白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2014年06月

【白鳥城の騒霊】新しい監督は新しい技術委員長の下で選ばれるべきでしょう。 ~二重の意味で罪深い、その権限~

原専務理事「速いサッカー間違いではない」 W杯ブラジル大会1次リーグで敗退した日本代表が25日(日本時間26日)にベースキャンプ地のイトゥで総括会見を行った。 強化担当技術委員長を兼ねる原博実専務理事は大仁邦弥会長、ザッケローニ監督と登壇し、次のようにコメントした。 「本当に皆さん期待にこたえられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。いろんなことを言うつもりはありません。ただ彼(ザッケローニ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】監督の問題だけではなく、選んだ技術委員長の責任も問われるべきだろう。 ~ザックジャパン終戦~

コロンビア戦。この試合は先制点がすべてでしたね。追いつくためにスクランブルになり前半で同点に追いつきましたが、さらなる追加点をとれるエネルギーが残ってなかった。相手の10番が途中出場してボールがコロンビアに落ち着いたところで勝負ありとなってしまった。そんな感じです。 ザックは今野と心中するつもりでしたから、ザック本人は悔いがないと思いますが、今野と心中だけは勘弁してくれと思ってた人たちにとって、やっ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

移籍市場が開きましたね。今年も早速、第一報が届きました。 柏レイソルからは田中順也です。移籍先はポルトガルのS・リスボン移籍。田中は26歳ですからある意味ラストチャンス。S・リスボンも移籍金50万ユーロ(約7000万円)を払って合意ですから、柏にとっても田中にとてもS・リスボンにとってもよかったですね。 これぞ三方良しでしょう。 ちなみに新潟も今週移籍が決定しました。 韓国代表でもあるキムジンス......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ACL日本勢全滅の原因を徹底議論するための基礎知識

旬をはずした話題ですが、ACLの話をします><; 今年は決勝TにC大阪、広島、川崎の3チームが進めました。ちなみに 2013年:1チーム(柏) 2012年:3チーム(名古屋、柏、東京) 2011年:4チーム(G大阪、C大阪、鹿島、名古屋) 2010年:2チーム(鹿島、G大阪) 数字の上ですが、決勝Tへ3チームですから例年並みですが、去年より持ち直しました。 ≪サッカー協会 AC......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】西村主審PK判定問題における審判の社会的責任の現代的課題

なんか西村さんの謎ジャッジで一気にワールドカップが始まったっていう気がしてきましたね(爆)。 宇多田ヒカルが思わずつぶやいた一言がニュースになるというのもこれもまたワールドカップというものなんでしょう。 周りのサッカーファンがみんな誤審だって騒いでたから鵜呑みにして失礼な冗談を書いてしまった 西村さんごめんなさいorz 案の定。いろいろなところでいろいろな人が誤審か誤審でないかをコメ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:376
  • 累計のページビュー:5025318

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss