白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

このエントリーをはてなブックマークに追加

面白かったですね。オマーン戦。
何がおもしろかったといえば後半の選手交代による長友のポジション変更ですよ。
長友はサイドバックですが、長い距離も短い距離もどっちも走れる。
だからウィンガーとしても起用されるのだと思ってました。
ところがザックはなんともっと高い位置、サイドハーフで起用してきました。
正直驚きましたよ。
あの時、騒霊は高徳を右SBで3バックをするとばかり思ってましたからね。 だから左SBに高徳が入ったことにも驚きました。

なぜって、長友と高徳はプレースタイルは、ほぼ被りますから、ですよ。
たぶんこの二人はガチブッキングするライバルで同じピッチに立つことは絶対ありえないと騒霊は思ってましたからね。だから二重の意味で驚きました。
果たして左は機能するのだろうか・・と不安になったのですが。。。

でも、そんな心配は杞憂でしたね。
さすが長友。
さすが高徳です。

長友を左SHに入れるんなら、長友はそのまんまSBにして、たとえば宇佐美をSHに入れるのもありだったはずですよね。
でもザックはそれをしなかった。
つまり長友の攻撃性を活かしたうえで、不安だった長友の上がった後の隙を解消する。SBのこの役割を高徳に課した。 
そして長友も高徳も見事に結果をだしました。
二人が並び立つことを証明しました。

攻撃的で、攻守の切り替えの活動量が多い。 
この二人が並ぶと対面する相手は堪らんでしょう。 
とくにそれが疲れの来る後半ですからね。 
これはまさにザックの戦術の勝利なのかもしれません。
エクセレントです!

まあ、これは高徳がエライというより、長友がエライのだと思います。

騒霊のサッカー感的にはあの二列目のポジションはファンタジスタ(っていうと誤解があるけど)か、攻撃にアイデアを持つ加えてそれを表現できる技術を持つ選手のポジションだと思うのですよね。
本田だったり香川だったり宇佐美だったり乾だったりだと思ってたんですが、なんと長友だったとは。。正直びっくりです。

でもよく考えてみれば、
あの時の前の4人は、
本田、岡崎、長友、遠藤でした。
アイデアあるMFは本田と遠藤と考えると、
FWは岡崎だけ。。。
つまり長友はサイドハーフのポジションに入ったけれど、本当の役割はFWだったと考えれば、合点がいきますね。

FWに岡崎と長友、攻撃的MFに本田と遠藤。
この4人で時にはFW、時にはMFと4人がそれぞれ入れ替わりバランスをとりながら得点を取る。
なるほど絶妙なバランスだったと思います。

長友はサイドバックやサイドハーフだけでなく、攻撃的ポジション、たぶんFWもできる、そんなポリバレントな選手に進化しているのだな、と改めて感じました。

先日、清水戦に勝った新潟の柳下監督がこう言われました。
「きっちり正しいポジションをとっておいたら、そんなにやられないよということは選手たちにも伝えてあるし、自信を持って選手たちはやってくれたと思います」

正しいポジションをとってる限りやられない。
逆に言うと
正しいポジションであっても、それを崩せば得点を取ることができる。
という意味でもあります。

つまり攻撃的な選手。特に攻撃的MFはアイデアを持つこととか、キラーパスを出すことがとかく注目され評価されたりもしますが、実はそういう見方自体間違っていたのではないか。

柳下監督の言葉を借りれば「相手のポジションを崩せる」ことが大事で、そのやり方もシンプルでよいのではないか。
それが長友のやり方だと思うんですよね。

動くことで崩す。運動量で崩す。アクションを起こすことで崩す。

相手のポジションを崩すことこそ、得点をとるということ。

騒霊はカタール戦の長友を見ていて、勝つこととはイコール「シンプル イズ ベスト」なのだと考えなおさせられました。


香川や本田もすごいですが、やっぱり長友です。

日本代表でも所属クラブでもレギュラーとして活躍し、毎回のようにそれぞれで結果を出してる長友。。
この数年間、立ち止まることなく進化し続けている日本代表のトップランナーであることを改めて思います。

惚れ直しましたよ。長友佑都。
眩しすぎるぜ。長友佑都。


blueja-202429.png にほんブログ村サッカーランキング 

nationalteam106_24_3 jleague106_24_31 albirex106_24_1 
※あなたのクリックは騒霊のランキングに加算されることになります。
※クリックは1つで。複数回押してもらっても1回分しかランキングに反映しません。
クリックありがとうございました。ブログ更新の励みになってます。






追記:moleriaさん。コメントありがとうございます(騒霊)


こんにちは。はじめまして。

moleriaさんの長友評とザックの采配のご見解、納得です。 文章も騒霊よりも簡潔に表現なされており騒霊の文よりもわかりやすいです。

ただ前段の部分に一言いわせていただくと、宇佐美と乾の守備的リスクなのですけど、確かに彼らは守備力が足らないといわれます。実際そうだと思うのですが、現時点において彼らはスタメンで起用されるほどザックに信頼されていません。 だからやっぱりリスクのかかった終了間際の十数分くらいしかチャンスはないと思われるのですよね。

オマーン戦は最低でも引き分けで良しでしたから、その意味の「守備的リスク」とおっしゃられていることは正解なのだ思うのですが、問題はリスクをどう捉えるか。ですよね。。

リスクを基準にしていたら宇佐美や乾はむしろ代表に呼ばなくてもよいそんな気もするのです。 もちろん彼らは代表合宿・練習を通じてザックジャパンの戦術理解を高めている最中なのでしょうけど。。

得点をとった者勝ちのサッカーにおいて、「守備的リスク」をどう考えるかが評価としてとても難しいし表現しにくいと感じました。。。

つまりmoleriaさんもそうだと思いますが、あの試合1-1のドローで終わっていても良しと考えてる自分がいる。 はたしてこれは正しかったのか。。 結果として長友と高徳が左サイドを活性化させたのだから、たらればはないのですけどね。。 

そういう意味でも面白い試合だったのだと思います。




追記:shellさん。コメントありがとうございます(騒霊)


共感感謝です。
長友は高徳が上がるスペースを作ったことに加え、もし高徳のチャレンジが失敗しカウンターをされる場合に備えて、SBのスペースに戻れる両面体制を整えていたと思います。 
つまるところ長友はSHの位置についても、やっぱりSBの職人なんだってことかもしれませんね。。。
確かにいずれにせよ絶妙な采配だったと思います。




追記:moleriaさん。コメントありがとうございます(騒霊)


再訪感謝です。
おっしゃられてること同感です。
強い気持ちが選手にあったから勝ったというのもそのとおりでしょうね。
チームを引っぱった長友・本田の貢献は大きいです。

宇佐美や乾は、また代表に呼ばれるように所属クラブで結果を出してもらうしかない。 ザックにチャンスを貰えるまでアピールし続けるしかないのでしょう。 それは佐藤寿らほかの選手にも同じことで、現実には複雑な感情もあるのですけどね。。。。。

でも今回はチームが勝ってるわけですし、
新しい選手高徳や細貝が評価を上げたわけですからね。 彼らには俺も高徳に続くぞ、ってくらいポジティブに結果をだしアピールしてほしいって思いました。

宇佐美や乾には成長してほしいですね。ブラジルまで間に合えば、そのときの日本はホントに強くなってると思いますもん。 期待しましょう。



追記:shellさん。コメントありがとうございます(騒霊)


再訪感謝です。
たしかにザックの引き出しが増えましたね。 

評価できるところは、
1、引き出しが多い  
2、決断ができる(勇気がある)  
3、強運(勝運)がある。

というところでしょうか。
三つの中で特に騒霊がスゴイと思うところは3番かな。 強運の持ち主ってところです。 エクセレントです。




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
national team
タグ:
日本代表
ワールドカップ
長友佑都

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

そうですよね!まさに長友の守備での存在感がそのまま輝いていましたね!完璧なリスク管理でした。
事実、この交代以降ファイナルサード近くまでボールを運ばれることがほとんどなくなりましたし。
ザックはまだこんな引き出しを持っていたのかと驚きました。

【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

誠実なご回答ありがとうございます。m(_ _)m

個人的には、今回の試合・・・グループにおける勝ち点の状況と気温などのコンディションを考えると引き分けで十分だったと思います。そういう意味でも、乾・宇佐見を投入するのは無謀な采配・・・と言われても仕方がない状況ではなかったかと。じゃあ、彼らを呼ぶ必要がないのでは・・・というのもある意味真実かもしれませんし、気は早いですが、今のままではW杯本大会のメンバーに選ばれる可能性は低いと思っています。

ただ、彼らのような才能ある選手が戦術的に守備タスクもある程度まかせられるようになってくれると「使える選手」に成長できると思います。ザックとしては先も見据えて彼らを呼べる時には呼んでいるのだろうと思っております。今回、呼んでおきながら「宇佐見は成長していない・・・」とのコメントを発表しています。わざわざ公開の場でこんなことを口にするというのは、期待のあらわれだと思います。後は、宇佐見が自分のやり方だけにこだわらず、自分の良さを残したまま求められるプレーをこなせるようになるかと言うことだと思います。

前述した、引き分けで十分・・・ということですが、本田や長友が口にしているように、本気で優勝を狙うという気持ちで闘うのであれば、引き分けでは不十分だったと思います。そういう強い気持ちが選手達にあったからこそ、勝ち切れたのではないかと思います。そこが、この試合の最大のハイライトではなかったかと思います。日本代表のメンタルはほんとに強くなりましたね。ブラジル・フランスにはかなりやられましたが、本気で勝つつもりでやらないと、善戦して喜んでいるだけでは成長はできません。この長友や本田のメンタルの強さを、日本代表のチームカラーとして受け継いでいくことができれば、いつかW杯で優勝できることでしょう。ブラジルは難しいと思いますけど・・・(^^;

【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

大変参考になる記事でした。
長友のポジションを上げることで生まれた効果として感じたことがあります。
ル・グエンがハーフタイムで指示したであろう長友に対する守備のマークは長友がより高くより中央に行く時間を増やしたことで酒井高徳が攻撃参加するスペースを作り出すことになったのでは、ということです。
いずれにせよ絶妙な采配だなと感心しました。

【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

はじめまして。

現状、勝負のかかった試合・場面で宇佐見や乾をサイドに使うのは守備面でのリスクが高すぎると思います。

守備の安定をはかりつつ攻撃でも・・・という意味ではサイドバックタイプを縦に使うというのは、決して珍しい考え方ではありません。さらに、サイドの攻撃力においては今の日本代表では長友が一番と言ってもよいでしょう。普段の布陣ですと、サイドハーフが香川であっても、守備の負担は長友がかぶっている部分が大きいわけで、確かに前述した宇佐見や乾のテクニックやひらめきは素晴らしいのですが、あ~いうやや押され気味の場面で投入するのは非常にリスクが高いと思われます。

そういうことを考えますと、今回のザックの采配は非常に理にかなっていたのではないかと考えます。もちろん、運良く結果が伴ったという見方もできますが、細貝をボランチに入れておいて遠藤をトップ下に上げたことも、同様にリスクと攻撃のバランスをとりながら勝負に出た・・・という意味で、評価できる采配ではなかったかと思う次第であります。

こんな記事も読みたい

次のU-18日本代表監督に推薦してみたい外国人指導者をあげてみた【Jリーグやユース代表が中心のブログ】

オマーン戦 【 勝利の理由は、底力や地力の差、個の力の差。そして、香川と本田をより活かす布陣と方法についての話。 】【FCKSA66】

次のU-18日本代表監督を予想する【Jリーグやユース代表が中心のブログ】

★参加費無料★トライアスリート必見!★11/18(日)オリンピック選手がやってくる!★ロンドン五輪トライアスロン女子代表 足立真梨子・井出樹里選手登場!★【関口秀之の★スポーツのチカラ★】

見たかった、ソチブームの向こう側。【オフサイド野郎の観戦記】

【白鳥城の騒霊】スポーツというリベラルアーツ【白鳥城の騒霊】

陸上競技部・写真展企画・飯塚翔太(法3)、舘野哲也(商3)【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

水泳部(競泳)・写真展企画・石橋千彰(総3)【「中大スポーツ」新聞部ブログ  ~劇闘中大!中大から大学スポーツを熱くする~】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:306
  • 累計のページビュー:5071809

(07月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss