロがやや右側でボールを持ちます。その時のセードルフのポジショニング上、ミランはこの時すでにスライドが行われていました。そして空いたスペースをマルキージオが見つけ、飛び込みます。それを見たピルロがすかさず彼にパス。 そこからヴチニッチ→ビダル→裏へぬけたマルキージオ。そしてそのままゴール! 幸運なところも少しありましたが、素晴らしいキック&ゴーでした。 ユベントスがやりたいことすべてやって点をとったというか、全てが結集したゴールというか、そんな気がしました。 その後マルキージオがもう1点入れ(彼はちょっとラッキーボーイでしたねw)、2-0で試合は終了しました。 ユベントスが攻守において、走り勝った試合といえるでしょう。特にビダル、マルキージオの貢献度は高かったですね。彼らは攻撃に厚みをもたらすだけでなく、守備の時もすぐ戻ってくるので、ピルロは基本真ん中守るだけで、アンカーながら守備への負担がほんとにすくなく、ゲームメイクに集中できたと思います。 コンテさんのサッカーで肝となる両WGも、SBにプレスをかけ、後方でボールを持たれると、すぐ下りてはさみにいってました。ペペとジャッケリーニは運動量豊富でこのサッカーへの高い適性をうかがわせます。ちょっとクラシッチはしんどいかなとはおもいますが。 選手全員がチームの為によく走る、非常に魅力的なサッカーでした。彼らのサッカーはなるべく見ていきたいですね。 対するミランはセードルフ封じられたら、低い位置からどう組み立てるの?っていうのと、そうなった時イブラまで抑えられたら、正直攻め手がないよ?っていう課題が残ったと思います。セードルフに至っては守備の時穴になってしまうので、正直もろ刃の剣ですね。カッサーノはコンディションいいだけに、活かしきれてない現状がなんかもったいないですね。 これでT・シウバかネスタが長期離脱するとかなるとどうなってしまうんだろう。 まあセードルフは冬にコンディション上がってくるとはおもうけど、それまではやっぱり厳しいし。。。 そうなるとこのチームの鍵は、アクイラーニなのかもしれません。 結局ミランは運動量あるチームに弱いイメージがまた固まってしまいました。 正直自分の中では何かもやっとしたものも残ってあるのでご意見まってます!では!!




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
セリエA
タグ:
ミラン
ユベントス
サッカー

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

ぐうさんへ

正直エリアはどうなんでしょうね。正直自分もまだエリアのプレーをそんなにみたことがないので、断言できません。
ただなんでジャッケリーニが優先されるかというと、守備面での貢献や運動量が評価されてると思うんですよね。コンテさんのサッカーの構想に入るには、そういう面も改善していかなければならないのでしょう。ただもし、その点が改善されなければ、クラブはなんで構想外の選手をとったんだってなりますが…。
しかしユーべには出れてない選手も多いですね。彼らをどう扱っていくんでしょう。

カイカイさんへ

ユベントスは、イブラにはきちっとついて抑える場面が多かったと思いました。逆に彼がボールをもてばチャンスになりそうなシーンはありましたが、、、
あとカッサーノもよかったんですけどね。彼はユベントスにとって、イレギュラーな状況を作れる可能性がある貴重な選手だと思いました。彼の交代はちょっと早かったんじゃないかな。
キエッリーニの存在はやはり大きかったと思います。わざわざ左SBに彼を持ってきたのも、守備をより安定させる意図があったのでしょう。

~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン

米かいたのにきえちまったーwてなわけですいません荒い文になるんでしが。試合みた感想としてはユーベのCBからボメルへのパスチェックはすさまじかっですね。ときには4人で囲んでましたからwさらにボメルがCBのいちに下がってきてもそこからのパスコースをチェックと、素晴らしかったですだからミランは自然とボールが運べるセードルフにボールが集まったのかとおもいます。また左サイドの守備を厚くしたのはボールを早目にセードルフにわたしてユーベの守備が整うまえに2トップにあてたかったからかなと。その後のケアがありませんでしたがwミランは左サイドでためて右というのが多かったんですがキエッリーニがうまくボアテングを抑えていました。そこがロビーニョやパトだったらわからなかったかもしれないですね。

~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン

私の中でもやっとしてるのはユーベのエリアです。
彼は今シーズン戦力と成り得るのでしょうか。
非常にもやっとしています。

こんな記事も読みたい

今シーズンのアーセナルの着地点【center of universe ~アーセナルとかバルサとか~】

またやっちゃったね…でもルーニーの起用は間違ってはいない。【お茶漬け唐辛子】

【欧州選手権予選】スウェーデン代表、プレーオフ出場権を確保【スカンジナビア・サッカーニュース】

ブロガープロフィール

profile-iconblues225

チェルシーとジョー・コールが大好きな新社会人。

サッカーライターを目指していたのだけれど、色々考えるところもあり今はIT系の会社で働いております。
社会人になってサッカーに割く時間が減ってしまいましたが、何とかチェルシーと日本代表は追っていきたいなあと考えているところです。


なお、こちら気まぐれブログとなっております。ご了承ください。
  • 昨日のページビュー:8
  • 累計のページビュー:533903

(11月06日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本対イタリア~日本の守備を中心に~
  2. 4-4-2の弱点を自ら示してしまったリバプール
  3. ~ピルロを得たチーム、失ったチーム~ユベントス対ミラン
  4. いかに白鳥は美しく舞ったか~スウォンジー対アーセナル分析~
  5. 忘れえぬ試合、チェルシー対ナポリを振り返る
  6. スウォンジー対シティ分析~ジャイアントキリングを連発する理由~
  7. 後半修正も、フォイに泣いたスパーズ
  8. マラガ視点で、レアル対マラガをさくっと分析
  9. アンカーシステムの弱点を克服~チェルシー対バレンシア~
  10. 進化するベイル・存在際立つシルバ・“もってる”バロテッリ~マンチェスター・シティ対トッテナム分析~

月別アーカイブ

2013
06
2012
03
02
01
2011
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月06日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss