Halos In Another Sky

エンジェルスオーナーにまつわるスキャンダルを振り返る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のエントリーで、細々やってきたスポーツナビ・エンジェルスブログの閲覧回数が100万ビューを超えました。読んでいただいた方、ありがとうございます。 閲覧回数で何かが変わるわけではないかもしれませんが、やはり節目の数字でここまではせめてやってみたいという思いもありました。

応援していただいたり、いいねを押していただいたMLBファンの方、また特にエンジェルスファンの方との交流がとても励みになりました。この場を借りてお礼を言わせてください。

今回は、カリフォルニアに在住のエンジェルスファンであるLuv Angelsさんとお話させていただいた時に教えていただいた記事や、Luv Angelsさんが現地で見聞きした情報などを紹介して行きたいと思います。最近は特にエンジェルスのオーナーであるモレノ氏について色々雑談をしていました。

Luv Angelsさんは在米28年、筋金入りのエンジェルスファンで、日本人ですが現在はカリフォルニアでご結婚されて永住権を得ていらっしゃいます。元関西人なので毎回LAAの愚痴を観戦しながら言い合う時は「何でそないなるねん!」などバリバリの関西弁でツッコミ面白く談義をさせていただいています。

またPodcastと呼ばれるインターネットラジオ番組で「海外で活躍する日本人」をゲストに呼んで、対談をする” Ichiban Talk”をやっていらっしゃいます。私も何度か出演させていただいて、他にもヨーロッパからアフリカ、北アメリカなどの多くの国で自分の道を切り開いた方を紹介していますので、興味のある方はぜひ遊びに行っていただければと思います。(例えば海外のワーキングホリデーでの活動や永住に興味がある方は、特に参考になる番組だと思います。)

◯モレノオーナーという男

2021。

この数字は何の年かわかりますか?

案外すぐ先と思う方もいれば、まだまだ遠い年だという方もいるかもしれません。

正解はアルバート・プホルスの10年2億4000万ドル・アルバトロス契約の最終年(2011〜2021)です。

MLB史でもなかなかお目にかかれないこの超長期契約は2004年から球団のオーナーに就任したアルトゥーロ・モレノ氏の強い希望によるものだと報じられています。

この契約は果たしてエンジェルスにとってプラスとなったんでしょうか?ちなみに契約終了後は毎年1年1億円で10年間、球団の広報役となるという契約(!?)も含まれています。

モレノ氏は就任以降ファン層拡大に尽力し、2004年以降は観客動員4万人越え、またブラディミール・ゲレーロ、バートロ・コローンなど積極的なFA補強により2004年〜2009年までの間で5度の地区優勝を果たすなど黄金期を作り上げることにも貢献しました。その一方で近年はベテランの長期契約を後先返り見ずに断行するなど、功罪なかば。

ソーシア長期政権はマンネリ化している感は否めず、プホルスも40歳を目前にして現在OPS.700以下と苦しいシーズンを送っています。昨年までも長打は打てましたが今年は600号が話題になっただけで打ててません。

選手の層が厚ければ勝てる。マイナーが充実していれば戦力は維持できる。

それは確かですが、選手も人間の集団であり、チームプレーを行う上では支柱となるリーダー的存在が必要となります。超長期契約で失敗している典型例であるエンジェルスのプホルス加入前後の流れを、これからのエンジェルスを占う意味でも振り返って見ようと思います。

4ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:
カルフーン
LAA
トラウト
ウィーバー
モレノ
プホルス
エンジェルス
MLB
ハミルトン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

Royals Duffy復帰戦で”King"をKO!首位←1.5差!WC1も同差!Moustakas連日弾24号!ASG Final Voteで現1位!【「KC」だよ!「カンザス」ではない!】

シャーザーがデビッド・コーンに並ぶ【MLB記録navi】

15歳で94マイルを投げたブラジルの剛腕エリック・パルディーニョがブルージェイズと契約【世界の野球】

ブロガープロフィール

profile-iconbluejoe

メジャーリーグのロサンゼルス・エンジェルスを応援しています。好きな選手はジェレッド・ウィーバー(移籍)、マイク・トラウト、アンドレトン・シモンズ、コール・カルフーン。
  • 昨日のページビュー:44
  • 累計のページビュー:1121915

(11月19日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. ジョシュ・ハミルトン入団!メジャー最強トリオ結成に高い代償はつきもの。
  2. 2014MLBパワーランキング前半戦Ver.
  3. サンタナトレード。ハンター移籍。エンゼルスがダンに「DANDAN心魅かれてく」ことはもうないのか?
  4. デヘスース、マーフィー、ビクトリーノと外野3選手を獲得、フリースDLで3Bにギレスピ補強。
  5. 2012最新MLBパワーランキング。エンゼルスは4位。
  6. 2014年に躍進しそうな若手ランキングTOP10
  7. 迫るトレードデッドライン。トレード候補の左の外野手について検証。
  8. バーノン・ウェルズとジョン・ラッキー。世紀の不良債権トレードは成立するか?
  9. ブラントン放出。どうなる今年の開幕ローテ&ロースター
  10. 2012選手総評(投手編)

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
2016
03
2015
08
07
06
2014
12
09
08
07
06
05
04
03
01
2013
12
11
09
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
カテゴリー

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss