白鳥城の騒霊

j-league

【白鳥城の騒霊】そして旭日旗は途方に暮れる ~AFCは韓国にルーツを持つ人々などの尊厳を害すると明言する~

旭日旗掲出に関してのAFCの処分について 4月25日のACL水原戦において旭日旗が掲出された件について、5月4日にAFCから処分が発表された。水原側の主張を受け入れたと思われるAFCは、フロンターレに対し1試合の無観客試合とそれに対する1年間の執行猶予に加え、15000USドルの罰金を課すと発表した。この件について4日に藁科義弘社長が記者対応を行った。今回の件については5月1日に自らAFCに......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】国家的外交問題になりつつある旭日旗問題 ~「政治的なものではない」と田嶋会長が言及~

■旭日旗掲出でACL川崎・水原戦 無観客試合も アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、韓国・水原で25日に行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原-川崎戦で川崎サポーターが旭日旗を掲げた件で、差別禁止規定に抵触するとして川崎の処分を検討すると発表した。(毎日新聞2017年4月27日) ■「政治的なものはない」田嶋会長、旭日旗問題に言及 韓国で行われたサッカーのアジ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】これがアルビの生きる道 ~J1第7節 甲府vs新潟戦~

「美しいサッカー」か? 「勝つことだけに徹するサッカー」か? どっちが正しいか? 二者択一ならだれでもできるんですね。 「俺の美しいサッカーをやって負けたらしょうがない」と割り切るのはある意味で簡単なんです。 「勝つためだけ」というのであれば、理論上はやりやすいんですね。 データをとると、サッカーの全得点のうち、3割から4割はコーナーキックだとか、フリーキックといったセットプレーなんです。 ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】降雪地クラブのうえに存在する「ガラスの天井」とは。 ~Jクラブのキャンプコスト比較と秋春制移行を考察する~

秋春制議論をする時、いつも思うのは「どうしたら雪国の冬の実態」を雪国に暮らしたことのない人に、雪国を想像の中でどう理解してもらえるのか?議論はそこに尽きると考えます。 もちろん秋春制推進派の中には、某学園理事長さんや某ゴスロリ大臣のように事実でないことを事実のように言って、事実がばれてから訂正すればいいみたいな感覚で、「冬」の実態を無視して「冬開催なしの秋春制」「1月~2月中旬までウィンターブレイク......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】2月開催によって札幌と山形は苦行を強いられている。 ~秋春制。我慢というなら降雪地クラブだけに強いるのではなく、Jリーグ全クラブに公平に強いるべきです~

秋春制。なぜJリーグは秋春制移行を20年近く議論していて、いまだに移行が実現しないのでしょう? ここはいったん根本的な問題に立ち返ってみませんか。 なぜ秋春制が実現しないのかは、秋春制に反対する人たちが少なくない人数の単位で存在するからです。 反対する人たちには反対する人の理由と根拠があって、その問題となる根の部分を解決しない限り、反対する人たちの反対する声がなくなることはない。 だから秋春制移行は......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】田村奈津枝さんの巻き込まれた不幸な事故をなくすためにも ~Jリーグの秋春制移行に反対します~

Jリーグの秋春制移行のニュース。ひさびさの話題です。 2月14日、サッカー協会の田嶋会長とJリーグ村井チェアマンの両者同席のもとで、J1~J3の降雪地クラブ13クラブの代表者が集まってシーズン移行の話し合いがもたれたそうです。 【時事ドットコム】改めて「冬開催難しい」=降雪クラブの見解一致-Jリーグ秋春制 2017/02/14-20:12>降雪期間試合開催は難しい。出席者の一人は「これまで何......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】手も足も出なかった2016年から何を学ぶか? ~アルビレックス新潟J1歴代監督の就任初年度の成績を分析する~

アルビレックス新潟J1歴代監督の就任初年度の成績 【鈴木淳】   2006 J1 新潟 14位 勝点42 34試合 12勝 6分 16敗   01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 ● ○ ○ ● ● △ ○ ○ ● ○ △ ○ ○ ● ● ● ● (7勝 2分 8敗) 18 19 20 21 22 23 24 25 26 ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】報われない気持ちを整理して生きていきたいと思うのよ ~J1 1st第4節 新潟 vs 柏~

高い、強いというのはもともと長所としてあったが、さらに期限付き移籍を繰り返し、ここ数年たくさん苦労してきたことで、動じない心を手に入れた。この日は試合のなかで起こるさまざまな出来事に対して、慌てることなく余裕をもってプレーしていた。自分のことをよく知り、整理できたのだろう。困ったときに立ち返れる原点(基本)を持っている選手は安定する。 内田潤氏は新潟日報の氏のコラムで柏戦で初先発のCB増......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】松本と山形は3連続アウェー? ~Jリーグ規約第55条「同一大会でアウェイゲームが3試合以上連続しないこと」に違反の可能性あり~

セレッソは何で連続アウェーなんだろ?松本と山形は3連続アウェーなのね・・・こうやって秋春制に移行させられるのかね・・イカンイカン— D ざき (@shimafukuronosu) 2016, 1月 13 おいおいおい><; 松本と山形は3連続アウェー との情報が流れています。 ■<モンテディオ山形> ホーム開幕は3月20日セレッソ大阪戦!2016明治安田生命J2リーグ開幕......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】リーベルサポーターから学ぶものありホトトギス ~つわものどもが夢のあと、そして祭りは終わった~

リーベルのサポーターが、「日本に来るために50万円かかったんだ。そのために三つも仕事を掛け持ちしたんだ」と「明るく語るのに対し、 日本の場合、「遠征に行くためにこれだけ(支出を)切り詰めたんだ」と「しんどそうに」語るのと。 #インフレマインドとデフレマインド— wolfy™ (@wolfysway) 2015, 12月 21 リバープレー......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】脱ポリバレントという思考 ~広島流の、みんなちがってみんないい~

CSからCWCにかけての広島の戦い方をみてて、おもしろいなぁ思いましたよ。 なにが?っていうと。。。 それは「選手のチョイス」です。 編成っていいってもいいのですが、それを含めてスタメンの選び方、そのチョイスです。   広島のやり方は、これまでのJリーグっていうか日本サッカーの文法とちょっと違う選手の選択のしかたのような気がします。   一番象徴的なのはセンターバックの3人ですよね。 千葉和彦。塩谷......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~

サンデーモーニングをみる。 あいかわらずの張本さんですね。でも、彼の言ってる「日本代表監督は日本人であるべき」という主張は同感です。 サッカーはその国の文化に立脚しています。ボスニア出身でフランスサッカーの中で薫陶を受けた東欧のボナパルト。彼の思考と行動に、ユーゴの混沌とフランスの美学と合理思想と中華主義が見え隠れします。就任して約1年、やっと日本人の気質はヨーロッパ人と違うということを理解できたく......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】たぶん浦和レッズは今のセカンドチームJ3構想に参加しないと思う ~セカンドチームを考える・その1~

浦和もセカンドチーム作って欲しかったのだが。— らいかーると (@qwertyuiiopasd) 2015, 11月 24   スポナビブログでもおなじみのらいかーるとさんがこんなことをつぶやいていました。   う~ん・・・ どうなんでしょう??   騒霊はちょっと違った見立てです。 たしかに浦和はセカンドチームを考えているでしょうが。。 今回の構想は、浦和的にはちょっとだけ......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】「びっくりぽんやわ~」。うさは来ず。 ~ナビスコ杯決勝 鹿島vsG大阪~

第一の「びっくりぽん」は観客が50,828人ですよ。 ナビスコ杯の観客数データ。平均だと厳しい数字 https://t.co/xogviSj4mg pic.twitter.com/YdXECvpn6U— Soccer D.B.管理人 (@soccerdb_2014) 2015, 10月 31 去年の広島戦は3万台でしたから、なおさら「びっくりぽん」です。 ハロウィーンのお化......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】J3来ないで。セカンドチームごっこをしたいだけなら迷惑だよ。 ~サッカー羊はセカンドチームの夢を見るか~

Jリーグのセカンドチーム構想。 いろいろ情報が錯綜していますね。 どうやら育成マッチデーなるものが新設されるようです。若手を中心としたサテライトリーグのような感じになるもよう。 ハリル監督「若手出てこい」Jリーグが“育成マッチデー”新設へ(スポーツ報知)   リーグ戦の合間に指定日を設け、年10試合前後を実施。遠征費を少なくするため、地理的に近いクラブ同士による対戦が組まれる予定で、けが......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】Jリーグの2月開催はほぼありえないみたいです ~11月に正式決定される新ACL~

けっこう需要なニュースがサラリと流されかけているので取り上げます。 サッカーACL、日本の本戦枠削減 2枠の可能性も サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で日本勢の本戦出場枠が来季から削減となることが29日、分かった。アジア・サッカー連盟(AFC)が各国・地域への枠の配分方式を変更するためで、現行の4枠から2枠となる可能性もある。来季の日程や出場枠は11月に正式に決まる予定。......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ACLの試合日程を酷暑の8月、極寒の2月に組むことは正しいことなのか? ~マッチメークの平等性と公平性について~

う~ん。ACLの準々決勝は8月に行われていたんですね。 準々決勝 東地区・第1戦 8/20 18:30 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア) 0-1 広州恒大(中国) パラマッタスタジアム 19:30 浦項スティーラーズ(韓国) 0-0 FCソウル(韓国) スティールヤード 東地区・第2戦 8/27 19:30 FCソウル(韓国) - 浦項スティーラーズ(韓国......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】ACL日本勢全滅の原因を徹底議論するための基礎知識

旬をはずした話題ですが、ACLの話をします><; 今年は決勝TにC大阪、広島、川崎の3チームが進めました。ちなみに 2013年:1チーム(柏) 2012年:3チーム(名古屋、柏、東京) 2011年:4チーム(G大阪、C大阪、鹿島、名古屋) 2010年:2チーム(鹿島、G大阪) 数字の上ですが、決勝Tへ3チームですから例年並みですが、去年より持ち直しました。 ≪サッカー協会 AC......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】監督と社長の関係は、将軍と王の関係と同じといえる ~監督解任論①~

むかしむかし、中国に呉という国がありました。 そこの王様が、兵法を説く孫武という男に謁見します。 「兵法に従って宮中の美女180人を指揮してみせよ」 孫武は王の要望に応え、180人を2隊に分け全員に「自分の指示に従って動け」と命令します。 ところが実際に命令を出すと女たちはゲラゲラ笑うだけで実行しません。 何度説明しても同じでした。 そこで「命令の意味が分かっているのにやらせないのは隊長......続きを読む»

【白鳥城の騒霊】そろそろ選手権は大会方式を変更する時期にきたと思う ~北陸同士の決勝戦~

ブログというのはネタはないときは全くないのですが、ある時はどうしようもないくらいある。今は後者。書きたいことはいっぱいあるけど全部書けないのは悔しいですねぇ><; 簡単に目次を作るとこんなところです。 ①騒霊も東京都民になりたい。一票を入れたい! ②大東チェアマン退任? 任期は3月までだが、2月下旬に新シーズン開幕前の公式行事を控えていることから「その前に代わることが望ましい」と述べ......続きを読む»

1 3 4 5 6 7

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:636
  • 累計のページビュー:5024943

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss