白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2014年10月

【白鳥城の騒霊】香川には心のリハビリが必要ではないか ~香川真司・代表ひとやすみ論~

香川真司をどうしましょうか・・。 って、騒霊がなにかいえる立場ではないんですけど・・・。 ジャマイカ戦はご存知のとおり、脳震盪もあり芳しい出来ではありませんでした。 そもそも脳震盪がアクシデントが仮になかったとして、満足の結果が出せたかというとやはり首を傾げてしまうパフォーマンスでした。 アギーレジャパン3試合目のテーマは「引き出しを増やす」です。 引き出しとは「やれること」であり、「チーム戦術......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】新しい酒は新しい杯で飲みたいです ~日本vsジャマイカ戦~

ゴートクの新潟凱旋でした。 朝起きてさくさくと新聞やスポナビブログ・さっかりんを覗いてゴートクの評価を確認。 ネットを読むとのゴートクの評価は低いですね~。まあしょうがないか。いつものことだし><; まあこれは「僕の顔が内田なら…」に近い理由があると思いますけどね。確かにいくつかパスミスをしましたし、本田へのパスは狙いどころがちがうとか、騒霊に言わせてもらえば「木を見て森を見ずです」よ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】本田圭佑というカリスマ性 ~器量が問われる瞬間~

本田、強奪FK弾!同僚メネズと口論「彼がカカなら譲ったかも」 本田は強烈に主張した。後半33分のFK。味方6人が詰め寄り、MFメネズと口論しても決して譲らなかった。「彼も蹴りたそうだったけど譲るところではなかったんでね。彼が(元ブラジル代表の)カカなら譲っていたかもしれませんけど」。奪って左足で放ったFKはDFの壁を4枚越えて右回転で急降下。GKの手をはじきゴールに収まった。(2014年10......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】インテンシティーと適正ポジションを語ってみた ~本田はアウトサイドハーフで香川はインサイドハーフ~

組織の将来を左右するのは人材の育成と配置である。今日の意思決定が将来実を結ぶか否かは人材の育成と配置にかかっている。 難しい組織論の話をするつもりはないのですが、サッカーにおけるフォーメーションとはチーム(組織)をどう勝利させるかという監督哲学の一丁目一番地みたいな部分でもあります。 ザックジャパンは4-2-3-1でしたし、アギーレジャパンは4-3-3(4-1-2-3)です。 前回は本田は3トップ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Don't show the An Jung-geun flag ~安重根肖像画問題~

■はたしてスポーツと政治を切り離せることができるだろうか? 安重根の肖像画問題 再発防止を約束 仁川アジア大会組織委員会は1日、サッカー男子準々決勝の韓国‐日本戦(9月28日)で韓国の一部サポーターが初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した韓国の独立運動家、安重根の肖像が描かれた幕を会場に掲げた問題を受け、日本選手団に再発防止を約束したことを明らかにした。聯合ニュース(電子版)が報じた。日本オリン......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:393
  • 累計のページビュー:5071146

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss