白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2013年08月

【白鳥城の騒霊】これまで覚えたことを一度全部忘れなさい(by鈴鹿ひろ美) ~22節 新潟vs川崎戦~

得点数は川崎46点でリーグ1位。新潟は28点でリーグ12位。 失点数は川崎41点でリーグ16位。新潟は30点でリーグ8位。 つまり今の川崎はザックジャパンみたいな感じなんでしょうね。攻撃意識があまりにも高すぎて守備とのバランスが取れていない。 対して新潟。当初は失点が多くてこれまでの「堅守」のイメージがなかったんですが、現在の失点順位は8位。前後±3の中に5位~11位のチームの団子状態の8......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】桃源郷に棲むサッカー評論家はかく語りき ~日韓戦横断幕問題~

西部さん。懲りないなあ><; 今週のサカマガで再び日韓戦での横断幕問題を論じていましたね。冒頭だけ抜粋。 前回、日韓戦の横断幕等について書いていたところ、知人から意見をいただいた。 「韓国は安重根のようなテロリストの肖像画を掲げて挑発している。日本側が自重したところで、彼らの態度は変わらない。こういうときは徹底的にやり合ったほうがいい」。まとめるとこんな感じだった。 まず僕は日韓の歴史認......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】鉄板メンバーがミスを繰り返していては試合は勝てない ~キリンチャレンジ 日本vsウルグアイ~

2得点を喜ぶべきか。4失点を憂うべきか。そこが問題です><;  ワールドカップまであと1年。 新たなる引き出しを試せる試合数も限られているんです。 8月の暑い時期にとか。仙台での復興試合だからとか。 そんなことは関係ないし、選手も監督も思っていないはずです。 それなのにです。 立ち上がりからミスを繰り返す内田にはがっかりです。 この試合のテーマは、新たなる戦力がどのくらいで......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ポジティブ・リスト ~戦える日韓戦を作ろうというエイジーニョの主張に共感する。~

こんなニュースがありました。 旭日旗「使用問題なし」政府見解作成へ 前回前々回のエントリーで騒霊が主張していたことなので、これはこれで実現してくれるととても嬉しいですねえ。 今週のサカマガには日韓戦の歴史問題横断幕事件を取り上げたコラムがいくつかありました。 特に興味を持ったコラムが西部謙二さんと吉崎エイジーニョさんのコラムです。 ■西部さんのコラムは、 歴史認識横断幕......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。

歴史認識横断幕等のパフォーマンスは、やっぱり逆ギレ状態になっているようですね><; 韓国サッカー協会は先に日本のサポーターが「旭日旗」を振ったので、それに怒った韓国サポーターが問題の「歴史認識横断幕」を掲げたそうです。 先にやったのは日本だから日本が悪いという言い分だそうです。。(溜息) ■疑問:旭日旗は戦争犯罪を象徴する表象か? 前回ブログのコメントで多かったのは、スポーツに「......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:641
  • 累計のページビュー:5129046

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  6. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss