白鳥城の騒霊

秋春制

【白鳥城の騒霊】降雪地クラブのうえに存在する「ガラスの天井」とは。 ~Jクラブのキャンプコスト比較と秋春制移行を考察する~

秋春制議論をする時、いつも思うのは「どうしたら雪国の冬の実態」を雪国に暮らしたことのない人に、雪国を想像の中でどう理解してもらえるのか?議論はそこに尽きると考えます。 もちろん秋春制推進派の中には、某学園理事長さんや某ゴスロリ大臣のように事実でないことを事実のように言って、事実がばれてから訂正すればいいみたいな感覚で、「冬」の実態を無視して「冬開催なしの秋春制」「1月~2月中旬までウィンターブレイク......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2月開催によって札幌と山形は苦行を強いられている。 ~秋春制。我慢というなら降雪地クラブだけに強いるのではなく、Jリーグ全クラブに公平に強いるべきです~

秋春制。なぜJリーグは秋春制移行を20年近く議論していて、いまだに移行が実現しないのでしょう? ここはいったん根本的な問題に立ち返ってみませんか。 なぜ秋春制が実現しないのかは、秋春制に反対する人たちが少なくない人数の単位で存在するからです。 反対する人たちには反対する人の理由と根拠があって、その問題となる根の部分を解決しない限り、反対する人たちの反対する声がなくなることはない。 だから秋春制移行は......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】やはり秋春制は厳しい。新潟の3月は「三寒四温」の時期。まだ「春遠からじ」の季節なのだ。 ~J1第3節 新潟vs清水戦~

第3節ホーム、新潟vs清水戦。 清水戦は前半から76分の1点目の失点までは、イーブンの展開。新潟は悪くなかったと思います。 新潟も清水も、互いがプラン通りのサッカーがほぼほぼできていました。 あの失点前の清水の攻撃の前あたりから新潟の運動量が落ちたかなという印象。(結果論ですが) 清水にポゼッションされボールを回されマークがズレ始めました。 4-4-2の守備の約束事ができなくなった。 達也が下がって......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】田村奈津枝さんの巻き込まれた不幸な事故をなくすためにも ~Jリーグの秋春制移行に反対します~

Jリーグの秋春制移行のニュース。ひさびさの話題です。 2月14日、サッカー協会の田嶋会長とJリーグ村井チェアマンの両者同席のもとで、J1~J3の降雪地クラブ13クラブの代表者が集まってシーズン移行の話し合いがもたれたそうです。 【時事ドットコム】改めて「冬開催難しい」=降雪クラブの見解一致-Jリーグ秋春制 2017/02/14-20:12>降雪期間試合開催は難しい。出席者の一人は「これまで何......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】なぜ日本は根拠もなく相手を見下すのか? ~ACLで勝てない問題も秋春制シーズン移行問題もそれが解決しない原因の根は同じである~

昨日のACLは浦和は韓国の浦項に敗戦。ガンバは引き分け。 う~ん日本のクラブはACLでは「分が悪い」ですね。前日の対戦では下記のつぶやきがありました。 全北現代 2―1 FC東京広島   1―2 山東魯能リーグ開幕前のACLはJクラブの勝率が悪いと言うデータがありグループリーグ突破の足枷になっているこれはJ1の開幕の前倒しか、秋春制移行で解決出来る— りた (@returningman......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】会長選挙は「ステータスの約束を守って慎重にシーズン移行」という原さんと「ステータスの約束は関係なく早くシーズン移行しよう」という田嶋さんの戦い ~2019年までに降雪仕様の設備整備ができるのか~

会長選挙において、田嶋氏と原氏の明確な違いは秋春制議論の現状認識の差ということになるでしょう。 どちらも秋春制賛成論者なのですが。 もし自分が会長になったら4年間の任期内で何をするかという命題に対して 田嶋氏は「2019年に秋春制にシーズン移行する」とし 原氏は「任期内には(シーズン移行は不可能だろう、)環境整備を準備していく」と発言しています。 ■先に読んでおいてほしい参考記事: 【全文掲載......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】秋春制議論のジンテーゼ ~「シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて」を読み解く~

騒霊は秋春制問題について、ほぼほぼ9割がた「シーズン移行はない」と考えています。 その理由は「ステータス」にあります。 ステータスを読めばそのように書いてあるからです。 いまさらですが、ステータスとは「シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて」のことです。 秋春制シーズン移行の議論が本格的に始まったのは今から7年前の犬飼元会長の頃です。その時から幾度か中断を挟みますが、秋春制に賛成するク......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】もし田嶋さんが会長になったら「秋春制ステータス」は守られるんだろうか? ~そもそもシーズン移行:積極派と慎重派の構図ってどうよ~

サッカー協会の会長選挙。 日本サッカー協会の会長選に立候補した両氏が対談しました。互いの公約やビジョンの相違点とは(広)→日本サッカーどうする JFA会長選出馬表明2氏に聞く https://t.co/mnDJWoGqxd pic.twitter.com/78t8Mzensu— 朝日新聞サッカー担当 (@asahi_soccer1) 2016, 1月 5 秋春制の話題をすると自分のな......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】次期会長選挙選に秋春制移行をアジェンダにして田嶋幸三立つ ~彼は真打ちなのか?それともトリックスターなのか?~

JFA田嶋副会長 次期会長選へ立候補 FIFA理事と兼任覚悟 日本協会の田嶋幸三副会長(58)が都内で次期会長選挙へ立候補する意向を表明した。主な公約の一つとしてJリーグの秋春制へのシーズン移行を議論することを掲げた。 (出典:スポニチ) 犬飼基昭当時サッカー協会会長が始めた秋春制移行の話はもう丸7年続いている。議論の詳細は公開されていないが、報道によると、どの案も雪国クラブらにほ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】村井チェアマンははたして秋春制に賛成なのか反対なのか ~ウインターブレークからみえるショー・ザ・フラッグの必要性~

村井チェアマンインタビューの秋春制の部分だけ書き起こしてみました。 日本中でスポーツを楽しむためには冬場でも練習ができる試合ができる環境を整えておくことがぜったい大事と思う。 冬でもサッカーができるようになること、施設面を強化することを目指すべきで、 現状はウインターブレークがドイツとかそんなながくなくても、日本でも「1月2月」2か月サッカーができないわけで。 シーズンくぎりを開始を、春に......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】雪国A県に住む人に聞いてみたい。雪国A県で秋春制シーズン移行は可能なのでしょうか? ~村井チェアマンの秋春制の認識を問いたい~

村井さん、あなたは日本の降雪時期をいつからいつまでとお考えなのでしょうか。 昨日のセッション22でチェアマンが秋春制について「冬でもスポーツの練習や観戦ができる施設を整備することは必要だが、現状では全くできていない。いまは施設が使える時期にスケジュールを入れていくしかない」というような趣旨の話をしていた。 https://t.co/tZWs4oYCXv— kamijun (@kamij......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】札幌ドカ雪、62年ぶり40センチ ~秋春制原理主義の拡大とJリーグの歴史~

11月24日、札幌は雪が降ったそうですね。(新潟はまだです) 札幌ドカ雪、62年ぶり40センチ 68地点で気温最低   Jリーグは23日で終了。 この日の札幌は晴れてたみたいで。とはいえ最高気温が5°。まあ試合は札幌ドームですから寒さは関係ないでしょうが。やぱり雪が降れば、移動式のピッチもメンテが大変になるでしょうし、交通機関が乱れるでしょうし、やっぱり大変。   今年は、チャンピオ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2月は雪の季節。自然の摂理は変えられない ~J1、リーグ発足後初めて2月に開幕へ~

サッカーJ1 来季は初の2月開幕へ https://t.co/pVv8UyNHxI #nhk_news— NHKニュース (@nhk_news) 2015, 10月 28 サッカーのJリーグ1部、J1は、来シーズンの開幕日を2月27日として、リーグ発足後初めて2月に開幕する方針を固めたことが、関係者への取材で分かりました。 Jリーグのリーグ戦が2月に開幕するの......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Jリーグ初の2月開幕へ! ~秋春制のための、ちょっと微妙なムービング・ゴールポスト~

J1が初の2月開幕提案、雪懸念も過密日程緩和へ Jリーグが6日、各クラブの代表者によるJ1、J2、J3合同実行委員会で、2016年のJ1開幕戦を来年2月27、28日に行う日程を提案したことが複数の関係者の話で分かった。これまでは早くても3月第1週の実施で、2月なら1993年のリーグ開幕以来初。 年末のクラブワールドカップ(W杯)開催の影響による過密日程を緩和することが目的。例年通り3月に開......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】いつもどこかぬけている原博実理事のことば ~どうやらこれでJリーグの2月開幕はなしなった(らしい)~

ひさびさに秋春制関連の記事が登場しましたね。メインは天皇杯ですが、Jリーグのカレンダーが少し変わるというニュースです。 天皇杯、17年から4月開幕 日本サッカー協会 http://t.co/nLBU1cBjka— 47NEWS (@47news) 2015, 6月 11 17年以降は12月末までJ開催へ 天皇杯開幕4月に前倒し ― スポニチ Sponichi Annex サッカー......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】秋春制移行はJ2にとっても死活問題であり、その影響はJ3にも及ぶはずです

はたして原さんや中西さんにとって。秋春制ってどこまで本気なのでしょう。 イマイチ彼らの語る秋春制の全体像が見えないのは私が馬鹿だからでしょうか? 最大の疑問は「どのカテゴリーまで秋春制にするのか」です。 J1についてはこれまで何度も説明してますが、今一度繰り返しますね。 現在春秋制でJ1は3・4・5・7・8・9・10・11月の8ヶ月でリーグ戦とリーグカップ戦を行われています。 これが秋春制になる......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Jリーグの2月開催はほぼありえないみたいです ~11月に正式決定される新ACL~

けっこう需要なニュースがサラリと流されかけているので取り上げます。 サッカーACL、日本の本戦枠削減 2枠の可能性も サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で日本勢の本戦出場枠が来季から削減となることが29日、分かった。アジア・サッカー連盟(AFC)が各国・地域への枠の配分方式を変更するためで、現行の4枠から2枠となる可能性もある。来季の日程や出場枠は11月に正式に決まる予定。......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】もしかしてだけど。もしかしてだけど。ACLの秋春制移行はしないんじゃないの?

2ステージ制議論のときに話題になった話が9月10月11月に①Aマッチデーが3か月連続2試合で組まれたこと②ACLが秋春制に移行されるんじゃないか?、この2つの理由が2ステージ制決定の流れを作りましたよね。 はたしてそれは本当なのでしょうか。。 よく考えると①はこれまでも9月に2試合、10月に2試合、11月に1試合開催されてたので3か月連続2試合といっても実は1試合しか増えてないんですね。1試合く......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ACLの試合日程を酷暑の8月、極寒の2月に組むことは正しいことなのか? ~マッチメークの平等性と公平性について~

う~ん。ACLの準々決勝は8月に行われていたんですね。 準々決勝 東地区・第1戦 8/20 18:30 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア) 0-1 広州恒大(中国) パラマッタスタジアム 19:30 浦項スティーラーズ(韓国) 0-0 FCソウル(韓国) スティールヤード 東地区・第2戦 8/27 19:30 FCソウル(韓国) - 浦項スティーラーズ(韓国......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2ステージ制の大原則は「1シーズン」と「移籍期間」をシンクロさせること。そこがとても大事なはずです。

先日のスポニチの2ステージ制のニュース。 名ばかり「J2ステージ制」複数クラブ反発…インターバルたった7日 Jリーグが来季から導入する2ステージ制の日程素案に対し、複数クラブが反発していることが19日、分かった。 Jリーグ側は既に5日の実行委員会で来季日程の素案をクラブ側に提示。複数の関係者によれば、第1ステージ最終節と第2ステージ開幕節の間は中1週間しかなく、2ステージ制とは名ばかり。......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:393
  • 累計のページビュー:5071146

(07月26日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月26日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss