Halos In Another Sky

前半戦採点2017(1)野手部門

このエントリーをはてなブックマークに追加

オールスターもかなり接戦でのAL勝利だったようですね。トラウト欠場によりエンジェルスの選手が一人も出ないこともあり残念でしたが、締まった試合で何よりです。

今回はエンジェルスの前半戦の採点です。以前の記事、LAA期待以上の選手、期待はずれの選手雑感(1)LAA期待以上の選手、期待はずれの選手雑感(2)と少し被りますが、今回はこの前回より多くの選手の通知簿を作れればと思っています。

前半成績は45勝47敗。トラウトなしで19勝20敗という結果でした。昨年TJ手術に踏み切ったヒーニー、トロピアーノは今シーズンアウト、更に開幕先発で入っていたリチャーズ、スキャッグス、シューメイカー、抑えのベドロージャンが途中離脱で開幕ロースター25人中12人がDLするという状況でした。

先発はすぐ崩れ、不安定。規定投球回で一番ERAがいいのがJC Ramirez(4.46ERA)。打撃でも常時3番で出場しているプホルスを筆頭に凡打、残塁の多い試合がかなりあり、良かったのはスピードのある選手が盗塁を仕掛け得点圏にランナーを置いたこと(ただし返せず)。

絶体絶命の状況で去年(前半37勝52敗)の二の舞かと思いきや踏ん張ったのがリリーフ陣。塁にでたランナーのうちホームに返したのが23%のみで、これはメジャーリーグの救援で1位。シモンズを始めとする優秀な守備陣にも助けられ終盤の逃げ切りを可能にしてくれました。

これらを踏まえて、100点満点で投打のMVPとブービー賞も勝手に決定しようと思います。

◯前半戦採点2017。

<打者部門>

(MVP) ・アンドレトン・シモンズ(SS) 95点 打率.290もOPS.779も自己ベスト。まさかこんなに打つとは思わなかった人。HRは9本で、年間18本ペースも2013年の17本塁打に近い。最高の守備(Baseball Reference調べ。AL2位のDefensive WAR1.8, 1位はバクストンの1.9)でこれなら野手陣では余裕でMVP。 そしてもう一つ素晴らしいのはここまでリーグトップの90試合出場ということ。怪我の多いロースターでショートのポジションを好成績で守り抜くのはポイントが高い。後半もこの勢いを維持できるか。

・マイク・トラウト(OF) 85点 前半戦ケガなく出ていれば間違いなくほぼ100点満点なんだけれども、最後の39試合は親指の手術で欠場。ただそれを考慮に入れても開幕から47試合で16HR10盗塁、.337AVG/.461OBP/.742SLGの成績は他の追随を許さないほどにインパクトが強い。47試合での敬遠10回は未だに前半戦リーグトップ。後半戦1戦目より復帰予定。

・マーティン・マルドナド(C) 80点 守備的捕手の触れ込みを覆しOPS.725に9HR。フレーミングがうまく盗塁阻止率は41%と高水準(MLB4位)で同じく守備的捕手カルロス・ペレスのお株を奪った。Defensive WARはAL10位の1.0。

・キャメロン・メイビン(OF) 78点 シモンズの次に走攻守で貢献できている選手ということで。ただ開幕直後と前半終了間際は調子を落としたこと、一度DL入りしたことでこの点数。 途中1番に抜擢されてからのラッシュはすごかった。AL1位の25盗塁。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
ベン・リビア
キャメロン・メイビン
マーティン・マルドナド
ルイス・バルブエナ
ユネル・エスコバー
アルバート・プホルス
マイク・トラウト
アンドレトン・シモンズ
LAA
MLB
エンジェルス

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

2017レンジャーズの前半戦通信簿【日本在住レンジャーの雑記】

前半戦総括【Go! Jays! Go!】

急募。条件:マイク・トラウト【Halos In Another Sky】

ブロガープロフィール

profile-iconbluejoe

メジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスを応援しています。好きな選手はジェレッド・ウィーバー(移籍)、マイク・トラウト、アンドレトン・シモンズ、コール・カルフーン。
  • 昨日のページビュー:149
  • 累計のページビュー:1117903

(09月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョシュ・ハミルトン入団!メジャー最強トリオ結成に高い代償はつきもの。
  2. 2014MLBパワーランキング前半戦Ver.
  3. サンタナトレード。ハンター移籍。エンゼルスがダンに「DANDAN心魅かれてく」ことはもうないのか?
  4. デヘスース、マーフィー、ビクトリーノと外野3選手を獲得、フリースDLで3Bにギレスピ補強。
  5. 2012最新MLBパワーランキング。エンゼルスは4位。
  6. 2014年に躍進しそうな若手ランキングTOP10
  7. 迫るトレードデッドライン。トレード候補の左の外野手について検証。
  8. バーノン・ウェルズとジョン・ラッキー。世紀の不良債権トレードは成立するか?
  9. ブラントン放出。どうなる今年の開幕ローテ&ロースター
  10. 2012選手総評(投手編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
03
2015
08
07
06
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
09
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss