Halos In Another Sky

マーティン・マルドナドの新天地

このエントリーをはてなブックマークに追加

<エンジェルス選手紹介> マーティン・マルドナド

ジェット・バンディとのトレードで昨年ブルワーズより移籍してきた、30歳のキャッチャーです。

マルドナドはプエルトリコのナグアボと呼ばれる小さな村で貧しい家庭に生まれ、幼少期の頃は球場へ行く車がなく母がレンタカーで送ってくれたこともあったそうです。

家庭はベースボールにゆかりがあり、マルドナドの最も尊敬する母親はソフトボール経験、兄弟は大学で野球をやり、父親はリト・グランデのアマチュア選手でした。

6年のメジャー生活を全てジョナサン・ルクロイのバックアップとして過ごしてきた彼は、今年キャリア初のメジャー正捕手をエンジェルスで務めています。実は、彼、ドラフトで指名されプロ生活を始めたのはエンジェルスでした。2年間のファーム生活ののち、ミルウォーキーへと移籍し、そこで控えの捕手として地位を確立することになります。

よくよく考えると同じチームで6年ずっとバックアップをやれるというのも、ある意味すごい気が。

控え時代から守備的捕手との評価でしたが、今季は2つの意味で予想を裏切る活躍をしています。

まず、長所であった守備力がALで有数の出来であること。

ここまでメジャーリーグのキャッチャーで4位の盗塁阻止率.405を記録しており、出場イニング数もヤディア・モリーナに次ぎ2位。フレーミング指標(参照)でもトップ5に食い込んでいてピッチャー陣からの信頼も厚いようです。

またブルワーズ時代通算打率.217、OPS.640であった打撃は、移籍後のエンジェルスで打率.245、OPS.726、11HRと大幅に改善され、2017年現在、攻守両面でバランスの取れたキャッチャーと言えるでしょう。

古巣に戻ってきたことについて、こう語ります。

「自分にとってのエンジェルスでの日々は、とっくに過ぎ去ってもう戻ることがないものだと思っていた。今僕が毎日メジャーリーグでプレーする機会を与えてくれたことに感謝しているし、ブルワーズが与えてくれたチャンスも素晴らしいものだった。本当は毎日プレーできたらとも思っていたけど、メジャーリーグでベストのキャッチャー(ルクロイ)の後ろでたくさんのことを教えてもらったよ。」

「正捕手のロールを与えられてから、試合ごとに気持ちを分けて考えることを学んだ。トラウトやプホルスのようなプロフェッショナルな選手と同じラインナップにいると、打撃のモチベーションも上がってくる。」

正確かつ鋭く走者を刺す肩を持ってマルドナドに”Machete”(中南米原住民が伐採用や武器に用いる長刀のなた)というニックネームをつけたのは彼の代理人。

プエルトリコ、Naguabo(最初読んだ時Naganoに見えた)村出身のメジャーリーガーは彼の他にはマリナーズのクローザー、エドウィン・ディアズもいて、マルドナドのリスペクトする選手の一人。

メジャーでのハードワークにも関わらず、ブルワーズ時代からオフシーズンには欠かさずプエルトリコのウィンターリーグに参加している理由については「(母国でオフにプレーすることが)ベースボールに対するパッションを高めてくれて、毎回学ぶこともある。メジャーへの準備をする前にモチベーションを高めるには最高の場所だから」

自身初の正捕手としてブレークしつつあるマルドナド。扇の要としてエンジェルス投手陣を引っ張っていく日々は始まったばかりです。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
エンゼルス選手紹介
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ダルビッシュ 移籍へのカウントダウンはじまる【MLB 戦いの原理を求めて】

KC 5発大逆転で4連勝!ダルよ残留してくれ!トレイド市場の動きがプレイオフ争いを左右する【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

前田健太に求められるもの【スポーツ えっせい】

ブロガープロフィール

profile-iconbluejoe

メジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスを応援しています。好きな選手はジェレッド・ウィーバー(移籍)、マイク・トラウト、アンドレトン・シモンズ、コール・カルフーン。
  • 昨日のページビュー:48
  • 累計のページビュー:1122236

(11月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョシュ・ハミルトン入団!メジャー最強トリオ結成に高い代償はつきもの。
  2. 2014MLBパワーランキング前半戦Ver.
  3. サンタナトレード。ハンター移籍。エンゼルスがダンに「DANDAN心魅かれてく」ことはもうないのか?
  4. デヘスース、マーフィー、ビクトリーノと外野3選手を獲得、フリースDLで3Bにギレスピ補強。
  5. 2012最新MLBパワーランキング。エンゼルスは4位。
  6. 2014年に躍進しそうな若手ランキングTOP10
  7. 迫るトレードデッドライン。トレード候補の左の外野手について検証。
  8. バーノン・ウェルズとジョン・ラッキー。世紀の不良債権トレードは成立するか?
  9. ブラントン放出。どうなる今年の開幕ローテ&ロースター
  10. 2012選手総評(投手編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
03
2015
08
07
06
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
09
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss