白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~

このエントリーをはてなブックマークに追加

この試合の意味は日本代表の現在位置の確認である。

欧州というアウェーでの試合。
つまりフェアな試合であるということ。
日本の選手にとってもフランスの選手にとっても、というところがポイントだ。
海外組が大半を占める日本代表にとっては欧州で試合をするということが、その良し悪しは別にして、意味正統な評価を得られる試合ということになるのだろう。。。

ただ残念だったのは、主力の怪我による離脱。
とくに、前田と本田の離脱は残念。
代わりに起用されたハーフナーも中村も悪い起用だとは思わないが、ただいかせんこのメンバーの中では経験が少なく、連携に期待できないということ。
ここ一番で、期待度が高い試合なのに、こんなことになるなんてというのは、なんていうかサッカーの神様はイケズである><

なのでスタメンを見たとき、がっかりしたサポファンは結構多かったのではないか。。
騒霊もそうだ。
いうなら積極的起用ではないというところ。
ここは勝っても負けても、わだかまりの残る評価にならざる負えないだろう。
とそのように試合開始前は考えていた。

しかしだ。
酒井宏樹の起用がある。
これは驚いた。
定番レギュラーだった内田は所属チームでも結果をだし好調だったと聞いている。
その内田を押しのけての酒井の起用。。
チャレンジングなザックの起用。。
積極的なチャレンジという意味で、期待は超高まることとなった。

試合はみなさんご存知の通りだ。

前半何度もやれて一歩間違えば、ちょっとだけ運がフランスの選手に転がっていれば、1点じゃすまないかもと思われるシーンが何度もあった。
ハーフタイムには
前田がいれば、本田がいれば、たらればの妄想が頭の中を駆け巡る。
中村もハーフナーも彼らなりに頑張ってたのだろうが。。やっぱりの結果だ。仕方ない><
それでも(運もあったけど)0点だったのは守備陣も頑張っていた。
特に抜擢起用された酒井は頑張ったと思う。
この展開は本田と前田がいなければこうなるのは必然なのだろうし。。ここで内田はリスキーである。内田はいい選手だけど。守備的にならざるを得ないこの状況なら、ザックの判断は適切だろう。 酒井も経験が少なかったのに、よく頑張った。ザックはシャイだったといっていたが彼の強さは確認できたし、チャンスを活かしたといえるだろう。


で、もう一つのチャレンジ。
後半17分。
もちろん香川のトップ下起用。
香川・乾・清武のサクラ前線の起用。
彼らのスピードとアジリティーがチームを活性化する。
それまで納まらなかったボールが納まり、途切れてたボールがつながる。
面白い。
頑固なまでに香川にトップ下のポジションを与えなかったザック。
ついにその禁を破る。 中村がとことんダメだとは思わない。ザックの評価もさほど下がってないと思うが、これを見ると、やっぱり始めっからトップ下・香川も見たかったよね。

後半43分のゴール。
素晴らしい。
今野がボールを運び、長友がダイレクトにアシスト、で香川のゴール。
(特に長友のスタミナには脱帽><)
まるでホビットの冒険だ!
日本はこの一点を守りきり勝利!
大金星!

結果を出したこともすごいが、
大事なのはこの試合の意味である。

一つは酒井宏樹という大器をフランス戦で試せたこと。
もう一つはトップ下香川。
この二つの可能性を試せたことはよかった。加えて結果も付いた。

引き出しを増やしたという意味で、この意味は大きい。


blueja-202429.png にほんブログ村サッカーランキング 

nationalteam106_24_3 jleague106_24_31 albirex106_24_1 
※あなたのクリックは騒霊のランキングに加算されることになります。
※クリックは1つで。複数回押してもらっても1回分しかランキングに反映しません。
クリックありがとうございました。ブログ更新の励みになってます。






追記:tinさん。コメントありがとうございます(騒霊)


この試合の酒井宏樹の評価は、彼のストロングである攻撃がむしろできてませんでした。でも守備でがんばってましたし効果的だったと思います。 まずそこを認めてやってください。

そして「守備重視なら内田」というtinさんの意見は騒霊と完全に異なります。

できましたら、あなたと違った角度から試合を見ている人間もいるということを受け入れてもらうことはできないでしょうか。

そう思っていただけたら幸いです。。。



追記:tetsuさん。コメントありがとうございます(騒霊)


内田は後半41分に入った選手ですからね。 ちょっと先入観を持って評価してませんか? (それは騒霊にもいえるかも知れませんが><)
騒霊的には、内田は<評価なし>です。

騒霊は酒井の起用、ザックのその選択をとても高く評価してます。 ワールドカップまでの間にもっと成長してほしい。期待してます。



追記:日本人のフィジカルさん。コメントありがとうございます(騒霊)


酒井はまだまだです。所属クラブでポジションをとれていないことからしても、当然かもしれませんが。。

日本人のフィジカルさんのご指摘どおりです。
彼は恵まれているものをいっぱい持っている。期待もされてる。
でも彼自身がその器に安穏としたらそのときが彼の限界でしょう。
この一年、いやもう半年とちょっとくらいかな、彼への期待には賞味期限がある。。。
もちろん酒井もそれを理解してると思います。きっと。。。

1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
national team
タグ:
日本代表
ザックジャパン

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~

酒井選手はリベリに吹っ飛ばされていましたね。
良い教訓にしてもらいたいです。自身のフィジカルの強さ
には限界があることを。

内田選手いわくリベリ対策は、他の味方の選手と相手チーム
の選手のポジションから予測して、リベリよりも先手を取る
ことが大事だと発言していました。

酒井選手は日本人としては、確かに体が大きくて身体的に
恵まれているでしょう。でもそれだけでは限界なのです。
もっと考えてプレーしてほしいのです。そうしないと
ドイツでポジションを得ることは難しいでしょう。

【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~

酒井は内田の代わりが出来るか試されたのだと思います。
アジア戦では内田の出場停止の中、使われていましたが、この強豪チームでどの程度出来るか?ザックはWカップを前提に試したのでは?
結果、まだこの位置では内田が一枚上だと思いました。
内田が出てからのリベリへの対応、得点シーンでの上がり等、ドイツでベスト11に選ばれた好調さをキープしていると思います。
出場停止や怪我等を考えると、酒井のレベルアップは不可欠です。

【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~

内田がリスキーというのがちょっと解せません。

酒井宏樹の持ち味ってオーバーラップしての攻撃面かと思います。
一方内田の持ち味ってバランスの良さやビルドアップではと思っています。

移籍した影響かわかりませんが酒井宏樹はブンデスリーガで守備も上手くなっていますが、
守備重視ならまだまだ内田ではないかと私は思います。

こんな記事も読みたい

フランス対日本雑感【スポーツ観戦日記&感想日記】

フランスvs日本  国際親善試合【球マニアのBLOG】

これぞ、サッカー【禍福は糾える縄の如し】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:306
  • 累計のページビュー:5071809

(07月28日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年07月28日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss