白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2013年06月

【白鳥城の騒霊】秋春制と施設整備という必要十分条件は成立するのか?

はたして12月(下旬まで)と2月(上旬から)にサッカーはできるのか? 2ステージ制にしても、秋春制にしても、ひとつの大きな疑問は「はたして降雪期に公式リーグ日程を組めるか?」ってところにありますよね。 まあ関東なら可能でしょうね。降ったとしても除雪でなんとかできるかもしれませんけど。 でも新潟は無理ですよね。 「『新潟は雪が降るからプロサッカーチームなんてできない』と言われたのを......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】この宿題は、はたして1年で解決できるのか ~コンフェデレーションズカップ メキシコvs日本~

メキシコ戦。2-1。日本の負け。 ガス欠になっちゃいましたね><; 序盤、良かったんで、もしかしていけるかなと思ってたんですが。。 鉄板イレブンのほとんどは欧州組。 最終予選があってこのコンフェデ3連戦だったので、どのくらいガソリンが持つかなとは思っていたんですが。。前半30分くらいできれちゃいましたね。。う~ん残念。 心配なのは長友です。 結局この3連戦。彼が機能しないと(......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】やっぱり組織でしょ。 ~コンフェデレーションズカップ イタリアvs日本~

4失点もすれば勝てないですよね。だってサッカーなんだもの。。。 ニュースを見ていたら藤田俊哉氏が「共通認識が足りないからだ」と指摘していました。 なるほどね。そのとおりだと思います。 サッカーは11人でやる集団のスポーツです。 11人がひとつの意識を持たない限り、どこかに隙が生まれウィークポイントとなり、相手にそこを突かれ、失点する。どんなにストロングポイントががんばって3点取っても4点......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】勝ち負けで評価してしまう危うい思考

「それを乗り越えたことが自信になっています」 大学までサッカーを続けていた私自身「理不尽さが時に精神の強さを宿らせる」と考える体罰容認論者だった。 高校の顧問が瞬間的に沸騰しては激しい言葉を投げつけ時に暴力を振るう人だった。到底楽しいとは思えなかったが、その後の3年間を「何かを頑張れる糧となった期間」ととらえた。 同期生が次々とやめていったのは、スポーツは楽しむもの、という原点からすれば当然の......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】本田の言葉、その光と影。

おもしろい。 本田圭佑の発言を違った角度で読み解いていて、なるほどと思うブログです。 ―本田が言う「自立した選手を目指せ」の意味は、1人でも局面を打開できる強さを言っているのだと思うが、11人全員がそうなったらあっという間に世界の強豪国だ。それが出来ないから苦労している。だからそれを組織でカバーしようとしている。「個」の力は持って生まれた才能とか、育った環境とかが大きく影響し、今日明日に......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】カリスマ誕生 ~W杯アジア最終予選 通過~

そして本田はカリスマになった。 試合が終わった翌日の新聞をも賑わせる本田圭佑。 「公開説教」と意地悪なタイトルは、それををつけられる選手になったという意味でマスコミ的にも一般的にもそういう存在になったとういう証でもありましょう。 歴代のカリスマといえば中田英が思い出されます。 カズやラモスもそうでしょうが、欧州のトップリーグという実績を織り込んだ上で考えると騒霊は中田英に肩を並べるカ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:1003
  • 累計のページビュー:5128406

(11月22日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  6. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月22日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss