白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】新潟の失敗は「決断が遅かったこと」 ~甲府と新潟を比較してわかる戦略的布石の有無~

このエントリーをはてなブックマークに追加

甲府と新潟を比較。 ◆営業収益ランキング 12位 新潟 29億800万円(+3億9800万円) 18位 甲府 15億2300万円(-200万円)

◆広告料収入ランキング 14位 新潟 10億4900万円(+1100万円) 16位 甲府 7億3600万円(-1500万円)

◆入場料収入ランキング 8位 新潟 6億7900万円(-3200万円) 16位 甲府 3億4200万円(-1200万円)

◆チーム人件費 14位 新潟 12億2000万円(+8200万円) 18位 甲府 7億3600万円(0)

2017 J1順位 順位/ クラブ名  /勝点/試合数/勝/分/負/得/失/得失 14位 ヴァンフォーレ甲府 16 18 3 7 08 10 19 -09 18位 アルビレックス新潟 08 18 2 2 14 12 39 -27


営業収益、広告料収入、入場料収入、チーム人件費。すべて新潟は甲府より上位です。同じJ2オリジナル10のライバルチームでほぼ歴史は同じ。 なのに上位の新潟が降格圏筆頭の18位で甲府が残留セーフの14位。勝ち点は新潟が8点で甲府は16点、ダブルスコアです。 なんか数字だけ見ると腹が立ってきますね。

しかも甲府の監督は去年まで新潟を率いていた(しかも途中解任した)吉田達磨監督です。

今年の評価は新潟はボロボロなんですけど 甲府はそこそこ評判がいいです。予算規模がJ1で最弱なのでb/c費用対効果、パフォーマンスが高い。

やってるサッカーも甲府はほんと守備がしっかりしている。甲府の顔だった土屋を控えに回しながらも新しい選手を入れて、甲府伝統の堅守を保持している。 吉田監督といえばポゼッションでしたが、これまでの佐久間監督が作ってきた堅守を壊さず、少しずつ吉田サッカーの色を加えて変えてきたことが、この順位という結果につながっているのでしょうね。

そこらへんは達磨さんは新潟時代に自分色を出しすぎて失敗しましたからね。やっぱり三度目の正直。崖っぷちに立って達磨さんも変わったんでしょうね。 まあ柏→新潟で失敗し続けての甲府ですから、甲府で失敗したらたぶんもうJクラブからオファーは来ないでしょうからね。達磨さんも監督生命を賭けたラストチャンスですから、なりふり構ってられないのでしょう。

今日はなぜ甲府が新潟より上手くいっているのか。ここを掘り下げてみまたいと思います。

当然、吉田達磨監督の覚悟もあると思いますが、騒霊はむしろ甲府のマネージメントのほうを評価しています。 甲府のGMの佐久間元監督。監督もできてGM=経営判断もできる。大宮から甲府にやってきて悩まれたと思いますがここにきてやりたいことが明確になっている。これはすごいと思いますよ。

GM。新潟の神田強化部長は編成担当です、新潟でいえば彼がGMに当たりますが、彼は佐久間さんみたいに監督はできませんからね。やはり最後の場面で監督の苦しさを理解し寄り添ったアシストができないわけです。それが去年の吉田監督の解任であり、今年の三浦監督の解任につながったのだと思います。

騒霊が佐久間さん仕事ぶりを見て「やるなー」と思ったのは吉田監督を新潟が解任したあとのそれからの行動ですよね。吉田監督へのアプローチがとても早かったですよね。 2016年11月15日に甲府監督に吉田達磨氏の就任を発表。 それから吉田監督は11月下旬から12月中旬までの秋季キャンプを早々に行っています。ここで甲府の選手たちと顔合わせをして心の交流を計っていたわけですよ。去年のオフの段階で今年のメンバーと顔合わせとコミュニケーションがとれてたわけですね。つまり始動が他のクラブより2カ月近く早かったわけです。先手必勝。去年のオフの段階で今年のチームが始動しているんだから、チームが固まるのも早いはずです。 そして当たり前ですが、オフの時点で監督ですから、当然2017年チーム編成である「誰を獲得するか」にも監督は関わっているわけです。 簡単にいえば監督のやりたいサッカーをできる選手を監督が選択できる状況を佐久間GMは作ってあげた。吉田監督は自分が選んだ選手で戦えるわけですからそれは嬉しいでしょう。 甲府はお金がないのは吉田監督もわかっていたわけです。でも時間はある。早い段階から監督が絡んで移籍交渉をしている時点で、甲府に来ようか迷っている選手の一つの判断材料になりますよね。「監督が来てほしい」って選手に直接言ってくるわけですから、そりゃ心は動くでしょう。甲府にはお金がない。でもお金がなければないなりの補強ができる。それが監督に選手を選ばせる。そこがポイントだったのだと思います。 甲府のサッカーに機能する選手と同時に監督のやりたいサッカーに順応できる選手を監督が選べた、そこが良かったんだと思います。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
j-league
albirex
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

第944回toto 予想のまとめ【当てtoto】

《放送予定》7月22日 J2第23節ツエーゲン金沢vs岡山結果(柳下監督会見、太田・金子・中美選手インタビュー)、天皇杯vs神戸振り返り(大橋・金子、神戸・三原選手インタビュー)ほか【情熱サッカー@kanazawa】

プロジェクトF3 ~ファンタジスタ稼働計画:J1第18節ジュビロ磐田vsヴァンフォーレ甲府~【猫に小判】

7/9アルビレックス新潟VS浦和レッズ【Jリーグ第18節】【アルビレックス新潟シンドローム】

【白鳥城の騒霊】NO PLAN NO VISION ~はたして呂比須監督は溺れるアルビの藁になれるのか?~【白鳥城の騒霊】

7/1アルビレックス新潟VSジュビロ磐田【Jリーグ第17節】【アルビレックス新潟シンドローム】

アルビの不振の理由【Viva La sports】

鹿島ー新潟【no title】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:194
  • 累計のページビュー:5141263

(12月16日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  6. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月16日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss