Halos In Another Sky

前半戦採点2017(2)投手部門

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年はノリス、パーカー、ペティットのマイナー契約3人衆を始めとするリリーフ陣が揃って活躍。先発の尻拭いに奔走。

◯前半戦採点2017

<投手部門>

(MVP) ・ブレイク・パーカー(RHP) 95点 32歳、マイナー契約のジャーニーマン。シモンズと同じく、彼の投手MVPに異論のある人は少ないと思います。フロントがパーカーを早い段階で抑えに抜擢していればオールスター出場もあり得ました。去年まではパッとしない成績だったようですが、今年はスプリットで三振を奪いまくり奪三振率は12.68。制球もよくリリーバーですがエンジェルスがここまで踏ん張った要因の一人。実際には抑えでもセットアッパーでもなく5〜6イニング目の先発投手の残したランナーの火消し役という縁の下の力持ち。

・バド・ノリス(RHP) 94点 MVP候補でしたがパーカーの投球内容の方がいいので僅差で2位。長らく先発としてやってきたマイナー契約組のべテランが、ベドの代わりにクローザーに大抜擢。その後たまに危なっかしいところもあるものの13セーブを挙げ一躍ブルペンのキーパーソンに。奪三振率は11.64。ベドロージャンとストリートが帰ってきても守護神を任される監督の信頼度だった。

・ユスメイロ・ペティット(RHP) 88点 ロングリリーバーをやりながらリリーフ陣ダントツの50・2イニングを投げ防御率2.84と、勝ちパターンでも負けパターンでもチームに勝利の可能性を残すピッチング。マイナー契約の年俸でお疲れ様ですと言いたいくらい投げてくれている。

・デビッド・ヘルナンデス(RHP) 88点 加入直前までブレーブスのマイナーで投げていたとは思えない投球で強力リリーフ陣の一人としてセットアッパーに。ベドロージャン、ストリートの穴はノリスとヘルナンデスが完全に埋めていたと言っても過言ではない。

・カム・ベドロージャン(RHP) 80点 ケガで離脱していたが、投げればやはり圧倒的なピッチングができる若き守護神。16イニングで防御率1.67で、内容もいい。昨年と今年はストレートでカウントを稼げば制球良くゾーンから外れる高速スライダーで大体三振を取れる。離脱のためこの点数。

・パーカー・ブリッドウェル(RHP) 78点 今季エンジェルスではメジャー初昇格の25歳。昨年オリオールズからキャッシュで移籍していたルーキーが先発のチャンスを掴み3勝&防御率3.24。三振が奪えなかったり、被打率も高いため出来過ぎな感はあるが、それをいうなら他の不甲斐ない先発はどう説明するんだということになるので、ルーキー点も加えてのポイント。

・アレックス・メイヤー(RHP) 70点 ブリッドウェルと同じく古巣のツインズから三行半をつきつけられたルーキー。制球&テンポが悪すぎるのと神経質な性格は改善の余地大いにアリだが、先発で奪三振率10.14と、投げる球は確かに1級品。97マイルのストレートとナックルカーブのコンビネーションでほとんどやり過ごそうとする。集中力が切れて一気に崩れるパターンも多いが、ベドロージャンのように制球が落ち着けば化ける可能性もあるかも。

・ケイナン・ミドルトン(RHP) 68点 今季初昇格の生え抜き豪腕リリーバー。速球は3桁に達することもあるがフライボールピッチャー。防御率4.00は他のリリーバーに比べれば見劣りするが三振を奪えるのは魅力で、速球派が好きなソーシア監督好みと思われる。実際セットアップで使われることもしばしば。今後力をつけていって欲しいルーキーの一人。

・JC ラミレス(RHP) 66点 本人の背番号と同じ点数。リリーバーから初めて先発に転向して以降、先発陣ではトップの8勝を挙げ、防御率も規定投球回を投げた投手では一番マシだが、それでも4.46ERAはさすがに物足りない。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

前半戦採点2017(1)野手部門【Halos In Another Sky】

2017レンジャーズの前半戦通信簿【日本在住レンジャーの雑記】

前半戦総括【Go! Jays! Go!】

ブロガープロフィール

profile-iconbluejoe

メジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスを応援しています。好きな選手はジェレッド・ウィーバー(移籍)、マイク・トラウト、アンドレトン・シモンズ、コール・カルフーン。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:1117903

(09月18日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョシュ・ハミルトン入団!メジャー最強トリオ結成に高い代償はつきもの。
  2. 2014MLBパワーランキング前半戦Ver.
  3. サンタナトレード。ハンター移籍。エンゼルスがダンに「DANDAN心魅かれてく」ことはもうないのか?
  4. デヘスース、マーフィー、ビクトリーノと外野3選手を獲得、フリースDLで3Bにギレスピ補強。
  5. 2012最新MLBパワーランキング。エンゼルスは4位。
  6. 2014年に躍進しそうな若手ランキングTOP10
  7. 迫るトレードデッドライン。トレード候補の左の外野手について検証。
  8. バーノン・ウェルズとジョン・ラッキー。世紀の不良債権トレードは成立するか?
  9. ブラントン放出。どうなる今年の開幕ローテ&ロースター
  10. 2012選手総評(投手編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
03
2015
08
07
06
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
09
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月18日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss