Halos In Another Sky

マイク・トラウトが"Super Man"である7つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

<エンジェルス選手紹介> マイク・トラウト

現在25歳。エンジェルス生え抜きのスーパースターです。

①走攻守全てトップクラス

2009年のMLBドラフトでロサンゼルス・エンゼルスから1巡目(全体25位)に指名を受け入団。

メジャーデビューは2011年。当時19歳と11ヶ月の若さでデビューし、2007年のジャスティン・アップトン以来の快挙と報じられました。

誤解を恐れずに言うならば、マイナーリーグだけでも数え切れないほどのリーグで細分化、階層化されているメジャーで、3Aまでたどり着くのすら半端なことではありません。高校卒業後「飛び級」の10代でそれを成し遂げ、翌年には大ベテラン、不調のボビー・アブレイユを押しのけてシーズン序盤から本格的なMLBでのキャリアをスタートさせました。しかしそれも、トラウトの歩む道の序章でしかありませんでした。

コンパクトかつ圧倒的なスイングスピードで多くのファウルを粘り、四球を量産、大好物の低めの球を軽々と長打に。史上最年少となる23歳253日で100本塁打・100盗塁を達成(従来の記録はアレックス・ロドリゲスの23歳309日)。

2013年「ベースボール・アメリカ」誌実施の監督アンケートでは「もっとも足の速い選手」「もっともベースランニングのいい選手」の走塁に関する2部門でア・リーグ1位に輝き、デビュー年はHRキャッチ計4回で守備防御点でも+23を記録。

トラウトがメジャーリーグに定着して今年で6年目。 この間に ・新人王(史上初の新人での30HRー30SB) ・6年連続オールスター(今年含む) ・5年連続シルバースラッガー ・アメリカンリーグMVP2回(投票2位が2回) ・オールスターMVP2回 ・盗塁王1回 ・5年連続OPSリーグ3位以内。 ・5年連続WARリーグ1位

一部wiki参照

②メジャーデビューする前から比べられる選手の次元が違う。

プロスペクト時代から全米ベストの若手と評されてきました。デビュー前の有望なプロスペクトは普通「ロビンソン・カノに似ている」とか「マックス・シャーザーのような投球フォーム」のように現役のトップ選手と比べられますが、トラウトは違います。メジャーリーグに上がる前から「ミッキー・マントルにクリソツだ」と言われ続けてきました。

マントルは1931年生まれのMLB史上の大人物のようです。1960年代初めにはロジャー・マリスとのコンビでMM砲と呼ばれ、1961年にはともにベーブ・ルースのシーズン最多本塁打数60本に挑戦したスラッガーであると。(wiki参照

③筋肉で武装していて首がない

甘いマスクでごまかされそうになりますが背筋を中心に鍛えすぎなのか首がほぼない。

首がないと言ってもバートロ・コローンとは違います。

体重106kgの筋肉の鎧で身を包み、リーグ最多の49盗塁を記録することができます。

④たまに物理的におかしいプレーをする

筆者が未だに忘れられないのが

クリス・セールの投げるこのコースをありえない打球で満塁HR。 (イヤイヤ・・・普通に空振りコースの絶妙なアウトローでしょ・・・)

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エンゼルス選手紹介
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

「マイク・トラウトが"Super Man"である7つの理由」へのコメント

bradnomuさん

こんばんは。ありがとうございます!私は正直マントルのことは詳しく知らず、至らないところも普段から多々あるので、「自分が知らないから他の人も知らない人が多いだろう」という感じに受け取れる文章だったかなとは反省してます。ただ、恥ずかしいとはこれっぽちも思っていません。仰るように間違った情報は載せないよう注意は払ってますので、これからもエンジェルスの選手の記事は調べた上でどんどん載せていきたいと思っています^_^ 激励のお言葉感謝です。

マイク・トラウトが"Super Man"である7つの理由

Bluejoeさん、こんにちは。
「ミッキー・マントル」、私も名前は聞いたことがありますが、具体的にどんなバッターだったのかは知るよしもありません。何しろ1950年代の選手ですから仕方ありません。メジャー130年の歴史で五指に入るかもどうかも個人の価値観次第でしょう。
私はトラウトをデビュー時からずっと見ているエンゼルスファンですが、私の知らないトラウト像を浮き上がらせてくれて、とてもありがたい投稿でした(気象オタクとは知りませんでした)。
別にマントルを知っていようがいまいが、トラウトについて記事を書いて何が悪いのでしょうか?トラウトについて間違った内容があるならともかく、そんな60年も70年も前の選手を知っていようがいまいが恥ずかしくも何ともない。
日本の阪神ファンで「藤村富美男」と言われて、具体的なイメージが湧く人がどれほどいるでしょうか?でも藤村富美男を知らずにタイガースを語るのは恥なのか?
最近、自分の価値観からちょっとでもズレていると「恥ずかしい」とか「失礼だ」とかいちゃもんのような発言をする人をよく見かけますね。匿名だから何を言っても構わないのか?ネット時代の悪癖です。
これからもエンゼルスネタの投稿、楽しみにしています。

「マイク・トラウトが"Super Man"である7つの理由」へのコメント

yuu1972さん

こんにちは。確かにミッキー・マントルに敬意が欠けた書き方になっていました。訂正します。

マイク・トラウトが"Super Man"である7つの理由

ミッキーマントルを

>よほどのメジャーファンでなければ誰だよ?と最初なるところですが

マントルは、よほどのファンじゃなくても、かなりの人が知っています。

メジャーリーグ130年の歴史の中でも5本指に入るスターです。

マントルも知らないでこんなコラムを投稿するなんて恥ずかしいですよ。

こんな記事も読みたい

Royals7連勝!Indians7点リード守れず!2回裏にトレイド3名到着しベンチで挨拶!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

アストロズ・ルーノウGMにみる戦略的思考力 あるひとつの仮説【MLB 戦いの原理を求めて】

ヤンキース、中継ぎ補強に成功。次は先発投手か【頑張れ!ジャイアンツ 2017】

ブロガープロフィール

profile-iconbluejoe

メジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスを応援しています。好きな選手はジェレッド・ウィーバー(移籍)、マイク・トラウト、アンドレトン・シモンズ、コール・カルフーン。
  • 昨日のページビュー:88
  • 累計のページビュー:1121872

(11月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョシュ・ハミルトン入団!メジャー最強トリオ結成に高い代償はつきもの。
  2. 2014MLBパワーランキング前半戦Ver.
  3. サンタナトレード。ハンター移籍。エンゼルスがダンに「DANDAN心魅かれてく」ことはもうないのか?
  4. デヘスース、マーフィー、ビクトリーノと外野3選手を獲得、フリースDLで3Bにギレスピ補強。
  5. 2012最新MLBパワーランキング。エンゼルスは4位。
  6. 2014年に躍進しそうな若手ランキングTOP10
  7. 迫るトレードデッドライン。トレード候補の左の外野手について検証。
  8. バーノン・ウェルズとジョン・ラッキー。世紀の不良債権トレードは成立するか?
  9. ブラントン放出。どうなる今年の開幕ローテ&ロースター
  10. 2012選手総評(投手編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
03
2015
08
07
06
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
09
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss