Halos In Another Sky

2つの世界で生きるアンドレルトン・シモンズ

このエントリーをはてなブックマークに追加

<エンジェルス選手紹介> アンドレルトン・シモンズ

メジャーリーグ1の守備の名手と呼び声高いショートのシモンズ。過去5年のDRS(Defensive Runs Saved)+131はダントツのトップ。この期間の2位がブランドン・クロフォードの+62であることを知ると、この数値の凄まじさがよくわかります。2013年〜2016年の4年連続でフィールディング・バイブル賞に選ばれています。

今年は打撃でも目覚ましい進歩を見せ、打率.301/OPS.801。2017年7月現在のWARは5.32でメジャー4位。(トップ3はアルトゥーベ、シャーザー、ジャッジ。)コンタクトバッターで三振が少ない&早打ちであるのが特徴ですが、ここまで出塁率は.352OBPとキャリアハイ。14盗塁も決めています。

最近ではこのプレーが話題になり日本のヤフートップニュースになったりしてます。

生まれはベネズエラの北約60kmのカリブ海に浮かぶ、旧オランダ領キュラソー島。実はこの島、人口におけるメジャーリーガーの割合がとても高くなっていることで注目されています。人口15万人のとても小さな島ですが、2000年代で12人、現役だけでも7人のメジャーリーガーを排出しています。アメリカ合衆国では約50万人に一人がメジャーリーガーになるのに対し、単純計算だと今、キュラソー島では約2万人に1人がメジャーリーガーになっていることになります。

シモンズ自身は同郷の先輩であり日本でもプレーした経験のあるアンドリュー・ジョーンズに憧れて野球を始め、ユースチームではケンリー・ジャンセン(現LAD)やディディ・グレゴリウス(現NYY)とチームメイトであったというから、その世界の狭さは伊達ではないかも。若い頃はメジャーリーガーになるなど思っていなかったようですが、子供の頃からの2人の友達がメジャーのトライアウトを受けに行き、そこでスカウトにシモンズのことを話したのがきっかけでマークされ始めました。

シモンズいわく「あるメジャーのスカウトが僕を見にきたんだ。彼のチームがピッチャーとショートを欲しがっていたから。スカウトは僕のことを聞いたことがあったらしくて、プレーを2イニングくらい見てた。(スカウトの中では)何か「こいつだ」って確信させるものがあったのかもしれない。素直にいうと、彼は多くのプレーを見たわけじゃないんだ。2イニングでヒット1本打って、打球も2回くらい処理した。ゴロとフライを1回ずつ。そして”君はまだ少し改善することがある”って言った。それが全ての始まりだよ。」

ウェスタンオクラホマ州立大学時代は、投手として最速98マイル(時速157.7km/h)を計測しました。これはシモンズの守備のハイライトの目玉となっている”超”強肩の理由。どの体勢からでも正確に大砲のような4シーム送球ができ、特に類稀な身体能力・反応速度と合わせた三遊間の守備はしばしば”Unbelievable”と表現されます。

2010年のMLBドラフト2巡目(全体70位)でアトランタ・ブレーブスに遊撃手として指名され、プロ入り。2014年2月20日にブレーブスと総額5800万ドルの7年契約に合意しましたが、2015年オフにはエンジェルスのトッププロスペクト、ショーン・ニューカム、クリストファー・エリス、そしてベテランのエリック・アイバーとのトレードで文字通りショートの後釜として移籍。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エンゼルス選手紹介
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ワールドスポーツMLBについてレビューする 印象よりもファクトを重視すべきである【MLB 戦いの原理を求めて】

ロイヤルズ9連勝!昨年サイヤング賞を2HRで攻略!ムスターカスKC史上最速30号HR!ヴァーガス13勝目!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

テキサス・レンジャーズの「補強」ポイントはどこなのか【日本在住レンジャーの雑記】

ブロガープロフィール

profile-iconbluejoe

メジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスを応援しています。好きな選手はジェレッド・ウィーバー(移籍)、マイク・トラウト、アンドレトン・シモンズ、コール・カルフーン。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1117903

(09月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョシュ・ハミルトン入団!メジャー最強トリオ結成に高い代償はつきもの。
  2. 2014MLBパワーランキング前半戦Ver.
  3. サンタナトレード。ハンター移籍。エンゼルスがダンに「DANDAN心魅かれてく」ことはもうないのか?
  4. デヘスース、マーフィー、ビクトリーノと外野3選手を獲得、フリースDLで3Bにギレスピ補強。
  5. 2012最新MLBパワーランキング。エンゼルスは4位。
  6. 2014年に躍進しそうな若手ランキングTOP10
  7. 迫るトレードデッドライン。トレード候補の左の外野手について検証。
  8. バーノン・ウェルズとジョン・ラッキー。世紀の不良債権トレードは成立するか?
  9. ブラントン放出。どうなる今年の開幕ローテ&ロースター
  10. 2012選手総評(投手編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
03
2015
08
07
06
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
09
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss