白鳥城の騒霊

【白鳥城の騒霊】俺たちのサッカーとは何か? ~四つの「俺」をつなげ「ひとつになる」アルビスタイルの構築を次期監督に期待する~

このエントリーをはてなブックマークに追加

「俺たちのサッカーって何?」 新潟に問われるものは、いつもそこにあります。   騒霊なりに「俺たちのサッカー」を解釈すると、「俺たち」は4つの俺に分類されます。 第一の「俺」とは、監督がやりたいサッカー。 第二の「俺」とは、選手(たち)がやりたいサッカー。 第三の「俺」とは、クラブ(強化部や育成部)が指導していきたいサッカー。 第四の「俺」とは、サポーターがまた見にきたい応援したいと思えるサッカー。   大きく分けてこの四つの総和が「俺たちのサッカー」であると思うのです。 新潟でいうところの「俺たちのサッカー」とは「アルビらしいサッカー」です。   先日の清水戦の試合後の堀米悠斗がコメントで「アルビのサッカーとは何か」についてこう語ってました。

堀米「来季、監督が代わってどういうサッカーになるかまだ分からないですけど、アルビというチームの伝統として、前からプレスに行って、相手より走って、体を張って守ってというものがベースとしてあった上で、新しい監督がどういうサッカーをするかというのがあると思う。今日の一人ひとりの頑張りを基準にして、来年向かっていければ、そう簡単には負けないチームになると思います。」

12月5日の新潟日報のコラムでは、アルビOBで今はアルビのJrコーチの内田潤氏は「アルビらしさ」をこう語ってます。

「可能な限り前からボールを奪いにいく。はがされて、いなされもするけど、誰一人あきらめない。奪ったところから、シュートカウンター、ゴール前になだれこむイメージ」

つまり、選手たちの中にも、クラブの育成担当者の中にも、ある程度のアルビ像は出来上がっているわけです。 騒霊みたいな素人サポでもアルビスタイルのメルクマールは、2013年のヤンツーアルビのころのサッカーだと信じていますからね。 むしろなんで呂比須さんみたいなアルビスタイルを理解してない監督を連れてきて、チームを立て直そうと考えたのか? そこら辺のことについては、呂比須監督の就任序盤の段階で、選手たちの戸惑いの声が上がっていたとのことでした。

就任して初練習を行った5月16日、呂比須監督は厳しくボールを奪い合うことを要求した。試合形式でも最前線からプレスをかけて、カウンターを提唱。本来の「新潟スタイル」だった。それが翌17日に大きく変わる。「プレスをかけるな。自陣に引いて中盤と最終ラインでブロックをつくれ」。その陣形で相手がボールを入れてきた想定での守備を繰り返した。今季で引退したMF本間勲(36)は「前日からの変化に正直、戸惑った」と言う。

すべてが終わって当時を振り返るみたいな話を聞き改めて考えてみると。 こういうアルビの根幹といえるイデオロギーである「アルビスタイル」を理解していない監督を連れてきてそういう監督にチームを任せたところに、そもそもの間違いがあるようです。   なんとなくサポという枠外から見ていても明らかだった違和感。第二の「俺」である選手の中にも、第三の「俺」である育成コーチの中にも、第四の「俺」であるサポーターの中にも、おいおいこの監督は今までのアルビスタイルではないぞ??と少なくない「俺」たちがあのころ疑問を持ったはずです。   当時、ある大敗した試合のあと、キャプテンだった大野和成が「こんな時こそ、みんなひとつにならなきゃいけない」と必死にサポや選手に訴えていましたが。今から当時を振り返ってみると、そもそも論のところで「ひとつ」の中心であるべき監督が、「俺たち」という大きな「ひとつ」を目指していなかった。 監督である呂比須氏は、明らかに「アルビのサッカー」の追求ではなく、自分がブラジルでやってきた「呂比須のサッカー」を追求していた。もちろんバランス次第なので、それが問題のすべてではありません。でも最後は結果ですからね。「16戦連続勝ちなし」というアルビ史上初の不名誉記録まで作り上げて、それでも「呂比須のサッカー」に間違いはなかったなんて誰も言えないでしょう。   当時大敗した試合後に、キャプテンだった大野は「ひとつになろう」と選手やサポに言い続けてました。でも実際はチームの中は同床異夢です。監督は好き放題やってたし。強化部長は、好き放題やる監督を連れてきて好き放題させていた。 そもそも論とするならば、現場フロントのリーダーである強化部長は、アルビの長中期のビジョンを作って、ビジョンに基づいて、ビジョンを現実に肉付けしてくれる監督を連れてくる。監督はチームのビジョンを理解し、チームの歴史を理解し、チームが積み重ねてきた土壌に、これまで足りてなかった肥料をまき土壌改良して、作物のように種を植え、作物のように育て、作物のように収穫するのが、監督の役目であるはずなのに。。。   編成責任者である強化部長も「俺たちのサッカー」を作ろうとする姿勢が見られず、監督も「俺」のサッカーに終始してしまっていた。 第一の「俺」である監督と第三の「俺」である強化部長の見てる方向と、第二の「俺」である選手たちと第三の「俺」である育成担当と第四の「俺」であるサポ。結果として「俺たち」には意識の分断が存在してて、「ひとつ」にならなかった。 「俺たち」というアルビの集団意思は、ラストの数試合を除いて、ほぼ一年を通じてベクトルが一つにまとまることはなかったという訳です。   そしてアルビは、15年ぶりのJ2降格となりました。

3ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
j-league
albirex
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

【求人情報】<中核人材募集(経験や志向を考慮した配属先決定)>Jリーグクラブ運営企業【SPORTS JOB NETWORK 公式ブログ】

『グランパス』選手の動向を考えてみるSB&ボランチ【赤の血潮と、青の魂】

【白鳥城の騒霊】小川佳純による啐啄同時(そったくどうじ) ~はたしてアルビのヒナたちは殻を破ることができたのだろうか?~【白鳥城の騒霊】

最後のJ1【no title】

Jリーグホームスタジアム訪問記~アルビレックス新潟~【This is J-league】

【白鳥城の騒霊】風に吹かれてもなにも始まらない。どこかに運ばれていくだけ。選手だってサポだって移りゆくものでしょ? ~アルビJ2降格決定~【白鳥城の騒霊】

ブログ移転のお知らせ【アルビレックス新潟シンドローム】

10/14アルビレックス新潟VSガンバ大阪【Jリーグ第29節】【アルビレックス新潟シンドローム】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:262
  • 累計のページビュー:5141070

(12月15日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ラモス瑠偉氏の「雪国クラブ差別発言」にレッドカードを! ~ジャパン・プレミアリーグとはJクラブをふるいにかけるための制度である~
  6. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  9. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~

月別アーカイブ

2017
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年12月15日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss