白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。

このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史認識横断幕等のパフォーマンスは、やっぱり逆ギレ状態になっているようですね><;
韓国サッカー協会は先に日本のサポーターが「旭日旗」を振ったので、それに怒った韓国サポーターが問題の「歴史認識横断幕」を掲げたそうです。
先にやったのは日本だから日本が悪いという言い分だそうです。。(溜息)


■疑問:旭日旗は戦争犯罪を象徴する表象か?

前回ブログのコメントで多かったのは、スポーツに「旭日旗」を持ち込んだことへの批判のコメントでした。

う~ん。でも騒霊はちょっとそこに違和感があります。

旭日旗自体にはなんの問題もありません、から。
ここはご指摘された方も納得されています。

批判の部分は「韓国ではそれが理解されてないから。。」ということです。

つまり旭日旗はハーケンクロイツのように戦争犯罪の象徴として受け止められているから、スタジアムで掲揚することは「挑発」と受け止められトラブルに発展するから。という理由でした。。

そこのところは持ち込んだ日本のサポも警備員の指摘に応じすぐ片付けたみたいですから、特に問題はないと思うのですよね。。

まあ場所は韓国でしたからね。

そういう意味では日本のサポの安全を考えれば片付けた行動は正しいでしょう。

ただ旭日旗を持ち込んだことを批判するのはどうなんでしょう。

旭日旗自体はなにも悪くないわけですから。。

むしろ批判されるべきは、韓国の反日思想のほうですよね。

先の戦争問題については東京裁判、サンフランシスコ条約、日韓基本条約で解決しているわけで、そこを前提として旭日旗も自衛隊隊旗や新聞社の社旗として使用されています。前大統領の天皇陛下への謝罪要求と同様に旭日旗に対してもチャレンジを仕掛けてきます。

旭日旗はハーケンクロイツではありません。
韓国の政府やマスコミは韓国国民への反日プロパガンダを即刻やめるべきでしょう。

ちなみに韓国の中央日報にはこのような記事がありました。

  • <サッカー>大韓体育会・大韓蹴協の「旭日旗ジレンマ」 現実は厳しく 1 2
  • 大韓民国の国民なら、国際競技が行われる競技場で旭日旗が堂々とはためくのを見ると怒りがこみ上げてくるはずだ。しかし現実は冷静だ。国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気だ。
  • ◆KOC、KFAの「旭日旗ジレンマ」
  • 大韓サッカー協会(KFA)は日本の旭日旗応援問題に関し、上級団体の大韓体育会(KOC)に公式抗議するよう要請したことがある。
  • 昨年のロンドンオリンピック(五輪)直後、朴種佑(パク・ジョンウ)の「独島(ドクト、日本名・竹島)パフォーマンス」が問題になると、一部の国会議員は大韓体育会が国際オリンピック委員会(IOC)に旭日旗問題を公式抗議することを要求した。
  • 当時IOCに韓国側の立場を伝えたパク・インギュ大韓体育会国際交流チーム長は「旭日旗について問題があるということを伝えたが、IOCの関係者は初耳だという反応だった」と伝えた。
  • 過去に日本の侵略を受けた国と協調するのも容易でない。パク・インギュ・チーム長は「行動を一緒にするため、周辺アジア国家の体育団体と接触したが、すべて消極的だった。中国も問題点は共有したが、『体育界ではなく国家対国家の問題で解決すること』といって手を引いた。東南アジア諸国は旭日旗が持つ意味も全く知らなかった」と説明した。
  • IOCは政治的な問題に直接介入するのを避ける雰囲気だ。にもかかわらず、ナチスと関係がある行動や物が非難を受ける理由は別にある。ドイツが国内法でも徹底的にナチスと関連した行為を規制し、国際社会もナチスの痕跡を問題視しているからだ。
  • ◆日本の厚かましい態度が問題
  • ドイツがナチスの痕跡を消そうと必死に努力している一方、日本は過去の歴史に厚かましい態度で一貫している。こうした点が、旭日旗に対する国際社会の認識を変えるのに大きな障害となっている。
  • 旭日旗の場合、現在、日本の海上自衛隊旗として使われている。このため国際社会では「もう一つの国旗」程度と認識されている。ナチスのハーケンクロイツ旗のように「戦争犯罪旗」と認められない雰囲気だ。ロンドン五輪の日本女子柔道代表チームが着た旭日旗模様の衣装に対しても、韓国だけが異議を提起しただけで、国際社会では誰も注目しなかった。
  • 政治的な応援に対する規定はあいまいだ。国際サッカー連盟(FIFA)の規定を見ても「応援時の政治的主張または侮辱的内容が含まれれば懲戒を受けることがある」と明示されているだけで、具体的な禁止事項には触れていないため、解釈によって変わる。旭日旗に問題があるという国際的な共感を得られなければ、韓国がいくら日本の応援を非難しても効果がない。
  • 大韓体育会と大韓サッカー協会側は「スポーツ団体として国際社会に旭日旗に対する問題意識を提起するのには限界がある」と話す。現実的に韓国の政治家が外交的に先に解決すべき問題ということだ。


これは正しい認識だと思います。

旭日旗に問題があるという国際的な認識は存在してないのですから。

旭日旗はハーケンクロイツではない。そこを理解していただかなければ。。反日教育を受けてて怒るのも理解できますが、その報復として「歴史認識の横断幕」を掲げるような野蛮や行為はぜったいやってはいけません。

彼らには二度とこのようなことをしないようよくよく反省をしてほしいと思います。



■閑話休題

今回の件とは直接の関係がありませんが、

「旭日旗は軍隊の旗だからスポーツに持ち込むな」と主張する人がいます。
これについては半分同意ですが半分納得していません。

上の記事にも書かれてますが、FIFAの規定はあいまいです。
軍隊だからダメ。ではないのです。
そこを理由にすれば、韓国の尚武(軍隊所属のチーム)の選手は試合前の整列で堂々と軍隊式敬礼パフォーマンスをしてますから。。

その意味で言えば旭日旗は日本や韓国にとっては軍旗の印象が強いのかも知れませんが、世界の目で見れば日の丸に次ぐ「第二の国旗」と受け取られていると思うのです。



あと「韓国の感情に配慮しましょう」と言ってくる人がいます。。

穏便にというのもよいと思うのですが。。。

ただ騒霊は、もうその段階ではないと考えます。

今回の横断幕問題は、キソンヨンのモンキーパフォーマンス、パクジュヨンの竹島パフォーマンスに続いて3度目です。

もうご近所トラブルのレベルはとうに超えている。

だからご近所トラブルと同じと考えてはいけないと思います。

隣の家のピアノがうるさいから。。。
隣の家の木から落ち葉がたくさんウチの庭に落ちてくるとか。。

隣の家に配慮することは美徳でしょうが。。。

勘違いしてはいけないのは、
それは同じ日本の国民だからであり、同じ日本の法律の下でともに暮らしているから、まあ面倒なことはやめましょうよという謙譲の美徳が存在するのだと思うんです。

韓国はお隣の国ですが、間違ってもお隣の家ではありませんから。。。

まったく別の法律を持ち、まったく違う文化と、まったく違う価値観をもった国家なのです。

どうもそこを理解していないピュアな方がいて、時々このブログにもコメントされていくのですが。。できたら、そこを理解していただきたい。。

この問題は個人対個人のトラブル解決の話ではないのです。

国家対国家(というと大袈裟ですが・・・)
日本の一般意思と韓国の一般意思のぶつかり合いなのですから、本当に隣国として共存共栄を図りたいと考えるならば、
国際通念と国際ルールにそって解決を図らなければいけない。

だからこそ、
旭日旗がヘイトアイコンであるような不当なレッテル付けを行う韓国政府と韓国マスコミにはもっと抗議すべきだと思うのです。

サッカーを守るためにも。
騒霊はそう思います。


blueja-202429.png にほんブログ村サッカーランキング 

nationalteam106_24_3 jleague106_24_31 albirex106_24_1 
※あなたのクリックは騒霊のランキングに加算されることになります。
※クリックは1つで。複数回押してもらっても1回分しかランキングに反映しません。
クリックありがとうございました。ブログ更新の励みになってます。





■コメントくださる方へのお願い:複数ハンドルネームを使用されている方はその旨をお伝えください。


追記:DDさん。akatakamaniaさん。m*さん。レイさん。aさん。てっぺいさん。fagianofunさん。いおさん。ウッディーさん。コメントありがとうございます。(騒霊)

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
竹島男・横断幕
タグ:
旭日旗
韓国代表
日本代表

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。



>ウッディーさん。コメントありがとうございます。


こんにちは。再訪ありがとうございます。
ご質問にお答えします。


≫《暴動が起こる可能性が生じるものor行為》があるなら、やめることが簡単に出来、こちらに大きな被害を受けることがないのなら、やめようよ、賢明な判断をしようよ。


ウッディーさんのおっしゃることは理解してます。
先の韓国戦で、韓国の警備の方が旭日旗を下させたことは、たぶんウッディーさんのおっしゃる理由からだと思います。 政治的主張は「ある」という人「ない」という人どちらもいるわけで、ただ現場ではそんな議論をしている暇はないわけですから、むしろ事故の予見性の観点から下させたということですよね。

現場は「政治的主張行動を持ち込む行為」を決める裁判所ではないのです。
だから騒霊にとって「掲げた」「振った」は極論をいえばどうでもいいことなのですよ。
騒霊はこれまでスタジアムで旭日旗を掲げたこともないですし、しようとも思いませんが、
旭日旗に「戦争犯罪の象徴」という政治的主張をレッテル付けした、
韓国のプロパガンダに対しては、はっきりと間違っていると言います。

そのプロパガンダに同調して踊っている一部の日本人の方にも目を覚ましてほしいと思います。

サッカーに政治を持ち込んでもらいたくありませんが、リアルな現実として韓国はサッカーに政治を持ち込んできています。
国家ぐるみマスコミぐるみで「旭日旗は戦争犯罪の象徴である」「ヘイトアイコンである」と主張してきている韓国に対し、日本は一般意思として認められないという必要がある騒霊は思います。

それからこのエントリーはウッディーさんの前回コメントに対し前回の記事では答え切れてない部分があったので、自分の中の論拠を整理する意味で書きました。 ご推察のとおりですが歩み寄ってるつもりはないつもりです。

質問の答えになっていないとおっしゃるかもしれませんが、
理解していただけましたでしょうか><;


【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。



>いおさん。再コメントありがとうございます。


こんにちは。お疲れ様です。

ご質問にお答えします。

≫私はあくまで一部日本サポーターが旭日旗を掲げる意図は何だと考えるのか?その行為に政治的意図を多少なりとも感じるか?と聞いたんです。


掲げる意図は知りません。直接掲げた本人に聞いてみてください。その行為をどう解釈するかは個々人の思考によって違うでしょうし、騒霊は本人の代弁者ではないのでそれを解釈するつもりはありません。


≫「サッカーに政治的主張行動を持ち込む行為はけして許されるものではありません」と仰っている以上、もし少しでもその意図があるならそれはふさわしくない行為だからです。この基準からすればヘイトアイコンでなければいいということにはなりません。


旭日旗デザインに政治的主張はないと騒霊は考えます。
旭日旗が「政治的主張行動を持ち込む行為」なら過去旭日旗は徹底的にスタジアムから排除されているはずです。
韓国中国は「戦争犯罪の象徴」というプロパガンダを行っているため韓国中国の国民や日本の左の人たちは「政治的主張」と理解しますが、そもそものところで、旭日旗は「戦争犯罪の象徴ではない」のですから、その主張は間違っていると思います。

それは中央日報の記事に書かれている通りです。
韓国だけ(及びそのシンパ)が異議を唱えているだけにすぎません。

繰り返しますが旭日旗が「政治的主張」になるなら、これまでの日本代表の試合にもJリーグの試合でも掲げられてるはずはないでしょう。
旭日旗は「禁止されない」と前サッカー会長の小倉氏も発言しております。

したがっていおさんの「ふさわしくない」という考えはあなたの解釈の見解であり、一般論としては「旭日旗自体は政治的主張はない」と騒霊は理解しております。

何度もいいますが、この問題の根本的な問題は韓国のメディア含めた国家的プロパガンダを是正しない限り、何も解決しません。
仮に旭日旗がなかったとしても韓国は政治的プロパガンダによって「歴史認識横断幕を掲げたでしょうし、安重根肖像画も掲揚したでしょう。

それは過去の日韓戦を見れば明らかです。

最後に、いおさんは騒霊を浅慮であるとおっしゃいましたが、騒霊にはあなたの方が問題の本質を見極められない方のように感じました。

はたして、あなたは意見の異なる他者と対話するつもりがおありなのでしょうか。
あなたの対話の姿勢に違和感を感じます。


【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。

前回に続いて、コメントさせて頂きます。

僕の書き方が拙いせいもあって、前回のコメントから、持ち込んだことが問題なのか、振ることが問題なのかということに論点が移ってしまったように思えるのですが、どうでしょうか? 間違ってたらごめんなさい

僕が前回のコメントをさせてもらったときには、持ち込むとか、旗を振るとか、正直どうでも良くて、

《暴動が起こる可能性が生じるものor行為》があるなら、やめることが簡単に出来、こちらに大きな被害を受けることがないのなら、やめようよ、賢明な判断をしようよ。

ということを言いたかったのですが
少し僕の文章力のなさを露呈してしまったようですね。

また、ブログ主様には持ち込むことと、振ることにとても大きなボーダーが存在していたようで、そこを理解しておらず、申し訳ない限りです

ただ今回のブログはタイトルもそうですが、旭日旗は悪くないということが趣旨で少しスポーツ記事の範疇を超えてしまっている部分もあると思います。前回の続きとして捉えなかった場合ですが。

そして、少し前回から僕のコメントに歩みよってくださっているような気がして、コメントして良かったと思っております。自惚れですかね?

最後にくどいようですが
今回、旭日旗をあるサポーターが降った事に関しては
「よかった」のか「悪かった」のかどちらとお考えでしょうか?
(もちろん、サッカーにとってです。
ここはスポナビですから)

たびたび、コメントさせて頂きありがとうございます。質問にお答え頂きましたら幸いです。

【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。

お答えありがとうございます。
ですが、質問に正面から答えられていないですよね。
私はあくまで一部日本サポーターが旭日旗を掲げる意図は何だと考えるのか?その行為に政治的意図を多少なりとも感じるか?と聞いたんです。
韓国側がどうこう言うのはすり替えです。
「サッカーに政治的主張行動を持ち込む行為はけして許されるものではありません」と仰っている以上、もし少しでもその意図があるならそれはふさわしくない行為だからです。
この基準からすればヘイトアイコンでなければいいということにはなりません。
上記の点について改めてご返答お待ちします。

そして一般人であろうと発言に責任は持つべきなのですが、私が無責任といったのは要するにちゃんと後先考えた意見なのか疑問を持つからです。今のとこと大きな問題がないからそれで良いという考えなのなら浅慮というしかないです。

こんな記事も読みたい

【詳細採点】 2013/07/31 J1第18節 vs湘南ベルマーレ(1)(2)【川崎フロンターレ採点簿】

サガントスJ 第18節 大分戦 勝利【J】

【2013年Jリーグ・選手、監督、海外日本人選手移籍情報ウワサほんと・その68 本田圭佑続報、柿谷をイギリス記者大絶賛、大前元紀復帰か、ハーフナーその他 】【GO'S Heaven's Door*soccer*】

私のブログに対するコメントがとても秀逸だった。【日本代表にトロフィーを!】

何故、扇原交代?【日本代表にトロフィーを!】

相原信行さんの「幻の大技」【長田渚左の「考え中」】

メイド イン セレッソ【日本代表にトロフィーを!】

2020年オリンピックは何処へ・・・【スポーツ24/7 一日24時間週7日間スポーツ!】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:636
  • 累計のページビュー:5024943

(05月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss