白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2008年05月

北京のエースは誰?:トゥーロン発〜北京行き

1年前の反町JAPANは「ピチピチ感がない」「どんなサッカーがしたいのかわからな い」とか言われ放題だったが、このトゥーロンでやっとチームの形が見えた。 オランダ、フランス、チリ、イタリア、コートジボアール。 本番の北京を見据えた経験と言う意味でも、この5カ国と試合ができたのは本当に大 きかった。 やっと世界と戦えるスタートラインに起てたといってもよかろう。 結果は別にしても、内容はどの......続きを読む»

ワニナレナニワ:場所を考えてやらないと、こっちも黙ってない

浦和vsガンバの事件。 越えてはならない一線を越えた場合、当然罰を受けるべきでそれは双方にとって同じ ルールの下で受けるべき。 モノを投げた人。暴言を言った人も一線を越えた人はしっかり罰を受けてほしいと 騒霊は思います。 で この騒動になった一つの原因が『ワニナレナニワ』らしい。 ガンバの選手が全員で輪になって、勝利の儀式で喜びのパフォーマンスをした。それ を見た浦和の選......続きを読む»

新潟の失敗:量より質といいながら編成に問(ry。

全然関係ないが『なぜ期待の若手選手はビッグクラブに移籍したがるか?』 ブラジルやアルゼンチンのあんな選手こんな選手はホントすぐスペインやイタリアの ビッグクラブに移籍してしまう。 もちろんお金という理由が一番大きいけど、 やっぱり選手だって移籍したい(はずだ)。 箔もつくし将来のためでもある。 もちろん期待の若手だからといって レギュラーが保証されてる訳ないのだから(むし ろ出れない)......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:393
  • 累計のページビュー:5071146

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss