白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2012年10月

【白鳥城の騒霊】本当に秋春制はマインドの問題なのであろうか?

23日の朝日新聞で「秋春制」のJリーグ案が記事にされています。  興味がある人は図書館にでも行ってバックナンバーを読んでみたらよいと思います。 騒霊はこの案について特にコメントすることはありません。 だって、枝葉の議論ですもん。 ウインターブレークを取ってるから秋春制できるでしょ?、っていわれても、そもそもそういう瑣末なところから議論しちゃいけないんですよ。 困ったな~。。 ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】鬼武前チェアマン、秋春制を語る。

鬼武前チェアマンの秋春制についてインタビューを見つけました。 やっぱり鬼武さんは秋春制反対派だったんですね~ (苦笑)。 チェアマン時代、あんまりはっきりしたことを言ってくれないのでちょっと穿っていたんですけど。。 今回のインタビューで言ってることは、しごく妥当であると思います。 なにより 「Jリーグを100クラブまで拡大する」といってくれたのは、うれしいですね。 経済でも自然......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~

ブラジル戦。4-0。4失点のいうのもいただけませんが無得点というの何だかなって感じです。 早い時間で先制されたのが痛かったですよね。 ミドルシュートでやられたのも日本らしい。 個。個。個。 やっぱり個でした。 日本も海外組が増えて個のスキルが上がったとはいえ、個はまだまだです。 研ぎ澄まされた感っていうのを感じません。 遠征前にザックは「タフな試合がしたい」と言ってましたけど、日本代表......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】秋春制は見送りだけど、ステージは上がったかも。。。

とりあえず秋春制は見送りになったらしい。 ただ報道を読むかぎり、前のめり感がいっぱいだ。 <Jリーグ「秋春制」移行は見送り 理事会、討議は継続>   Jリーグは16日、東京都内で理事会を開き、日本サッカー協会から提案を受けたシーズン制移行を見送ることを承認した。ただ、将来的な移行を見据えて日本協会の担当者も加えた戦略検討会議を設置し、継続的に討議する。  Jリーグは5月に、代表選手の休養......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~

この試合の意味は日本代表の現在位置の確認である。 欧州というアウェーでの試合。 つまりフェアな試合であるということ。 日本の選手にとってもフランスの選手にとっても、というところがポイントだ。 海外組が大半を占める日本代表にとっては欧州で試合をするということが、その良し悪しは別にして、意味正統な評価を得られる試合ということになるのだろう。。。 ただ残念だったのは、主力の怪我による離脱......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ノーベル賞と秋春制

山中教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます。 言い尽くされてますが偉業です。 それも科学医学や産業界だけでなく、思想にも大きな影響を与える偉業であると思います。 もともと人間は社会的動物。環境によって人間は作られる。といわれていました。でもそれは人間と人間の比較や文化と文化の比較から証明されてきたもので、イデオロギーの範疇ともいえるのもだったと思います。 でも教授の発見したiP......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】他力本願の秋春制でなく自力本願のタフなJリーグを。。。

それが良いか悪いかは別にして 強くなりたければ徹底した競争原理を持ち込むこと、です。 グローバルで活躍する企業を読み解くと、中でも外でも競争原理が存在し、生き馬の馬の目を抜く戦いが行われている(戦いという表現が適切かはよくわからないが。。)のです。 欧米は、突き詰めると、徹底的な個人主義社会がベースにあり、行き過ぎともいえる自由社会が、その競争原理の大いなるモチベーションなのでしょう。......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】勝つことと成長することは等価値ではない ~28節 新潟vs神戸~

神戸戦。0-0。スコアレスドロー。 大一番。直接の残留のライバルに一擲を加えるチャンスだったのに、取り逃がしてしまった、そんな感じです。 神戸もこの試合に賭けてたようですから、やっぱりこういう展開なのもある意味妥当なのかもしれません。順位的には新潟のほうが下なのですから、絶対勝てるとか思うほうが逆に変ですから。  まあ、負けなかったから良し、と考えましょう。。 細かく見れば「ミス」が新潟......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】試合は最良のウソ発見器 ~ザックの諦観~

ザックは予想以上に面倒くさい指導者のようだ。。。 それは、イタリア人監督の特性なのか、ザック個人の資質なのか、よくわからないが、彼のダークサイドはオシムに匹敵するくらい深くて暗くて冷たい、そんな感じだ><。。。 サッカーキングの記事にあったザックのコメント。 「4試合を残すワールドカップ最終予選で最終節に試合がないのは日本だけなので、1試合でも早く本大会出場を決めたいと思っています......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ドラえもんに何かを期待するのは間違っている。ドラえもんがあなたに期待しているのだ。

ハンナ・アーレントは無事読み終わりました。。。 こんど読んでいるのはフランクルです。 『フランクルに学ぶ』(斉藤啓一) 手始めに入門書を読んでいます。 この本でなるほどと思った格言。 「人生に何かを期待するのは間違っている。  人生があなたに期待しているのだ」 フランクルはユダヤ人で第二次大戦中収容所に囚われ奇跡的に生き残った人です。 彼はいくつかの格言を残し......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Jクラブが自死する権利 ~クラブライセンス制度に思う~

クラブライセンス制度が始まる。 条件付きもあるもののすべての既存クラブに公布されるらしく、まずは目出度いといったところだろうか。 メディアは全般的にネガティブな報道をしているが、騒霊は結構ポジティブにこの制度を評価してる。 といってもほんとに細かいところまで理解できてるわけではないので、あくまでもアクティアルな感想であるけれど、正しいことだと理解している。 なぜかをたどると、やっ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:393
  • 累計のページビュー:5071146

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss