白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2011年09月

【白鳥城の騒霊】石垣島の女の子からアルビが学ぶこと

9月23日、石垣島でシュノーケリングをしてた女の子4人が離岸流で沖に流され夕方から朝にかけて16時間漂流してたらしい。 《石垣16時間漂流 女性4人を救助》 23日午前、沖縄県の石垣島の沖合で、女性4人が発泡スチロールにつかまるなどして助けを求めているのが見つかり、消防に救助されました。4人は22日、シュノーケリングをしていて、沖に向かって潮が速く流れる離岸流に巻き込まれ、およそ16時間漂流し......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2次予選でのベンチ外という屈辱 〜ロンドン五輪アジア最終予選(男子) 日本vsマレーシア〜

マレーシア戦。2−0。日本の勝ち。 いろいろな評価を読んでみると皆さん厳し目ですね。 まあ確かに決定率低かったし後半スタミナが切れちゃったからね。仕方がないかな。 衆目の一致するところはやっぱり課題はボランチ。 山村と扇原。扇原は初スタメンだからそれなりによくやったという印象だけど 山村だよね。まああんなもんなのかな。 テレビの解説では「ここに遠藤がいたら」という表現を使ってたけど そ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】新潟のサッカーとは・・・

なるほどね。新潟の問題点はなにか。 澤村先生の説明はやっぱり分りやすいね。 オレンジウェーブ 2011.09.20 ポイントは攻撃陣。 ・ロペスとアンデルソンがキープできない。 ・1人で突破を選択してしまう。後ろの選手の上がりを促す時間が必要。 ・したがってミシェウがタメを作る役目になる,。 ・ヨンチョルにはサイドからの突破、起動力を期待している。 ・ヨンチョルを活かすには......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】フルコートプレスで90分走りきれると思っていたのだろうか 〜25節 新潟vs鹿島〜

なんていうか 今年の新潟のベストメンバー語るのはホント難しいよ><。 昨日のメンバー。 …アンデルソン……ブルーノ… 高徳………………亜土夢 ………勲…慶行……… 石川…菊地…大輔…村上 …………小澤………… スタメンは前節と変わったのはFWミシェウがアンデルソンに、左SHヨンチョルがゴートクに、GK東口が小澤。3人が入れ替え。 ちょっと意外だったのが不動だったヨン......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】泥臭いサッカーとポゼッションサッカーは両立するのか 〜ロンドン五輪アジア最終予選(女子) 北朝鮮vs日本〜

なでしこvs北朝鮮戦。1−1。ドロー。 またもや難しい試合になっちゃったね>< 内容的にはほぼ完敗。 日本のやりたいサッカーをやられた。 今大会コンデション調整に失敗した日本。 走れない日本。運動量が命のパスサッカーをする日本が運動量がなくちゃこうなるのも必然だったかもね。 北朝鮮がここまで繋いでくるサッカーもできるとは。。 はたして佐々木監督は想定してたのか。ユース時代から戦ってるか......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】理不尽なTwitter 〜祝なでしこジャパンロンドン五輪出場決定〜

なでしこロンドン五輪出場決定おめでとう! 星勘定を見て出場は99,9999%間違いないと思っていたけど、早く決まって嬉しい。 残念ながら北朝鮮戦はドローでちょっと悶々としたけど。満員の中国戦で五輪出場を決めるのも悪くなかいって思い直したし、こういう試合がない時に五輪通過が決定するというのもこれも最終予選の面白いところだもの。 消化試合という余裕の中で中国と対戦するのも悪くはない。 中国には今......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】はたして内田篤人は3−4−3に生き残れるのだろうか 〜W杯アジア3次予選(男子) ウズベキスタンvs日本〜

アジアカップを見てればウズベクは簡単じゃないチームと言うは理解してたけど やっぱり難しい試合になってしまった。 このチーム(ウズベク)のストロングはやっぱり攻撃力。 ドリブル、ドリブル、ドリブルで日本の中盤はきりきり舞いしてた。 その根幹は運動量にあるんだよね。 アジアカップの時に作った資料。(ちょっと見にくいけど><) これは一試合のスプリント率6%以上の選手をチョイスした......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】オーストラリアはW杯で燃え尽きていた 〜ロンドン五輪アジア最終予選(女子) 日本vsオーストラリア〜

心配してたスタミナ切れはなかった。 オーストラリアは韓国みたいに澤や阪口にガチプレスでくるんかなと思ってたけど、はじめだけだったね。 前半15分くらいでアレレって感じで攻めてこなくなった。 何があったのって感じ。 オーストラリアもW杯出たのにね。なんからしくない。 これがチャンピオンになったチームとそうでないチームの差なんだろう。 それでも男子だったらもうちょっと違うでしょ。 やっぱり......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】われわれがやらなければいけないポゼッションを相手にやられた 〜ロンドン五輪アジア最終予選(女子) 韓国vs日本〜

難しい試合になってしまったなー 韓国戦。2−1。ヒヤヒヤの勝ち。 勝ったことは喜ぶべきことなのだが日本の弱点をさらけ出した試合になったのは頂けない。 気になったのはやっぱり守備。 失点につながった熊谷のずっこけも問題なのだけど、むしろその後が気になる。冷静さがみえない。パスのつなぎも渡した後、ポジションの動き直しを怠ったり、なによりCBとボランチの間に抜け目なくポジションしてる韓国の選手......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】清武の役目はなでしこでいえば宮間になること 〜W杯アジア3次予選(男子) 日本vs北朝鮮〜

ブラジルW杯3次予選がついに始まりました。 日本の対戦するグループCにはウズベキスタン、タジキスタン、北朝鮮がいて 上位2チームが最終予選に通過します。 なんで侮れないウズベクや北がいるとはいえ、今の日本ならまあ何とか行けるだろうと。。。 油断油断油断。 油断してたとはけして思いませんが やっぱり最初っからエンジン全開とはいかないようです。 今日の相手、北朝鮮。 予想通り難し......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】魔法使いミヤマーと汗かきボランチ上尾野辺 〜ロンドン五輪アジア最終予選(女子) 日本vsタイ〜

やっぱり宮間は凄いね。 後半、彼女一人入ってFWの川澄、永里の動きがガラリと変わったもんね。 これが経験の力ってやつかな。 彼女がボールを持つと攻撃のスイッチが入る。信じてるんだろうね宮間を。 あの川澄、永里の小気味よい動き出し。あの前半はいったいなんだったんでしょう><; 後半宮間のいた左SHの位置。前半は上尾野辺だった。 上尾野辺は空回りしちゃった感じかな。 まあ中盤4人総取っ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:171
  • 累計のページビュー:5114962

(09月21日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  7. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  8. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月21日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss