白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】人間はできることなら、その人の個性にあった職業を選ぶべきだ ~アルビレックス新潟11戦連続勝利なし。ワースト記録更新中~

このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマ時代の哲学者にキケローという人がいます。 彼は「人間はできることなら、その人の個性にあった職業を選ぶべきだ」と熱心に語っていたそうです。 あたりまえでしょ、なにを今更という人もいるでしょうけど。 むしろ今の世でもこれは大きな命題です。あなたのなかのあなたに聞いてみてください。 「あなたはあなたの個性にあった仕事についてますか?」 「あなたは与えられたポジションのなかでどのくらいあなたの個性を発揮できていますか?」 この二つの問いかけに答えられてる人がどれだけいるのでしょうか? 騒霊はアルビの選手の中でどれだけ自分の個性をチームに発揮できているかを聞いてみたいですよ。 キケローの言葉を言い換えるとこうなります。 「人間の個性は、いましている仕事において、全面的に能力が発揮されかつ貢献しているときこそ、人間(=自分)にとって一番幸せな時間をもつ」 はたしてアルビの選手はいまのアルビで、どのくらい幸せなのでしょうか? そこらへんを呂比須監督にぜひとも聞いてみたいですよね。


仙台戦で話題になっていたのが後半36分の左サイドバックの堀米を下げ、センターバックのソン ジュフンを左サイドバックに投入の是非。 守備の選手たちは吃驚仰天状態になったとか。ジュフン自身も左サイドバックは練習もしてないとか。なんで変えるんだみたいなアクションをした選手がいたとか。 それについては内田潤氏はプロの振る舞いとして苦言をされたとか・・。 まあね。内田氏の言い分はわかりますよ。ある意味戦う集団の組織論として監督は頭脳で選手は手足ですからね。手足が頭脳の役割をしてはいけない、と。 わかりますけどね。しかし人間の体のなかには自律神経系という器官があって、それは脳から独立して体の組織をコントロールしているわけですよ。脳はいつもいつも正しい判断をするわけじゃないんです。 騒霊的には、そういう自律神経系の選手はやはり監督が間違ったことを指示したときには、そのままやるんじゃなくて正しいことを変換してやるくらいの自立性が必要だと思うんですよね。そのくらいのたくましさが必要。実際に、選手たちは呂比須監督の指示通りやって負けたわけだから選手の感じたことは間違ってないでしょう。 あんまり振る舞いとか、ちいさなことをぐちぐちいうべきではないと思いますよ。サッカーは軍隊じゃないし、むしろそういう人間ドラマもエンターテイメントとして僕らサポたちは見てるわけで。選手はロボットじゃないんですから。 むしろ問題とすべきは呂比須監督の采配でしょう。こんなんなら「J1残留なんてもう夢のまた夢だと思い知らされたゲームだ」と多くの人が思ったんじゃないかなと思いますけどね。


「虫の目」と「鳥の目」という言葉があります。 小さな視点で見るか大きな視点で見るか、短期で見るか長期で見るか。物のとらえかたの話です。 虫の目的にいえば、まだのこり11試合ある。11試合全部勝てば残留できるんだから「諦めるな」とかいう人もいます。もちろん騒霊も可能性は否定しないけど客観的統計的に現実をみればもう奇跡を願う時期じゃなくて現実として覚悟して未来をどう組み立てていくかという時期に来ているでしょう。 騒霊はこれから「鳥の目」視点でアルビと向き合っていこうと思いますよ。 正直いいます。呂比須監督をこのまま続投させてもアルビにとってなんの利益があるのか、よくわからないですよね。 もう呂比須監督の指導は三浦文丈前監督の指導時間をはるかに超えています。ここまで時間を与えてなおかつ三浦監督時代の改善すべきデータとか揃っているにもかかわらず、問題を解決できずにいる。ここまで時間をあたえて改善できないのは三浦監督の問題とか選手とかの問題ではなくて呂比須監督自身に問題があるといってもおかしくないと思いますよ。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
albirex
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【浦和レッズ】8/19 しっかりと勝ちきれたことは素晴らしい【スポーツが好き過ぎて】

ブーイングでチームは強くならない【多趣味過ぎるブログ】

成熟したクラブの未来【 TRABALHO LEALDADE RESPEITO 】

今夏移籍選手を踏まえてスタメンを妄想【アルビレックス新潟シンドローム】

8/13アルビレックス新潟VS大宮アルディージャ【Jリーグ第22節】【アルビレックス新潟シンドローム】

レンタル放出とレンタル獲得【アルビレックス新潟シンドローム】

8/9アルビレックス新潟VS川崎フロンターレ【Jリーグ第21節】【アルビレックス新潟シンドローム】

8/5アルビレックス新潟VS横浜Fマリノス【Jリーグ第20節】【アルビレックス新潟シンドローム】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:81
  • 累計のページビュー:5117675

(10月20日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月20日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss