白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2013年05月

【白鳥城の騒霊】秋春制は先送り。変わって議論は2ステージ制移行へ><;

秋春制の結論はまたペンディングですね。 結論は先送り…J秋春制導入は6月に結論予定   Jリーグは東京都文京区JFAハウスでJ1実行委員会を開いた。16年以降の秋春制導入について6月のJ1、J2実行委員会で結論を出すことを再確認。  当初は5月に結論を出す方針だったが、欧州で現在日本が採用している春秋制の導入の可能性が浮上していることを受けて、結論を先送りしている。 まあ当然ですよね。......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】合計5得点は、けっこう面白かったんではないかい? ~12節 新潟vs大分~

大分戦。2-3。新潟の負け。 土曜日は仕事でした。アルビが戦ってるときに騒霊も戦ってましたよ。エライぞ騒霊><。 で録画を見た感想。 負けはいただけないですが、結構試合的には面白かった気がします。 後半35分まで1-1の同点で、のこり10分とアディショナルタイムで3点が入る展開は負けたとはいえモノは考えようでしょう。 90分間で両チームあわせて5得点が入る。 サッカーは得......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Jリーグにおける、ビジネスと民主主義 ~秋春制議論はなぜ迷走するのか?②~

先日、ジュビロで監督解任劇がありました。 それについて新潟サポである騒霊はとくにコメントする立場ではないのでコメントは控えますが、その新聞記事の中でジュビロのGMが興味深い言葉を残していました。 服部GMは「クラブはサポーターのためにある。この決断がメッセージになれば」と述べ、「ピンチをチャンスに変えたい」と強調。(静岡新聞) 騒霊が、へえ・・と思ったのはジュビロのGMが「クラブはサ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】合意形成に欠かせないものは順番です。 ~秋春制議論はなぜ迷走するのか?①~

今、行われている協会主導の秋春制議論において、基本的に間違っていると思うのは「サッカーは冬にするスポーツでしょう」とか「欧州トップリーグでやってる秋春制に合わせるべきでしょう」という観念論が横行してることですね。 もちろん秋春制にすれば、選手の移籍が便利になるかもしれませんが、でもそれはあくまで副次的なメリットとしてなので、そこに注目しすぎるのは現実から遊離してしまいかねず、ある意味危険でしょ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】春秋制ならば雪対策の必要性はありません。 少なくとも新潟では(キッパリ!)

寒いですね.。 もう5月なのにですよ。 北海道では雪の降ったところもあったとか。。 2週間くらい前の4月の日曜の新潟も寒かった。短い時間ですが雪になりましたからね。 あの時、実家の姉は隣町まで峠をこえて遠距離通勤をしてるのでスタッドレスを変えようかどうしようかと悩んでましたよ。(この時期までタイヤ交換していないというのも結構ツワモノですが・・) どっちにしても今年の寒さは異常ですね。 も......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:4534
  • 累計のページビュー:5124897

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss