白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】国家的外交問題になりつつある旭日旗問題 ~「政治的なものではない」と田嶋会長が言及~

このエントリーをはてなブックマークに追加

旭日旗掲出でACL川崎・水原戦 無観客試合も アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、韓国・水原で25日に行われたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の水原-川崎戦で川崎サポーターが旭日旗を掲げた件で、差別禁止規定に抵触するとして川崎の処分を検討すると発表した。(毎日新聞2017年4月27日)

「政治的なものはない」田嶋会長、旭日旗問題に言及 韓国で行われたサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でサポーターが旭日旗を掲げたJ1川崎の処分をアジア・サッカー連盟(AFC)が検討している件で、日本協会の田嶋幸三会長は29日、 (スポニチ2017年4月30日)


田嶋会長は「われわれは旭日旗に政治的なもの(意図)はないと思っている」といったそうですね。 AFCが差別的行為と捉えていることに対しも、「2012年のU―20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)の時にも問題になって、AFCに対してもFIFA(国際サッカー連盟)に対しても、ずっと言い続けていること」であるとし、「文部科学省やスポーツ庁、外務省ともしっかり話をしていかなければならないこと」であるという認識を示しています。 つまりAFCの「旭日旗は、差別的政治的な象徴である」という認識は、間違っている。 もしACLがそう思っているならば、「サッカー協会だけでなく文科省や外務省など総動員して、その認識を変えさせる」と田嶋会長は言われたようです。

なんか結構おおごとになるかもしれませんね。

もともと旭日旗の問題は、韓国が以前から歴史問題化させようとしてるテーマでした。 韓国は「日本の戦争責任と絡めて、旭日旗は軍国主義の象徴である」と主張してます。 日本は「戦後補償と謝罪は完了しているし、旭日旗は軍国主義の象徴ではない」と主張してます。 AFCはどれだけこの件を理解していたかよくわかりませんが、「差別的」「政治的」理由をつけて「旭日旗」を「戦争責任」を解釈しているならば、それはこれまでの一般的国際的な通念から一歩踏み込んだ解釈であり、韓国の主張に寄り添った判断になります。

去年の秋に中国が「南京事件」をユネスコの世界遺産の記憶遺産登録したことがありました。 南京事件も歴史解釈で中国と日本がもめているさなかに、ぜんぜん関係のないユネスコが世界遺産に登録したものですから、日本の政治か含め日本政府はゲキオコでした。中国との歴史認識外交でに一歩踏み込まれ煮え湯を飲まされた形になったわけです。 意趣返しとしてユネスコ分担金を支払うことを現在も中断しました。 それくらい国家として怒りの行動を起こしました。 それくらいこの件は日本国にとって屈辱的な外交的敗北だったわけです。


今回、文科省や外務省が出てくるということはそういうことです。

旭日旗問題も、南京事件問題も、本筋は当事国二か国間の外交交渉で決着するべき問題であるべきなのです。 南京事件はユネスコが、火に油を注いだ形になりました。

今回はアジア・サッカー連盟(AFC)が火に油を注ぐことになりましたが、二度と同じ轍は踏まない。お役人の方々はそう思われてるはずです。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
竹島男・横断幕
j-league
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【第9節】 vsフロンターレ川崎~目には目を中央には中央を。【Power & The Glory~セレッソ大阪応援ブログ】

2017Jリーグ第9節 大宮☓浦和 ダービーは結果が全て【浦和な生活】

【決め切れ】逞しき洋次郎【FC東京】【紫熊のサンフレ観戦記】

川崎の旭日の処分は受け入れようかな?ただし、政治的な処分は断固反対!【spoloveブログ】

旭日旗問題の本質的な問題【ボクシングをとっても楽しく見るブログ】

ボランチの役割【ダブルボギーの憂鬱】

広州恒大が決定力不足?川崎Fにスコアレスでスコラーリは苛立つ【中国サッカー専門ブログ~BEE FOOTBALL SPIRIT~】

大島不在の大きさ【ダブルボギーの憂鬱】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:306
  • 累計のページビュー:5071809

(07月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss