白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2012年06月

【白鳥城の騒霊】ヤンツーという選択

まだ断定するのはまだ早いという新潟ファンの方もいらっしゃると思うが 騒霊は柳下監督就任の選択は正しかったと思う。 黒崎監督の後任探しは選択肢が限られていた。 そのまま上野コーチの横滑りか?という報道もあったが、騒霊はそれだけは勘弁してほしいと思っていた。 なぜならば、黒崎監督が一番不安視されてた部分が「経験」だったからだ。 前任鈴木淳体制時にコーチをしてて、一応監督の帝王学を学んだとさ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】アルビ・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

Jリーグ再開。相手は清水。天気は曇り。北の風あり。これが程よい体感を感じさせる。 柳下新監督の初采配でもある。J1での新潟として4人目の監督となる。 バックスタンドの席も埋まり始めた。否が応でも期待がもり上がる。 そして試合が始まる。 しかし試合にうまく入れない。新潟の守備がのっけから崩壊する。額に縦の斜線が入る。 たぶん清水ゴビト監督の作戦か?新潟の左SBの守備が脆いと分析したのだろ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】すべては米本次第になるのかも

ロンドンの予備メン35人が発表されました。 新潟関連の選手はCB鈴木大輔とSB酒井高徳が順当に選ばれました。 大輔は当然として高徳が選ばれたのはやっぱりうれしいです。 そもそも関塚さんのサッカーと高徳のサッカーは相性が悪いかなとも思っていたので><。 もっともオーバーエイジに徳永が選ばれているんでレギュラー確約ではなさそうですが、でもこればかりは仕方ないですね。選手選考は監督の専権事項で......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】秋春制そもそも論

秋春制の話。 20年前。そもそもJリーグが始まる前のJSLは春秋制でした。 当時はサッカーはマイナースポーツだったんですよね。(しみじみ) でJリーグをはじめようとしたとき、どういうリーグを作れば日本サッカーが強くなるかを考えた結果、たどり着いたのが富士山理論なんだと思います。 日本のサッカーのトップを上げるには、富士山の頂点を高くするには。 やっぱり底辺が広くなること、裾野が広くなる......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:376
  • 累計のページビュー:5025318

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss