白鳥城の騒霊

月別アーカイブ :2007年09月

新人君たちのクラブ選び

最近の新潟の話題は、なんといっても三菱養和の木暮君の入団内定でしょうか。 どうやら浦和と新潟の競合の末、なんと浦和を蹴って(←ここ重要)新潟を選んだ らしい。 騒霊はあまり有望新人情報に疎く木暮君がどのくらい専門的に評価されてるのかも よく分かってないんですが、つまりそれくらい凄い子らしい。 で、新潟を選んだ理由は試合に出れるチャンスが大きいことが第一らしいです。 確かに浦和には......続きを読む»

日本が本当に強くなるためにはDFの強化なのだ!!!

ドタバタしていて話題にできませんでしたが3大陸トーナメントで評価された闘莉王と鈴木啓太に欧州のクラブからオファーがあるかも~~、ってネタに騒霊はスゲ~~ワクワクしましたよ。 なぜ?って 最近、海外移籍は大黒や梅崎のように目立った成功例がないこと、代表の評価が低かったため即戦力のオファー自体が少なくなっていたこと。なんか湿気た話が多かったじゃないですか。 まあオシム爺さんになってから国内組中......続きを読む»

結局あの「ゴホゴホ」発言はなんだったのだろう?

先日のカタール戦で、もうこのチームに柏木は欠かせない存在であるということが分かった。 この試合、柏木がいたことで今までこのチームの司令塔であった梶山も光っていたし、もちろん家長も光っていた。U-20世代のデカモリシや内田の活躍もあったので柏木1人がチームの覚醒役・触媒的存在もあったとは言いにくいがアウェーのサウジ戦でも途中交替ながら病み上がりと思われる柏木は起用され結果も出したし 騒霊的には柏木の......続きを読む»

説得力、、

先日のサウジ戦、騒霊は睡魔と戦いながらTV観戦。 結果は御存知の通りスコアレスドロー。まあ騒霊的にはアウェーだし最低限の仕事ができて「まあまあ、良かった」の感想でした。 でも翌日ネットでいろいろなブログを見てみると案外否定的なご意見が多いですよね。 まあ当たり前といえば当たり前か。暑さと湿度の所為で走れてなかったし相手に退場者もあった訳だからツッコミどころ満載だったからね。 まあ、、こう......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:4534
  • 累計のページビュー:5124897

(11月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss