白鳥城の騒霊

3−3が意味したもの。新潟vs広島

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグスワン沿いにある鳥屋野潟の桜は五分葉桜くらいかな。散り始めた桜の花の絨毯を踏みしめるのも芝に負けないくらい弾力があってそれもまた楽しって感じ。

本日の広島戦は快晴。やや風があるが絶好のサッカー観戦日和。ピッチはちょっと暑いかも。
広島のパスサッカー見たかったんだよねー。お手並み拝見。
知らない選手が何人かいる。ミキッチ。高柳。森脇は、、前いたな。
とくにミキッチ。お前はFWか!ってくらい高い位置にポッジションをとってる。ジウトン狙われてるなー(笑)。この2人ミキッチが後半ピッチを去るまでずっ〜とやり合ってたね。うん、見応えあった。

前半。
6分。さくっとDFの裏を抜かれ寿人へ。オフサイド。線審判断遅い。ドキッとした。
11分。松下のミドルシュートはバーをはじきもう少しでゴールだった。惜しい。
15分。佐藤寿人のゴール。青山のロングから。千代抜かれた。あちゃ〜。0−1。
序盤の失点。6分といい、京都戦の失点といい。また頭が痛くなった。
なんかまた京都みたいな展開はやめてよねとか思ってた、、
22分。千代反田からのロングがゴール前に入る。広島のDF陣ギャップを上手く突きPJが侵入。キーパーと競り合いゴール!同点。1−1。やったー。早い時間で追いつけた。事前の情報通り広島の守備はちょっと緩いところがあるみたいだー。新潟も緩いけど、広島も緩かったー(笑)。
ところがあれれ??
PJと広島のGKが倒れてる。広島のGKは負傷交代。一度立ち上がったけどまた倒れた鶴。PJは大丈夫だった。ほっ。これ以降新潟のペース。
GKが変わったってのはGKも大変だけどDF陣も大変。そこら辺のビミョ〜って感じが見ててもわかる。案の定。
30分コーナーキックからのボールを広島のGKがはじく。丁度いいところにまたもやPJ。ゲットゴール!逆転!2−1。
43分新潟の猛攻。広島のゴールエリアで新潟ボールが繋がる。最後はまたもPJがゴールを決める。ハットトリック。3−1。スタンドはちょっとしたお祭り状態になった。

後半。
広島が仕掛けてくる。ハーフタイムで広島は少し落ち着いたようだ。
でも新潟のDFもなかなかいい。前半の序盤佐藤寿人に裏狙いも永田のみっちゃんのケアと北野が飛び出しを早くしたことで問題解決。
ちょろちょろとゴール前のバイタルエリアを動き回る柏木と高柳をボランチの勲と前の松下とマルシオでマークの受け渡しができてて上手く危険を潰していたとこがイイネイイネ〜。と思ってた矢先の
10分。ミキッチのパスを受けた柏木がそのバイタルエリアで何故かどフリー。当然ゴール。のけぞった。
「それはないやろー」。3−2。
13分。ジウトンの上がり素晴らしい。ミキッチが反応して並走してなかった絶対得点に繋がったと思う。
このころは完全に広島ペース。ロストボールの取り合いが激しくなりプレーが止まり始める。
攻める広島。カウンターの新潟といった構図。
21分。ジウトンからマルシオへ。ヘッド!残念!枠外!おしい!
なんとかこのままと思ってた頃、新潟も選手交代らしい。
ヨンチョル。よしこれからだと思った
27分。新潟ゴール前でごちゃごちゃっとしてたら点が入ってた。3−3。同点。どうやら大島のオウンゴールらしい。あじゃぱ〜。
同27分。選手交代。大島outヨンチョルin。でもいまいちヨンチョルの色を出せない感じ。
どちらも勝負をかけてきたがいかせん。疲れてきてる。どちらも決定打に至らず。
ドタバタ。ドタバタ。って感じで試合終了。


3−3。
リードしてた新潟にとってはもったいなかった試合。
とはいえ内容はけして悲観するものでもない。
新潟目線でいえば
・PJのハットトリック。はっきりいえば広島はPJ一人にやられたといっても過言ではない決定力。それにもしかしてビッグスワンでハットトリック生観戦って初めてだ。嬉しいぞー。
・広島に3点取られたとはいえ攻撃陣と守備陣をそこそこ分断できた。槙野やストヤノフの超攻撃をさせなかったくらい新潟のオフェンスが強力だった証拠。新潟の攻撃が広島らしさを出させなかったともいえると思う。

もちろん失点はいただけない。
1点目は前節からの課題の「試合の入り方」の修正がまだできていないこと。
2点目はあれほどケアしてた中盤なのにあの一番大事な瞬間だけ気を抜いてしまったこと。
3点目は、、事故でしょ、しょうがない。
やっぱり失点するにしても1点は減らせた。まだまだ修正は必要。
まあね。
負けなかったことを良しとしよう。

それにしても
試合終了直後、ピッチに座り込む広島の選手たちの脱力した姿は良いシーンだったね。
この3−3という試合がどういう意味だったかを教えてくれた象徴するシーンだったと思った。
去年はJ2だったなんてもうぜんぜん関係ないね。
Jリーグはやっぱり甘くない世界だ。







★★ランキング参加中★★
↓よかったら下のバナーを↓1つポチっとクリックお願いします。
jleague106_24_31 albirex106_24_1

match record: 2009.04.18 2009 J1リーグ戦 第6節 新潟 3 - 3 広島
venue & watch: 東北電力ビックスワン




1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
albirex
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

3−3が意味したもの。新潟vs広島

×牧野 
○槙野

今日の試合はPJの決定力と日本人の決定力の差を見た気がします。
6分も服部に自ら決める力がないためオフサイド。

3分もオーシは決めないといけないね・・・。

こんな記事も読みたい

ベスト4が出揃って【Tさんのサッカーブログ】

いい加減にしろ。 ~vs JEF【Football Odyssey スポナビ分室】

フィンケのサッカーが浸透してきた。【スポーツノブログ。】

ブロガープロフィール

profile-iconblueja

管理人:騒霊
  • 昨日のページビュー:376
  • 累計のページビュー:5025318

(05月29日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 【白鳥城の騒霊】J1クラブ・ブラック体質ランキング ~新潟が降格圏争いに加わっている最大の理由を探る~
  2. 【白鳥城の騒霊】未来の韓国代表になるサッカー少年たちに同情してしまった、韓国戦
  3. 【白鳥城の騒霊】疑惑のPK判定。家本主審のジャッジは正しかったのか? ~2nd第5節 新潟vsG大阪~
  4. 【白鳥城の騒霊】国際社会では旭日旗に対して「何が問題なのか」という雰囲気である。
  5. 【白鳥城の騒霊】ハリルホジッチは明らかにザッケローニの方向ではない。むしろ岡田武史の方向に近い。 ~自分たちのサッカーがない日本はきっと評価が揺れるはず~
  6. 【白鳥城の騒霊】酒井宏樹というチャレンジ ~サイドバックに求められるもの~
  7. 【白鳥城の騒霊】4年間で3回のリーグ優勝を成し遂げた森保監督 ~日本人による日本代表監督推薦ランキングあるとしたら・・~
  8. 【白鳥城の騒霊】ザックの引き出し ~欧州遠征 フランスvs日本~
  9. 【白鳥城の騒霊】長友佑都というエネルギーの塊りこそ日本代表のパワーの源泉 ~最終予選 オマーンvs日本~
  10. 【白鳥城の騒霊】ゼロ円移籍を撲滅しよう! ~秋春制とゼロ円移籍の親和性について~

月別アーカイブ

2017
05
04
03
02
01
2016
11
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2014
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2011
12
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2010
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
2009
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2008
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2007
12
10
09
08
07

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月29日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss