白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2009年09月

なんでダヴィはウムサラルでACLに出場できるの?

世紀の大誤審があったというのでYouTubeでACL準決勝のウムサラル(カタール)vsFCソウル(韓国)1*を見た。 で、見たら確かに。明らかなゴールがゴールと認定されてない。酷いな中東の笛。。。。 せめてソウルは同点で終わらせたかったね。 でも次はホームだし。アウェーで2点取ったことは次に繋がるはず。たぶん。。。 中東か、、、。 それにしてもウムサラルだ。 マグノアウベスがいて......続きを読む»

ジウトン!伝説の6人抜きGOAL達成!

2009年9月26日。広島vs新潟戦。ビッグアーチ。 1−2で新潟の勝利。ヒヤヒヤですが快勝です。 6月のナビスコ。同じビッグアーチで新潟は広島と戦っていて5−1の大虐殺をされていましたから。 そんな広島を破るなんて凄いぞ。新潟。 もちろんこの日の広島は柏木とストヤノフが欠場という飛車角落ちで 彼らが出ていたらどうなってたかわかりませんけど。 まあそれでもサッカーの神様がちょっとだけ......続きを読む»

罰は仕方ないが、制裁金1000万円はやり過ぎ。

ベストメンバー規定違反の制裁は今回、広島が日本初だそうです。 なんでも一番は嬉しいものですが、この制裁はちょっといただけませんね。 だって、広島は事前にJリーグに相談してたって言うじゃないですか。 それだったら悪いのはJリーグの事務局のはず。 そもそも元をただせば、去年の11月あたりから 犬飼会長が突然「個人的には(ベストメンバー規定は)反対。各クラブの良識でやってほしい*」と発言した......続きを読む»

なぜ審判者 岡田正義は裁かれないのか

鹿島vs川崎戦は 残り16分から再開で決定した。 一応選択肢は三つあって 〈1〉再試合 〈2〉後半29分からの再開戦。 〈3〉試合成立 問題になってた『公平性』についても。どれを選んでもメリット・デメリットがあるわけで。結局説明の仕方次第でどうとでも言えてしまう。 例えば、 〈1〉再試合。⇨⇨⇨ 前例主義の観点から見れば一番正しい選択で、 〈2〉後半29分からの再開戦。⇨⇨⇨ ......続きを読む»

一部じゃなく全部。やっぱWIN BY ALLでしょ。

千葉は崖っぷち一歩手前で、新潟は8試合勝ち星なし。 正直痛いチームどうしの決戦だ。 新潟は中断期間に油地獄の玉突き移籍によってチームNo.1のストライカーを突然なくしてしまう。結果。戦術変更を迫られこの試合から4−2−2でチームをスクランブルで始動させることになる。当然まだまだチームは噛み合ずミスが多く決定的シーンが作れない。 それでもセットプレーから得点をとれたのは良かった。 松下......続きを読む»

そもそも彼らは何故、Jリーグで成長できないと思うのだ?

騒霊は漫画・ドラゴン桜が大好きだ。 あえて日本代表をドラゴン桜風にいう。 ある日、東大を目指していた特進クラスの生徒水野が、家庭の事情で特進クラスを辞めることになる。 諦めきれない生徒水野に向かって教師桜木はこういう。 特進クラスだけが東大への道じゃねえ! 山があればそこには100通りの道がある。と。。。。。 今、日本人選手は何かというと海外海外だ。 Jリーグは、外国人......続きを読む»

【岡田JAPANの諦観】この道しかないというのが見えてきた。

■オランダ・ガーナ戦総括。 総括はガーナ戦後。岡ちゃんがTV会見でいった言葉がすべて言い尽くしていたかなと思う。簡単にまとめるとこんな感じ。   《岡ちゃんインタビュー》 試合は 「得点を取るということ」 「上手く行かなかった時にメンタルとして崩れないこと」 この2点がテーマだった。その意味でも逆転の勝利で良かった。 (体感したかった)アフリカ勢の身体能力の脅威......続きを読む»

問題は守りの強化

結局、日本代表の問題は 左右のサイドバックに背の低い長友、守備が弱い内田篤の2枚を並べているからではないか。 岡田監督は 「攻撃陣の問題。ゴールを獲る意識が足りない。プレッシングやシンプルにボールを動かすのは、点を獲るための手段。一番大事な原点だ」(サンスポ) といったらしいが、 その前に根本の『守備の弱さ』を補強したい。 後藤さんもオランダ戦でそこを気にしてたみたいだ。......続きを読む»

【W杯招致と秋春制】すべては神のみぞ知る。

秋春制反対の人から「なんじゃこりゃ?」という素っ頓狂でツッコミどころ満載の犬飼会長の秋春制論だが、会長本人にとっては案外順調に進んでいるんじゃないの、と思わせるようなフシがある。 なぜ騒霊がそう思うかというと、秋春制のこれからのスケジュールを見ると分る。 スケジュール。今までの経緯とこれからの予定。 <秋春制関連> 08年07月 犬飼会長就任。鬼武チェアマン再任。 08年07月 犬......続きを読む»

《熱中症対策》と《浸水対策》と《落雷対策》を【秋春制】と一緒にしちゃダメだ。

お盆前頃、読売新聞の特ダネなのか誤報なのか知りませんが【春冬制】なる構想が報道されてました。   Jリーグに“夏休み”…「春冬制」構想が浮上 日本サッカー界の懸案となっているJリーグの開催シーズンをめぐり、日本サッカー協会の犬飼基昭会長が、持論とする秋春制(秋に開幕し春に閉幕)移行への暫定措置として、現在の春開幕を維持し、現状より約1か月半遅い1月下旬に終了する「春冬制」を導......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:96
  • 累計のページビュー:5115534

(09月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  7. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  8. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss