白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2008年06月

【水を運ぶ人】のいないバーレーン戦:「型」に嵌めた反動

オシムのサッカーは『考えて走る』がコンセプトだったから、羽生・山岸といった いわ ゆる『水を運ぶ人』たちがいて、彼らがある種ゲームの潤滑剤としても評価されてたし その意味もあった。勝負にもしもはないが、 もしあの試合に羽生がいたらどうだっただろう、と試合終了後ふと騒霊は思った。 先日の埼スタ・バーレーン戦。 スタッツデータがないので数字的説明は出来ないが、たぶん日本が圧倒的にボール......続きを読む»

武史岡田のすべらない試合

さすが岡ちゃんだ。岡ちゃんにはサッカーの神様がついてるね。タシケントの試合もそうだった。今回もそう。やっぱり代表監督には悪運も必要だ(笑)。 【ま〜きまきまき、ま〜きまきまき、ぐるっと回ってにゃんこの目】 先制の決勝点は試合終了間際の内田のヘディングからだった。 GKとDFの間に落ちたボール。そこに巻が飛び込んでくる。たぶんキーパーは巻が足を延ばしてボールに触ろうとすると直感的に判断したの......続きを読む»

【リスク】より【タスク】:これが岡ちゃんの生きる道

(PUFFY「これが私の生きる道」抜粋) ♪近ごろ私達は いい感じ 悪いわね ありがとね これからも よろしくね まだまだここからがいいところ 最後までみていてね くれぐれもじゃましないでね もぎたての果実の いいところ そういう事にしておけば これから先も イイ感じ♪ 現監督・岡ちゃんと前監督・オシム氏を比べること自体「無意味だ!」と思いつつ、2月のバーレーン戦で日本......続きを読む»

矢野貴章イタリア人説:新潟サポ目線で見るW杯3次予選 タイ戦

「ねえねえ、矢野貴章ってイタリア人ぽい名前だよね」 「そうか??」 「この前イタリア戦見てたらマルキシオって選手がいたんだよね」 「マルキシオって3回続けて言ってみて」 「マルキシオ、マルキシオ、ヤノキショー」 「おー、矢野貴章。イタリア人だ!!!」 そんなイタリア人ヤノキショーがピッチに入ったのは後半23分からでした。 当初 矢野は玉田との予定なのだが急遽足が吊ってた松井と交代。......続きを読む»

スワンの涙:オーバーエイジ大久保。外堀が埋まる?

昨日の試合は昨日の内にサクッて更新して就寝。 今朝新聞を見てみると 『OAは嘉人!大久保嘉人!』 って数紙が抜いてる。 ■反町監督決断!OA枠は遠藤&大久保(スポニチ) ■森本不発!反町監督“OA示唆”大久保招集へ…U−23国際親善試合(スポ報知) ■反町ジャパン、大久保&玉田招集も(デイリー) またまた〜〜とまったく取り合わない騒霊でしたが、先程ネットのニュースを見てみたら ......続きを読む»

戦いは続くよ、どこまでも:18人の選考はまだまだ混沌

【試合雑感】 親善試合とはいえ、こんなアフリカらしさを感じさせないアフリカのチームは記憶にない。 それくらい日本がカメルーンを圧倒してた今日の試合。 トゥーロンが良かったからそこそこやるだろうと思ってけど、予想外に良かった。 前半30分ぐらいまでは理想型に近いだろう。 集中力、判断力、闘争心、自発性。連動性。 どれをとってもアグレッシブで見てて楽しく良いサッカーだった。 ボールも動いて......続きを読む»

Jリーグ存亡の危機は止まらない:世間の常識と乖離した飲酒運転裁定

2006年8月の福岡県海の中道大橋飲酒運転事故を境に特に社会は飲酒運転について厳しい目をしている。一緒に飲んだ人も飲ませた店も罰せられる程厳しい。 もちろんJでも過去、飲酒運転事件があった。久保の酒気帯び+自損事故は謹慎だったし、札幌時代の新居は酒気帯び+人身事故で解雇だった。今回の鹿島の2人は事故ではないから謹慎という区切りかたもあったかもしれない。 でも久保は99年の話で新居は04年の話。0......続きを読む»

ため息をつくなら ほかでついてくれ:ナビ杯 新潟vs横浜マ戦

(中島みゆき「時刻表」より抜粋) ♪満員電車で汗をかいて肩をぶつけてるサラリーマン ため息をつくなら ほかでついてくれ 君の落としたため息なのか 僕がついたため息だったか 誰も電車の中 わからなくなるから ほんの短い停電のように 淋しさが伝染する♪ 【試合内容】 始めは新潟も3ラインがしっかりしてて良い入りだった。 次第に横浜ペースとくにローニ、大島、清水が入れ代わり......続きを読む»

日本のワールドカップ出場は義務

オマーンの前監督リバスが試合の数日前に解任されたのはある意味想定内だった。 日本ホームでのオマーン選手のパフォーマンスはコンデションや能力以前の気持ちの部分で「これで代表選手?」って感じだったから。 試合後の会見を読んでいても敗戦の弁が「主力の選手がでてなかったから」とどこか現実に触れまいとしてるような発言だったし。日本人感覚でいうと敗戦の弁は語らずが正しいやり方。どうも発言からして監督の器的に......続きを読む»

オシム爺は希代の人たらし

やっぱりオシム爺は希代の人たらしだな〜と思った。   イビチャ・オシム氏アドバイザー就任記者会見 たぶん昨日の会見に出た何人かのウブなジャーナリストはオシムの言葉にキャッキャ 言いながら原稿を起こしてたのではなかろうか。 オシムさんも思いっきりマスコミにサービスしてる。 そんな言葉がこれ。 『こんなにカメラマン、記者がいるのをみると荷が重い気もしてきました。というの......続きを読む»

Jリーグ存亡の危機:飲酒運転で見えたアセスメント能力の欠如と統治能力の欠如

浦和とガンバの騒動があまりに大き過ぎて騒霊的にスルーしてた話題が 鹿島アントラーズの若手選手の飲酒事件です。 事件のあらましは皆さん御存知でしょうがオフィシャルによると下記の通り。 ■経緯  5月18日午前4時ごろ、茨城県神栖市内での飲酒検問により、大道広幸の呼気中から「酒気帯び運転」に該当 するアルコール値が検知される。そこに船山祐二が同乗していた。同日出発のベトナム遠征に加わっ......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:117
  • 累計のページビュー:5115294

(09月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  7. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  8. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年09月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss