白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2014年01月

【白鳥城の騒霊】無知と無関心が世界を作る ~足尾・オキナワ・フクシマ・秋春制~

NHKドラマ『足尾から来た女』は傑作でしたね。 骨太のドラマでした。ここ10年のドラマの中でもベスト10くらい入るドラマだった気がします。 舞台は足尾鉱山の鉱毒によって家族離散に追い込まれたサチという女性を通して日本とは何か、社会とは何か、生きるとは何かをテーマにしてつくられたドラマです。 前編 後編 足尾鉱毒を舞台にしてますが、あまり公害がどうしたとか難しいことは言っていませ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】宮崎駿メソッドで今年のアルビを語ってみた。。

宮崎駿の「続・風の帰る場所」読了。 おもしろかったですよ。氏のインタビューをまとめた本ですが、その7割は「風立ちぬ」のこと話されています。 でも実を言うと「風立ちぬ」よりも、おまけのように載った「未来少年コナン」について語った『演出家・宮崎駿の誕生』のインタビューのほうが断然面白かったですが><; 『演出家・宮崎駿の誕生』は85年のアニメージュ文庫「また会えたね」に載ってたインタビューで、......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】100軒の家のために1軒の家を殺すJリーグ ~野蛮人たちが語る秋春制推進論の是非~

NHKドラマ「足尾から来た女」が面白かったなぁ。 柄本明が演ずる田中正造のセリフがいい><。  1軒の家より100軒の家。  村より町。  町より都。  国はそう考えるってな。  それは違う。  100軒の家のために1軒の家を殺すのは野蛮国だ。  町のために村を潰すのも野蛮国だ。  サッちゃんなぜ 野蛮か分かるか?  都をつくったのは 町なんだ。  町をつくったのは 村......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】早くもJ3効果がやってきた ~若手タレントの田舎から田舎への移籍~

大分の松原健が加入。 昨日びっくりニュースが飛び込んできました。 松原は右のSBでU-21日本代表にも選ばれてる選手。 新潟には同じくU-21日本代表に選ばれポジションも被る川口尚紀がいますからね。 ライバルが同じチームというは全くないわけではないですけど・・。たとえばスピードスケートの加藤と長島は同じ日本電産サンキョーでトレーニングしてます。でもサッカーは個人競技でなくチーム競技で......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】そろそろ選手権は大会方式を変更する時期にきたと思う ~北陸同士の決勝戦~

ブログというのはネタはないときは全くないのですが、ある時はどうしようもないくらいある。今は後者。書きたいことはいっぱいあるけど全部書けないのは悔しいですねぇ><; 簡単に目次を作るとこんなところです。 ①騒霊も東京都民になりたい。一票を入れたい! ②大東チェアマン退任? 任期は3月までだが、2月下旬に新シーズン開幕前の公式行事を控えていることから「その前に代わることが望ましい」と述べ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】そして君はカモメになる ~祈る人の思いはどこにいくのだろう~

三門雄大よ。行っちゃうのか><。。。 三門は即レギュラーではなかったけど、それでも順調に出場を重ね、コツコツと経験と信用を積んできた選手なので、新潟を出ていくという彼の決断は残念。 でも彼はもともと新潟に地縁のない選手、ある意味ピュアにサッカーを突き詰めたいと入団してきた選手です。 加えて、大学卒の選手であるということ。 大卒選手は高卒選手と違って即戦力を期待されて入ってくるわけで、......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】中村俊輔という脱・魔術化時代の魔術師 ~天皇杯 マリノスvs広島戦~

中村俊輔、ここにあり。2014年元日の天皇杯はそんな試合でした。 みどころは中村俊輔ひきいる横浜と佐藤寿人ひきいる広島という構図です。 俊輔vs寿人。 キャッチフレーズをつければこんな感じでしょう。 広島も横浜もカリスマを中心にチームを作り上げています。 広島の特徴である3トップと両翼のウイング攻撃は佐藤寿人がいるからこそ完成してるし、 対する横浜も中村俊輔が中盤でボールを奪われない......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:376
  • 累計のページビュー:5025318

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss