白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2014年09月

【白鳥城の騒霊】惑いの3トップ ~イブとアトムと山本と~

正直いってアジア大会の武蔵の化けっぷりに驚き。こんなことできたのねという意外性たっぷりの武蔵です。 一言でいえば、新潟がずっと欲しかった柳沢敦がこんなにも身近にいたのかって感じですよ。 新潟のFW。これは新潟の全FWに言えますがヤンツー監督は「常に裏を狙う動き」を求めています。武蔵だけではなく川又にしても岡本にしても必ず言われてたことなので、武蔵がこの動きをすることにはとくに驚きはないのですが、......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】魅惑の3トップ ~武蔵と中島と野津田と~

正直いってアジア大会の武蔵の化けっぷりに驚き。こんなことできたのねという意外性たっぷりの武蔵です。 一言でいえば、新潟がずっと欲しかった柳沢敦がこんなにも身近にいたのかって感じですよ。 新潟のFW。これは新潟の全FWに言えますがヤンツー監督は「常に裏を狙う動き」を求めています。武蔵だけではなく川又にしても岡本にしても必ず言われてたことなので、武蔵がこの動きをすることにはとくに驚きはないのですが、......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】愛しのマルシオ・リシャルデス ~25節 新潟vs浦和戦~

騒霊はヤンツー信者なので広島に負けても浦和に負けてもへこたれません。 なぜこの時期に3バックに変更したかについても浦和戦後の記者会見で答えてくれていることがすべてなのだと思います。 Q:広島、浦和と戦術が似たチームに同じ3バックを採用したが、3バックは今後も続けていくのか。 「それはわからない。ただ、今日のスタートのフィールドプレーヤー10人が、現段階のベストのメンバーだと思っている。彼......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】カンブリア大爆発世代となれるか。期待度満点のリオ世代初陣 ~アジア大会 日本vsクエート~

なんか気がついたらセンターバックがゴロゴロ揃っていた、そんな印象です。 岩波(神戸) 西野(ガンバ) 植田(鹿島) 3人ともJでレギュラーを張ってる選手が並んでるし。これはすごい。 遠藤(湘南)をベンチで余らせるなんて贅沢すぎるし。笑 さらにいえば、ここにも呼ばれてないセンターバックにはハーフナーニッキとか酒井ゴーソンとかまだまだいるし。 そもそもですよ。Jリーグのセンターバックは24、5くらいの2......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】日本人選手には基本的な守備の個人戦術が身についていない ~コレクティブ・マンツーマン・ディフェンス~

「日本人選手には基本的な守備の個人戦術が身についていない」 今期FC東京の監督に就任したイタリア人指揮官マッシモ・フィッカデンティが来日早々に嘆いているらしい。です。 日本に根付かない「正しい」ゾーンディフェンス 今発売してるフットボール批評に「正しいゾーンディフェンス」の記事と「1対1、2対2の守り方」ということでイタリア人分析家がW杯コロンビア戦の失点シーンでどこがどう正しくなかった......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】高徳が右サイドバックの序列1位になったかもしれない試合 ~日本vsベネズエラ戦~

結果は引き分けでしたが、ベネズエラ戦はすごく良かったです。たしかにミスは散見されました。ミスはなくしてほしいです。けどウルグアイ戦と比べれば断然良かった。 選手たちがアギーレのやりたいサッカーを選手が形にしようというのが伝わりましたし、体現できていた。そこがこの試合の一番ポジティブなところ。 たぶんアギーレもそこそこ満足したんじゃないでしょうか。 特に後半のメンバーは今後のアギーレのベースにな......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】おもしろきこともなきサッカーをおもしろく、すみなすものはこころなりけり(高杉失策) ~日本vsウルグアイ戦~

つまんない試合でしたね。 スタメンを見た段階でこれはヤバイかも~と思ってた予想が見事当たってしました。 いの一番になぜと思ったところが中盤の三人です。とくに細貝と田中ですね。彼らはとくにボールを保持できる技術がずば抜けてるわけでもない。ファンタジックなわけでもない。こういう選手がここで使われるというところで、予想通り面白くないというか。そもそも真ん中にボールが入ってこない。外外ロングボールの繰り返し......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:636
  • 累計のページビュー:5024943

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss