ブログ利用マニュアル

【6-(1) コメント投稿方法】コメント一覧

コメントありがとうございます

鷲愛心さん、コメントありがとうございます。

非常に苦労しています…ただ、やはり、社会人になっても、刺激のある生活はしたいなあと思っています。イーグルスにも刺激が必要でしょうしね。
まあ、あちこちで、負ける度に昨年の優勝は田中とマギーのおかげだったとか言われてしまいますが、藤田の好守備、嶋のリード、AJのHR、銀次のヒット量産、稼頭央のキャプテンシー、聖澤の俊足、岡島の粘り、代走森山の盗塁技術、枡田の意外性、島内の積極性、則本の新人王の活躍、辛島の丁寧な投球、美馬の大胆な投球、青山の登板に次ぐ登板、小山のブルペンリーダーとしての仕事、金刃の救世主ぶり、長谷部の魂の復活劇、福山の便利屋っぷりなど、様々な要因があっての優勝だったはずです。
彼らのうち何人かが不調や故障で2軍に落ちてしまっている現状でも、シーズン途中から、昨年のような快進撃を見せてくれると、私は今も期待しております。
ユーキリスは、アメリカでのいくつかの発言を報道で聞いた感じ、おそらくもうアテにするだけ無駄でしょうけれど、その分もボウカーが彼の穴を埋めてくれればいいだけですしね。

7-(2) 携帯電話からのコメント投稿方法

別当監督でAクラス様 コメントありがとうございます。

 なんでしょうね、長田。まあ、失点したら負けやすい場面ですから、敗戦がつくのはわかるんですが、勝てるというのはね。特に投球リズムがいいとか思えないんですが。なんか変なものがついているんじゃないでしょうね(それなんてオカルト)。
 佐々木氏の解説は正直聞いていなかったというか、聞きたくなかったので音量を絞っていたというか。なんというか、横浜OBの割に采配批判が多くて、あんたどっちのチームの出身なんだ、といいたくなります。技術に裏打ちされた話もありませんし、打者に関して解説していた時には吹き出しそうになりましたよ(聞いてるんじゃないか、という突っ込みは無しで)。
 まあ、あそこの継投は正直私も謎でした。監督特有のリベンジ登板というやつだったんでしょう。さすがにそういったオカルト理論を期待した登板では無かったと思います。が、いや、あのギャンブル好きの監督ですし、まさかあるのか?いやいや…、しかし…。
 井納は疲れが出ていても仕方がないですね。まだ2年目でシーズン通して働いたこともありませんし、そろそろ疲れが出てくるころでもあります。ちょっと登板順をいじって欲しいところではありますね。
 モスコーソは今日の試合でなかなかの好投。しかしソーサも素晴らしい投球をしましたし、どういう形になりますか。モスを二軍に気にするのももったいないですし、起用を上手くさばいて戦力ダウンを少なく抑えて欲しいものですが、今の首脳陣では難しいでしょうね。

7-(2) 携帯電話からのコメント投稿方法

テスト

7-(1) コメント投稿方法

こんにちは。
昨夜は内海投手の登板回避で、ホークスに運が向いたようですね。
摂津投手は故障明けの登板なので、打たれたことは仕方ないでしょう。
それより勝ちが付いたことが、大きいです。
次回の登板に期待したいですね。
打線も、この勢いを維持して、勝利に結び付けてもらいたいです。

7-(1) コメント投稿方法

こんばんは。
最近、打線があまりにもスゴイので、驚いています。
こんなことってあるんですね。
タイムリー欠乏症は、何だったのか?
エースの摂津投手にも勝ちが付いたし、中田投手も前回の炎上の不安を
払拭してくれましたね。
勝ち運に乗っているこの時期に、さらに上昇気流に乗って欲しいと思います。

何故?閉鎖するんですか?

わかります。ブログ炎上までいかなくても批判的なコメントがワンサカ!!
凹みます。しかし、自分の思うところカキコしただけですよねぇ個人攻撃でも中傷でもなければイイんじゃぁないですか?!プロじゃないんだからねぇ大多数の意見に反論する時は、炎上覚悟でカキコすればイイだけですよ(@_@)勇気が要りますけど( ̄▽ ̄)

PKの判定

シミュレーションだという意見があるようですが、

シミュレーションとは、反則行為が全くないのに故意に倒れたりバランスを崩すことをいいますよね。

今回の場合は、クロアチア選手の両手がブラジルの選手の体を抱えています。
抱える力の入り具合までは、判定の基準に入れても瞬時に判断できるものではありません。

したがって、あとは主審の判断に任せるグレーゾーンでしかないということです。

7-(1) コメント投稿方法

敬二郎⇒「啓」二「朗」

7-(1) コメント投稿方法

でも日本って強くなりましたよね

コメントありがとうございます

兵役ですか?仕方ないですね、でもシーズン前から分かっていたことでしょうに…
新しいチームでの更なる活躍を祈念します。

7-(1) コメント投稿方法

もう恥ずかしいからやめましょうよ
人気ないし塩だったから解雇になった
それだけです

7-(1) コメント投稿方法

こっちのSNSではヨシさんのニュースは全く話題になっていません。

7-(1) コメント投稿方法

キューバのアルエバルエナみたいな遊撃手を獲って来てほしいですね。
アルエバルエナ本人はメジャーに行っちゃったので、その控えでもいいです。
WBCで充分凄かったので。

はじめまして

はじめまして、こんにちは。
ブログ、楽しく読まさせていただいております。
私はプエルトリコの野球のブログを書いているcoquitoと申します。
http://prbaseballjp.blog3.fc2.com/
さて、管理人さんのyasuluceと一度お会いして、カリブの野球について直接お話ししたいなと思いコメントにて書かせていただきました。
スミマセン。
もし、お時間あるようでしたら、お会いしませんか?
私は東京在住の40代のおっさんですが、カリブの野球が話せる人がいると思うとぜひ一度お会いしたいなと思ってます。
もしよろしければ、ここにメールいただければ、折り返しお返事させていただきます。
coquitojp@gmail.com
それでは。

7-(1) コメント投稿方法

sss8さん
コメントありがとうございます。原口は面白い存在ですよね。ロシアではぜひとも主力になってもらいたいです。ウィングをこなせる選手って、今の日本ではほとんどいないですしねー。

山田はすみません、よくわからないです(^^;;

エントリー内容以前の話では?

こんにちは、管理人様。
今野選手が足をかけた選手はペナルティエリア付近であってもゴールに真っ直ぐ向かってるわけではなく、
今野選手がいる事でゴールからやや横に逃げる方向へのドリブルの状態でした。
すなわち、シュート体勢に直結の脅威状態ではなかった訳で、冷静に体をつけて自由にさせないのが正解のケース。
しかもそこはペナルティエリア。
この場合にスライディングする意味じたい私には解りません。
その選手がシュートを打とうという体勢に入ってるならシュートブロックの為にスライディングはありかと思いますが、
今回は全く違うケースです。
完全な判断ミスで海外組うんぬん、スピード感の違いうんぬんは全く関係ないケースであってプロとしては少々恥ずかしいミスの類ではないかと思うのですが。

7-(1) コメント投稿方法

こんばんは。

お嬢さん心配ですね。
乳幼児期はよくあることではありますが、お大事になさってください。

今回のエントリーは、ほぼ管理人さんに同意。
節目になりそうな試合だから総力戦というのはわかりますが、今季初登板とはいえ、実績のある投手。
打者一巡くらいまで投げる力量がないとも思えません。
5回までを加賀美、ソトで乗り切れれば、また違った展開になったやもしれません。
1回2/3で22球だったので、林のアクシデント以前から交代は疑問でしたが、まあいい内容で終えられたのをよしとしましょう。
加賀美については、個人的には国吉ほどの期待はなかったので、残念ながらあんなものかと。
一軍半の壁を破るのはいつになることか..
球威も制球もイマイチなので、中継ぎでの本格運用も疑問。
安部は沖縄遠征が無ければ抹消でしょう。
今昇格時の登板が現役最終登板になりそうな気も。
社会人時代は随分実績を残した投手なんですけどねえ。
安部の代わりに萬谷2イニングも賛成。
1-4で捨てゲームと考えていたなら仕方ないですが、メッセンジャーが投げているわけでもなし、攻めの姿勢には見えませんでしたな。

で、長田。
今季の登板履歴を見ると、調子の悪い時期は2-3試合続けて壊滅的な投球をしますね。
4月下旬が、2試合1回2/3で6被安打4自責点。
5月20日前後が、5試合5回で10被安打4自責点。
7月直近の3試合が2回で8被安打7自責点。
疲れからかなんなのかはわかりませんが、好不調をつかんで、末梢、昇格を頻繁にした方がいいように思いますね。
ただ、ベテラン投手でもありますし、不調をコーチの責とするのは甘い過ぎるかな。
まあ、好不調の把握はして欲しいところではありますけどね。

9回は難しいところ。
結果からすれば、三上、大原を出すべきだったでしょう。
特に非常に重要な試合と考えているのなら、なおさら。
ただ、これはそこまで采配批判するほどでもないかもしれません。

打線はそこそこやりましたが、金城、多村はシーズン半ばまで来ても、安定的な力は見せられなくなってきてます。
7月で育成モードにする必要はありませんが、入れ替えは頻繁にして、金城を抹消して乙坂や宮崎を上げて結果が出せなければ、また10日後に金城や多村を復帰させればよし。
聖域は石川と梶谷だけでいいでしょう。
ファームの若手野手の力量を確信してるわけでは全くありませんが、冴えない成績のベテランが、全く入れ替え対象にならないのはどうかなと。
バルディリスもなかなか復調しませんが、故障が原因ならこちらも落とすべきでしょう。

12点取られましたが、やはり打線の復調がなければ上昇はないと確信しました。
せめて他球団並みの2割6分程度まで。

7-(1) コメント投稿方法

選手みんなのプレーの精度が凄く高かったらきっとうまく行くんでしょう
これに対する守備の一つがきっと、相手がボールを持っている際にエジルを積極的に下がらせての少ない人数でのカウンターというレアルの作戦のでしょうか
ペップの時代のバルサと去年リーガをとったときのアトレティコの試合見てみたかったなー

7-(1) コメント投稿方法

おっしゃる通りだと思います。

しかし、原監督はじめ、巨人の首脳陣は片岡の守備は悪いと思ってないでしょう。
だから、変えなかったと思います。

アンダーソンに関しては、たしかに変えてもよかったと思います。
ここはおっしゃるように、延長も考慮したんでしょうね。

プロビンチャ

毎回すいません。今回もコメントしてしまいます。

spulse39さんのコメントは面白いですね。確かに清水はプロビンチャです。

夏の高校野球静岡県大会決勝で静高が勝ちましたが、我々静岡県民にとって静高や浜商、浜工、掛西、韮高など公立高校が勝つのは胸躍ります。(常葉橘・菊川はじめ私立高校の皆さんごめんなさい)それは地元の息子たちが出ているからで、まさに地元愛です。全国から集めてきた優秀な選手よりも、町内のあの子が出ているほうが盛り上がります。エスパルスはどうしてもこの延長線上にあると思うし、だからサポでもあります。

以前、現楽天監督の星野仙一氏の公演を聞いたことがあります。
星野氏は阪神を勝たせるのに最も苦労したのは、谷町衆(選手の後援会)の影響をいかに排除して、悪影響のある選手を解雇し、必要な選手を獲って来るか、だったといいます。
まさに大いなるプロビンチャであった阪神タイガースをビッグクラブにした瞬間です。そしてタイガースは1985年のバース・掛布・岡田トリオ時代ぶりの優勝をしました。

私は清水に強くなって欲しいと願うエスパサポですが、世界中からツワモノを集めてきて「銀河系軍団」などというチームになって欲しくないですね。(もっとも、駿河湾から大量の石油が産出されて鈴与がビッグメジャーにでもならない限り不可能だと思いますが)

それでも、主さんの言うように、ビッグクラブ的な合理主義、科学的・医学的なトレーニングなど、弱小チーム的団結力とあわせるようにバランスをとる、その上でジャイアントキリングを!と願います。
実現は難しいけど、清水なら出来る・・・かな?

7-(1) コメント投稿方法

スポーツとしての敗因というよりは
サッカー協会のやり方について反省や
組織について改善があるべきだ、
と言う事を多くの人が言っているのでしょう。

4年間というスパンで考えた場合に、
次のワールドカップを戦う監督は
半年後とか1年後とかまで選考を行なっても良いワケで、
焦ってアギーレにする必要もなかったかも知れませんね。
それまでの試合は日本人監督でやってみるのも
アリだったかも知れません。

他人のブロガーへコメントした場合

 他人のブログへコメントした場合、そのコメントに対する管理人さんの返答も気になります。

 現状のシステムでは、自分の記事に対するコメント管理しかできませんので、自分が他ブロク゛にしたコメント管理ができるようにしていただきたいです。

 宜しくお願いします。

7-(1) コメント投稿方法

レアルマドリードはディマリアが恋しくなるはず

はじめまして

はじめまして。
私があまりデータ的なものを
理解していないので
いつも興味深く拝見しておりました。

個人的な感覚が
ここで出てくるデータからの見識と同じだったりして
ビックリしたり
逆に
「ほぉ・そうなのか」的なデータが出てきたり。
データっておもしろいですねぇ~

ちなみに私は阪神ファンです。
(それほど熱狂的ではないかなぁ~)
阪神の守備、データ的にはどこら辺に問題があるんでしょうか?
それがわかるようなデータはあるのでしょうか?
時間がございましたら教えてください。

エースになる日

どうもです。

1年間応援お疲れ様でした。

ジャムはけだるい倦怠感でいっぱいです。笑
でもCSで澤村が必ずや活躍すると信じていますので
また応援します。
来年以降はきっと見せてくれますよ。本当の姿を。
でも、
菅野にはジェラシーばっかりやわ。

7-(1) コメント投稿方法

どうですかね
元々CS自体が 消化試合を減らす事を大きな理由として導入されたものです。 
そして 優勝争いから脱落した球団の方が大きな恩恵を受ける(優勝したチームは CSが無くてもそれなりに観客入りますから)

加えて CS導入以前なら優勝チームは自動的に日本シリーズで稼げていた訳で いわば敗者復活で、稼げる日本シリーズの出場権を得るチャンスが与えられる…と考えれば 贅沢も言えないでしょう。

個人的には 優勝チームが稼げる方が良いと考えています。
優勝チームが(必然的に)好成績を収めた選手達の年俸高等に耐えられず 選手の流出により低迷するのも あまり見たくありませんしね。

すごい分析です。

スアレスが加入後のバルサの分析もぜひお願いいたします。

CS勝者!

下剋上であってもCSを制したチームは大いに
喜ぶべきで、それはリーグシーズン優勝とCS覇者を
あえて分けたCSの宿命です。
メジャーの3地区優勝チーム+ワイルドカード上位
2チームの勝者が公平に激突する意味と違うのは
解りますが。
和田監督の更迭はCS結果次第でそれが撤回されたのは
現段階ではよかったと思います。

7-(1) コメント投稿方法

凄くヒートアップしているのでコメントさせて頂きます。どちらがいいとか、悪いとか、の問題ではなくこれからの日本のバスケットはどのようにしたらレベルが上がるのか?が問題です!2007年の世界選手権の15億円の赤字問題からなんか闇で会議されてるみたいで協会に不信感がありました、この際協会をガラス張りにして頂きたいと思います。次にNBLリーグ機構にも言わせて貰います。NBLは新規参入するチームの事業計画をよく吟味したのかと疑問に思います!実業団参加ではなくプロ参入でしたよね?なぜ1年で破綻になるのか分かりません?少なくても3年は赤字になっても4年目からは黒字転換にしなければ会社じゃないですよね!自分の身銭で会社をしたら、必死に黒字にする為に頑張ると思いますよ。仮に事業計画で黒字転換が難しいと思ったら!そんな事業には手を出さないと思いますよ、これは明らかに誰かの後ろ盾がなければやらない事業です、まして公的資金が流れているなら大変な問題です。
こんな勘繰りをファーンに言わせておいていいのでしょうか?
それとリーグのマーケティング部門の専門家はいるのでしょうか?
ただ漠然と試合を開催しても客は集まりませんよ。まだまだバスケットボールはマイナースポーツなんですから。会場でのイベント及び最寄駅から会場へのアプローチ地元商店街の協力(チームが勝ったら割引など)有名選手のマスメディアへの露出!オフシーズンの3X3イベントNBL選手参加(田臥選手が参加している所見てみたい)アメリカストリートバスケ対NBLバスケ選抜チーム富樫と田臥の1on1こんなイベント仕掛けたら話題になるし是非見てみたい。露出度が足りない(選手への怪我などの保障問題はあるけれど)いくらでも金を稼げる方法はあると思うんだけどね。地方協会の協力での中学・高校・ミニなどの動員には限界があるはずです。ましてや少子化問題で子供の数が減ってきているのですから。新しいニーズの開拓がリーグを活性化していくのではないかと思います。とにかくバスケはおもしろいこんなスポーツをビジネスに出来ない協会はバカと言うしかないですね。

7-(1) コメント投稿方法

貴殿の意見に反論があるので書かせていただきます。
>事前打診の段階で成瀬側から断りを受けた可能性が高いからのようだ。成瀬が理想とするチーム像にはベイスターズが合致しないようなのだ。

「~ようなのだ」というのは何を根拠に語っているのか。貴殿の思い込みでは?ここ2年途中離脱する成瀬に大きな期待をかけ過ぎだろう。

>若田部・鶴岡・橋本らFAで獲得した選手に対する仕打ち、中村ら外様への冷たさ、金城ほどの功労者でもFAさせてしまう不甲斐なさ、どれをとっても人情味を感じさせない冷たい球団なのだから。せめて功労者には、人事にもう少し暖かさをもつべきではないか。

中村こそ身から出たさび。あれほど露骨に首脳陣批判している選手に「冷たさ」と断言できる。よほど貴殿は皮肉でなく、心の広いお方に違いない。複数年契約を結び、FAを行使せず残留した外様の林を華麗にスルーするとはどうしたわけか。金城も決して喧嘩別れではないけどね。本当に冷たかったら「コーチ打診」もしていないし、話し合いもしていない。そういう事情を見ないで「冷たい」と断言するなよな?

 
>トライアウトでは145キロを投げ復活の可能性ありと判断されたようだが、3年もの低迷を乗り越えた投手は少ない。復活は宝くじのようなものと心得たほうが良さそうだ。また、東野は原監督の禁煙忠告を聞かなかった愛煙家としても知られるが、チームとして禁煙主義を打ち出しているDeNAでやっていけるのか、これもまた不安なところであろう。

 いくら実績があっても所詮、戦力外の選手。2010年の頃の期待をしたらまたこのブログで批判するつもりでしょう。
 貴殿は30年以上のホエールズ・ベイスターズファンらしいですね。色々、チームの嫌なところを見てきたのだろうが、もう一度見つめ直してみたらどうでしょう?

 

7-(1) コメント投稿方法

新井と大竹は地元が広島と関東と根本的に違いますから比較できません。

それと退団理由が
新井と大きく違います。

新井は金本と同じチームに行きたい。
優勝争いがしたい。

大竹は地元埼玉(埼玉)のチームに行きたい。
批判のあった優勝できるチームに行きたいは
タテマエで西武に行きたかったけど
西武がFA選手を獲得しない方針だったです。
(お金目的ならソフトバンクだったはずなので)
故障中でまんぞくに投球出来ないときに
ファンにきつい野次を浴びせられた上、食べかけの
弁当を投げつけられたトラウマによるものです。
(野次はいいけど、故障して万全でない選手に弁当投げたり、野次はファンとして恥ずべき行為だと思います。)
この時のことはかなり、こたえたらしく
故障時のファンの罵声がきつかったと度々きかれます。

なので、巨人退団しても広島復帰はないと思います。

打ち込まえれてならともかく
病み上がりの万全でないときの調整途上で打たれたなら理解も必要かと思います。

終わらせ方とセレッソの降格

再開されたのですね。
もうやめたと思ったのでよかったです。
磐田があのような形で決勝ゴールを決められましたが
その前日には浦和がアディショナルタイムに追いつかれて
しまうなど日本のサッカーは本当に終了間際に追いつかれたりするケースが多すぎる。
NHKBSの放送をみててもそう思うしネットなどでは
BS劇場と呼ばれるぐらいですからね。
ところでセレッソが降格しました。
フォルラン、中断期間にカカウなど取りましたが
カカウは途中出場が多くフォルランにいたっては
ベンチ外、事実かどうかはわkりませんがフォルランは
練習中パスがずれると追わず怒鳴り散らして乱してたと
あります。事実かどうかはわかりませんが結果がついてこなかったので今後も他のクラブはこういったスター選手を獲りにいくことは無くなるかもしれない。
そう思った次第であります。まあスター選手をとれば勝てると思っていたフロントが素人だったということでしょうか。横断幕に史上最攻は経営だけとあげられてましたし、実際グッズなどの売れ行きは良かったみたいですしね。ただ結果が出ないとどうしようもありません。
でぷあさんはセレッソの降格の原因はどう見てますか。

7-(1) コメント投稿方法

またまた ミシャお気に入り 石原の引き抜き報道。
どこまで進むのでしょうか サンフレッズ化。

藤村、頑張って欲しいですね

坂本の「アロ〜ハ」は、その前の監督と前主将の挨拶に呼応してのものだったという記事を読んだ気がします。
私は臨席していなかったのでその場の空気もわからないのですが、そういう経緯や宴会場という状況を考慮した上で、それは「恐ろしい軽さ」と断じる調子だったのですか。

結果

僕が毎週Jリーグタイム見るほどのJファンになったのも思い返せば5年前、偶然見つけた当サイトで偶然にも締め切り間近だった第1回順位予想にふらっと参加して偶然にも優勝してしまったことが確かなきっかけでした。当時はJリーグなどあまり見ない人間でしたが…

それが気がつけば大のJファン&ガンバファンになり、しかも1シーズン制最後の年にガンバの劇的な逆転優勝&三冠の達成を見られたなんて、本当に最高の1年でした。
なんか文章のまとまりがない気がしますが…
とにかく、5年も参加させて頂いてありがとうございます、と言いたかったのです。


さて、今年の予想と結果について

うわぁ、管理人さんの1コ下かぁ…
キツいなぁ、これは、精神的に…
鹿島と川崎軽視しすぎたなぁ…清水に期待しすぎたなぁ…ガンバ信じきれなかったなぁ…

しかしJ2予想プログラムの精度には自信を深める結果でした。プログラムは北九州をもう少し上に、ヴェルディをもう少し下に予想してたので、僕が変に順位をいじらなければ管理人さんとの8ポイントは…と言い訳。
来年はもっとコンピュータ予想を信じてチャレンジしますので、またよろしくお願いします。

7-(1) コメント投稿方法

カープファンです。
黒田が戻って来てくれて、「優勝だ!」と有頂天になるカープファンには疑問です。そんな甘くないですよ。このところのカープ人気で、カープファンの多くはちょっと舞い上がってますね。きっとしっぺ返しくらいますよ。
ただ、この管理人に代表されるように、巨人ファンの上から目線の物言いはもっと不快ですね。「余裕」なら黙っておけば良い。
チームのカラーが真逆のカープがこのところ人気で、さらに力もつけてきたことから、きっと「余裕」はなくなっているのでしょう。だから、黒田の記事にせっせとマイナスをつける。
せっかくチームは強いのに、どうし尊敬されないか、好かれないか。
少し考えて欲しいものですね。ただただ残念です。

7-(1) コメント投稿方法

ゴフィンのところで、ベルギー選手について書いてありましたので
一言書かせて頂きます。
ちょっと前までザビエルマリスという選手が結構活躍してたと
思います!!。引退してますが・・

パスについて

残念ながら、あまりにも平面的な思考ですね。
そもそも、パスの方向のみでプレーや戦術の質が問われるものではありませんから。

ジェラードの覚悟

何と言っていいのかわからないお正月となりました。

そんな~、とどんなに叫んでみても、どうにもならないジェラードの覚悟!

でも、わたしもやっと、アメリカで重荷から放たれすがすがしくプレーするジェラード、遠慮なく家族との時間を過ごすジェラード、、それもいいよねと思えるようになりました(・・・)。

想えば昨シーズンのあの円陣の檄!!あの時ジェラードの何かが燃え尽きちゃったんじゃないかしらと。

今朝のチェルシーとのカップ戦でも惜し~いシュート何本かありましたよね。キャプテンの雄姿しっかり焼き付けておきたいです。

トーレスのこともやっとほっとできそうですね。

7-(1) コメント投稿方法

力士の給与については私は別の考えを持っています。むしろ削減すべきなのは、親方衆の給与なのでは?引退後年寄株を取得し、特に不祥事など起こさなければ停年まで1000万円程度の給与が保証される、こんなおいしい仕事はないでしょう。
あと、以前から疑問に思っていることは、結婚している力士で幕下に落ちた後も長く現役を続けている例があります(佐渡ヶ嶽部屋の元十両琴冠佑など)。彼らはどのように生活していたのか、謎としかいいようがないです。

7-(1) コメント投稿方法

そうなると、ズラタンがその問題を解決して優勝するでしょう。でも、そうなるとはとても思えない。それはやはり監督とサンフレッチェ時代からいっしょにやってるそのとりまきの選手じゃないかと思います。昨年のガンバとの決戦で失点につながる前のレッズのフリーキックは目の前のガンバの壁にボールをあげたかたちになり、そのままカウンターから失点をくらいました。それはあまりにも不注意で相手を軽く見すぎているのではないかと思わざるを得ないプレーでした。そういうプレーがこの監督の下では多すぎます。昨年だけの話ではないです。極端にいえば、85分は注意深くできるけど5分は集中を欠くというか相手へのリスペクト・慎重さを欠くプレーをし続けてます。監督がファンからの質問プレッシャーに負けてるようではまたここ一番のプレッシャーで負けるのではと信用ができません。そんなわけで、とても1トップで解決するとは思えません。どう見てもプレッシャーの弱さが顕著に現れているチームです。一方で私はズラタンには相当期待してます。仰る通りのプレーが興梠以上に期待できそうだからです。でも最終的にすっきり勝ってくれて私のこの監督たちへの不信感を同時に打ち負かしてくれたら何よりです。

7-(1) コメント投稿方法

村中には非常に期待していますが、たぶん駄目でしょうね

いい意味で裏切って欲しいですが・・・

私は石山がローテに入ると思います

7-(1) コメント投稿方法

 城福さんに対する守備面の評価は適切かと思います。でもそうすると、本田、香川、遠藤、長友など、守備をサボりがちな現代表の多くの選手から反発を受けそうですね。

7-(1) コメント投稿方法

>「急に、ボールが、来たから(通称QBK)」
>と言ってしまったインタビューが
>最後まで柳沢の足を引っ張ってしまった。

これ捏造ですよ。
本人がそう言ってる動画などありますか?
2ちゃんねるで揶揄された妄言が独り歩きしているだけです。
彼の名誉の為、コメントさせて頂きます。
嘘も100回言えば何とやらですね。

7-(1) コメント投稿方法

協会の良し悪しは別にして、監督を探す交渉が出来る人はあの人たちしかないと思われているところは少し納得できません。所詮ビジネスの世界です、お金を積んでよい代理人を選べば素人でも出来ると私は思います。ただこの極東の日本までとなると難しいところは有ると思いますが、原氏、霜田氏もそれでご飯食べているわけじゃないですか。やって当たり前の話であって、それを間違えて知らなかったでは協会は美味しい職場ですね。

オールドルーキーに期待しています。

大胆かもしれませんが、4人のうち何人かは開幕スタメンを期待しています。
あと、野村、ハマキュウ、山本雅と開幕一軍で!

7-(1) コメント投稿方法

>得点が入らないだけならまだしも
見ごたえや、迫力、緊迫した攻防があったわけでもない。
普段Jリーグを観ない人からすれば、なんだ、つまんないじゃんJリーグ。となってもおかしくないような試合であったことは間違いないと思う。しかし、この試合だけでJリーグを判断しないでほしい。確かにこの試合に関しては面白みがあまり感じられない退屈な内容だっただろう。ただ、この1試合は年間を通じて行われるJ1リーグ戦306試合のうちの1試合に過ぎない。年間306試合も行われるのである。
中には眠くなってしまうような退屈な試合もあるだろう。
全ての試合がエキサイティングであって欲しいと望んでいるが
そうとは限らない事も知っていてほしい。




あなたのこの解説に
今のJリーグのダメさがつまってるんじゃないですか

日本代表といいJチームのACLの成績と言い

開幕して2戦目で熱い戦いを見せられない所に
日本サッカーの大きな問題点があるんじゃ
スコアレスは仕方ないとしても
サポが
チケットを買うのにどんだけ苦労してるか
コア・サポのあなたが擁護してるようじゃ
日本サッカーは日の目を見る日が来るのかな






伝わるプレーが無い時は

コアサポのあなたが
こんな状況を擁護してるようじゃ
日本のサッカーは日の目を見ないでしょうね。

7-(1) コメント投稿方法

あらら。
もしかして、上記の不具合と同じ様な事が起こっただろうかな?
そんな事は全く知らなかったので、古いYahoo!ユーザー名とパスワードも忘れてしまって、新しいYahoo!ユーザー名をもらったけど、フアンサカの今までのチームを編成できないよ。
何とか、新しいYahoo!ユーザー名でも、
今までの
チーム名=行け出せ意地 バトルリーグ=League3
を使いたいのですけど、どうしたら可能なのでしょうか? 
教えて下さい。

7-(1) コメント投稿方法

事務局=投稿者ID oshiraseです。

gooutgoout様

ご利用有難うございます。
こちらのコメントへの返信をgooutgoout様のご登録いただいているメールアドレスへお送りしておりますので、
ご質問などございましたら、そちらより返信いただけますと幸いです。

今後ともスポーツナビ+をよろしくお願い致します。

7-(1) コメント投稿方法

連絡先を忘れていました。
Yahoo!の新しいユーザー名は、
ikeda_se0226
です。
従って、新しいE-メールのアドレスは、
ikeda_se0226@yahoo.co.jp
という事です。(確認のため)
よろしくお願いします。

昔は

呼び出し全員が呼び上げをするわけではなかったから、太鼓専門の人や裏方に徹する人なんかがいたみたいですよ。全員が呼び上げをするようになったのは昭和40年からですね。

公傷問題と協会のけが防止義務

公傷が復活しないならば、協会はもっとけがが起きにくい

土俵を作る義務があるでしょう。

例えば、土俵下にマットレスを置くとか土俵の高さを低く

するとか。いろいろと工夫する方法はあるだろう。

力士が大型化して物理的に負傷する(壊れる)

リスクは大幅に増えている。

伝統や決まりもあるが、一番大事な力士をけがから守ろう

という雰囲気さえ無い。

けが防止に何もしないのは、相撲界そのものの損失なのに

気付いていないようだ。

相撲界には、選手会にあたるものはないので力士側から意

見をぶつける場がない。ぜひ、いろいろな意見を横砂審議

会に伝えてみてください。

7-(1) コメント投稿方法

マインツの岡崎はステップアップこそしていませんが、不動のエースとして活躍し続けることにより、選手として飛躍的に成長しました。バイエルンで出場機会を得られなかった宇佐美よりずっと有意義な時間の使い方だと思います。
武藤もマインツでエースの座を勝ち取ったなら、バイエルンに居た頃の宇佐美よりは成長できるんじゃないでしょうか。武藤がそれを望むなら、個人的には応援したいところです。

あと、FC東京は、残念ながら武藤がいても今年の優勝は無理でしょう。広島相手に終始主導権を握られたり、浦和に大差を付けられたことから分かる通り守備は決して固くないですし、得点も太田のセットプレイと武藤の個人技頼み。リーグ戦の成績にしても前半戦に下位と当たったことで順位を上げましたが、川崎以外の上位チームには勝っていません。
これでは、浦和とガンバを上回ることはまず不可能でしょうね(この2チームは嫌いなのですが)。

7-(1) コメント投稿方法

はっきり言ってしまえば、クレーはナダルがいたから勝率が
他より悪いんだと思います。また、数年前まではどこでも全く取りこぼしをしないのがフェデラーだったのでかなり高い
水準でクレーも勝率が高かったのですが、衰え始めた5年ほど前から勝率が下がってるはずです。クレーが苦手な選手がクレーのマスターズやフレンチの決勝進出5回以上はありえないです。
BIG4に限って言えばマレーは別としても他3人には苦手な
サーフェスはないと思います。フェデラーがクレー苦手なら、
ナダルのグラスのほうが取りこぼしが多いと思います。

概ね同意ですが・・・

こんにちは。中学野球指導者・審判員です。

全体的に共感が多い記事ですが、T-岡田選手の守備については「責めることはできない守備」だとは思いません。

理由は2点です。

1)突っ込むシチュエーションではない
  1塁ランナーがスタートしていたとはいえ、
  シングルヒットでは得点にはならない。
  また、0アウト1、3塁の状況になっても、
  次打者がピッチャーのため、1アウトがほぼ確実に取れ、
  その後、1アウト1、3塁からゲッツーで抑えられる
  可能性が高かった(結果として長野選手は遊ゴロ)。

2)ショートバウンドではなくダイレクトで逸らしている
  リプレイで見ると解りますが、ショートバウンドの後
  逸らしたのではなく、ダイレクトで後逸しています。
  つまり、本来は取れた(取らなければならない)打球
  だったということです。

基本的には、サヨナラがある局面で、ランナー3塁以外では突っ込むべきではないと思います。

「行ける」「行けない」の判断は、野手の感性にもよるので一概には論じられませんが、状況的に行くべきではないと思いますし、同じことを指導している子供達が行えば、やはり苦言を呈します。

作戦面など、共感が多い記事だけに若干残念です。

2015年データが入ってないです

いつも利用させていただいております。ありがとうございます。
今回UPされているものですが、いつもと異なり2015年のデータが反映されてないように思います
2015年は3着馬が、データ外の馬がきていることもあります
更新はされますか?

6-(1) コメント投稿方法

カープファンですが、昨年より管理人様の冷静かつ客観的な野球観、そして暖かいベイスターズ愛の姿勢に好感を抱いている者です。
今回の日本シリーズ敗戦に、また監督の采配批判が渦巻いてますが、私は管理人様の今回の記事とほとんど同じ考えです。今回に限らず、過去のカープ関連の記事も同様で、なおかつ勉強にもなりました。
今後とも良識ある記事を楽しみに、拝読させて頂きます。

誤報の可能性有り

この記事は信憑性がないようだね
記事を出しているのはデタラメ記事勘違い記事で有名なデイリー
このデイリー以外のスポーツメディアは記事を出していない
また韓国メディアでは所属チームに残留との記事も出ているようです
デイリーの悪意ある嫌がらせ記事に踊らされただけかも知れませんね

今日も勝ち越し出ず。

大変興味深い内容でした。
本日11日目も勝ち越しが出ず
平成9年以来だそうです・・・

アメリカズカップ

TV放送も含めてアメリカズカップの情報が少ない中、毎日楽しみにこの記事を読ませて頂いています。マイナーなスポーツなのかもしれませんが、1度でもヨットに乗った事がある人間ならば記事を読めば興奮するなと言うのも無理はないと言った感じです。

残念ながら日本チームは敗退してしまいましたが、今後もレースの行方に注目していきたいと思います。

前回の悔しさをまだ覚えているので今年こそは是非ニュージーランドにカップを持って帰ってもらいたいです。

6-(1) コメント投稿方法注目

面白いね
同じようなこと考えてる人もいるんだ!
今後 注目させて貰います!

6-(1) コメント投稿方法注目

面白いね
同じようなこと考えてる人もいるんだ!
今後 注目させて貰います!

6-(1) コメント投稿方法注目

面白いね
同じようなこと考えてる人もいるんだ!
今後 注目させて貰います!

6-(1) コメント投稿方法注目

面白いね
同じようなこと考えてる人もいるんだ!
今後 注目させて貰います!

6-(1) コメント投稿方法

同感です!

野球経験者なら故意かそいじゃないかはかなりの確率でわかる

今回の場面がまさしくそれ

ベースを踏む一瞬前の頭の下げ方からくる視線と連動して左足が外に向いている

その後中川君に駆け寄る姿は満足げで犯罪隠しの行動、心理学的にもそう判断すると思われる。

ホズマー、ロイヤルズに残ってくれないか

初のサヨナラHRが親友のホランドからとは!
嬉しいような、気まずいような、これも勝負の世界ですから
仕方ありませんね。
ホランドは、ロイヤルズに残ってほしかったです。
デービスも残ってたら、地区首位を走っていたでしょうね。
ホズマーは、できればロイヤルズ一筋でいてほしい。

記事へ戻る

ブロガープロフィール

profile-iconblog_manual

スポーツナビ+の利用マニュアルです。ご不明な点に関するご質問は上記よりお願いいたします。
  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:188850

(10月19日現在)

関連サイト:お問い合わせ先

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 6-(1) コメント投稿方法
  2. 6-(2) スマートフォンからのコメント投稿方法
  3. 1-(3) Yahoo! JAPAN IDとの連携について
  4. 3-(4) 文字修飾、画像アップロード機能
  5. 1-(1) ブログを開設するには
  6. 1-(2) アカウントをつくる
  7. 4-(1) ヘッダーカラー選択
  8. 3-(1) 記事投稿の基本
  9. 1-(8) ログインするには
  10. 2-(4) アカウント管理

月別アーカイブ

2016
03
2015
06
2010
12
2007
01

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年10月19日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss