白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2007年10月

クラシコを見てオリンピックを思う

今節30節の注目試合は0ー7という圧倒的な点差のFC東京vs川崎の『多摩川クラシコ』 だった。確かに川崎の調子はアゲアゲ↑↑だった。前節マイチームの新潟はロスタイムに 憲剛のミドルに沈められ4ー3の悔しい敗戦だったので、この強さは理解してる。 昨日の殊勲、ハットトリックを決めた鄭大世は自らを「進化論」に例えるほどの余裕ぷり。 『ダーウィンの進化論です。生き抜くのは、変化あるもの。プロになって......続きを読む»

エジ大人気です!!!!

今度は浦和レッズです。 アルビレックス新潟のブラジル人ストライカー エジミウソンを浦和レッズが来季 の補強リストにあげたらしい。 『浦和“ワシ後釜”エジミウソン獲り』 なんかこの記事によるとワシントンが好不調があるんで、今年で契約が切れる うちのエジミウソンに白羽の矢を立てたとか。 ちょっと前には、マリノスが狙ってるって報道され、変な外人サッカー評論家が ガンバにとれ!!!って言い......続きを読む»

終わってみれば冷や汗ものの勝利だったね、浦和レッズ

27節浦和vs新潟戦は我が新潟が負けてしまいましたけど、 ポンテのゴールは(浦和にとって)単純にラッキーな出来事だと思う。 いくら連戦疲れ、ピッチコンデションが最悪とはいえ、 後半新潟のプレスが緩くなった時間帯に サイドの山田、平川や決勝点の起点になった啓太らの クロスの精度は、、 君たち本当に代表、元代表、代表入りを噂される選手のプレーかと思わせる程、緩すぎ。 代表目線で見ると、......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:1200
  • 累計のページビュー:5070754

(07月25日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月25日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss