白鳥城の騒霊

J3

【白鳥城の騒霊】J3にJ1のBチームはいらない。 ~今こそ必要なジェフリザーブスの検証~

「J1クラブのBチームも、将来的にはJ3に参加できたらいいと思う。参加するか否かは各クラブの自由意思とし、トップチームの控え選手や下部組織の選手でチームを構成する。」 スポニチコラムで戸塚さんはこのような一文を書かれていました。 たぶん彼のイメージはバルサBみたいな感じなのでしょう。 一般ブロガーでも同様な趣旨を発言している人をいくつか見かけたことがあるので彼らもそうなんだろうね。......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J3という最下層リーグ ~J3はJブランドで守ってやらなければいけない~

騒霊は、最近 橋上本にはまってます。 橋上秀樹。 侍ジャパンの戦略コーチにして現巨人軍コーチ。 いわずと知れた新潟アルビレックスBCの元監督。 今読んでるのは「一流になるヤツ、二流で終わるヤツ」(日文新書) 。 野球本ですけど、サッカーでもためになります。お勧め。 ■J3というネーミング 最近のサッカートピックは J3が正式に決定でしょうか。 来年開始。 名前も......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J3がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ! (後編)

歴史を振り返ると、大国や強国が衰退するとき、なぜが文化が爛熟するというのはよくある話です。 中国の南宋しかり、 帝国ロシアしかり、 ルネッサンス期のイタリアもしかりです。 いずれもその時期に、現在でも名だたる天才芸術家や文豪が活躍しました。 なぜ頽廃の時期に天才たちがぞくぞくと登場してきたのか、騒霊もよく知りません。。 ただ、今の日本はそんな時期にいる、ちょっとそんな印象を持ってるん......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J3がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ! (中編)

■リスクマネージメント Jリーグ創設から20年が経ちました。 でも理念である「地域密着」が進んでいるか定着しているかといえば、そうともいえない気がします。 もちろん、しているクラブは確かにあります。 新設のクラブは「理念」にそってやっていると思うし努力してるとも思います。 むしろそうでないと思うのは、オリジナル10のクラブたちです。 はたして、彼らは<自治体><企業><サポーター>の......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J3がやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ! (前編)

J3が始まるらしいです。 やっとという感じ。騒霊的には「クラブライセンス制度」開始と同時にやってもらいたかったけど、まあこれぐらいのタイムラグなら無問題でしょう。 少なくても玉石混合のJリーグの枠組みのままで「クラブライセンス制度」を行わずにすんだというのはとてもよいことだと思いますね。 そもそも同一リーグの中で予算が60億のクラブと10億のクラブが戦うってことは基本良くないと思います......続きを読む»

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:376
  • 累計のページビュー:5025318

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss