ブリーチャー★TYO

前回も、今回も、「WBC球」のこと言ってる 統一球とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

侍ジャパンが、アメリカの地で、アメリカ代表の野球に勝って欲しかったので 残念でなりません。

「プレミア12」で侍ジャパンが準決勝で無様な敗戦をしたとき 一部で、小久保監督に対し、心無い言葉が飛び交ったときは あまりにもヒドイと思って、わたしは心を痛めました。

まあ、プレミア12のハナシは、一旦おいておきましょう。

第4回目のWBCで、日本代表は、優勝を逃しました。

本大会が始まる前から、WBCで使用される、使用球(WBC球、WBC公式球、WBC公認球) について、滑るだの、縫い目だの、この投手はしっくりきているだの、慣れないだのと 報じられていました。

今回の準決勝での、筒香選手のあのライトフライが、WBC球だったからどーのと 元サブマリン投手が述べている記事もあるようです。

もう、いい加減にしろ、と、言いたくなります。

わたしは、以前、統一球について、このスポナビブログ記事に 投稿したことがあります。

リンクテキスト

一体、いつになったら、NPBは、本気の本気の「国際試合に勝つための統一球」を用いて 日本のプロ野球の試合を行なうのでしょうか。

ここでいう「統一球」の主な意味は、(何度でも書きますが) 「WBCに代表される『国際試合』で使用されるボールに近づける」統一球のことを指していますが NPBは、WBC球に近づけるような統一球を、使用する気は無いのでしょうか?

もう、無いとしか思えません。

オモテには出せない色々な、事情があるのでしょう。

であるならば、「国際試合で使用されるボールに近づける」などと言わないで欲しかったです。 「国際試合で使用されるボールは、プレミア12で使用する球のことでした」 と、あとづけでもいいので、今から言えばいいのです。

でも第1回のプレミア12で負けてしまって、何か計算でも狂ってしまったのでしょうか。

わたしは、提案したいです。

WBCが行なわれる前の年は、WBC球で日本の公式戦を戦ってくれと。 ワンシーズンが無理なのであれば、後半戦からでもいいではないか、とも思っています。

それでも、難しいことでしょう。

であれば、日米(日米だけではないけれど)、シーズンごとに、使用する球をローリングス社製 ミズノ社製、その他社製を、ローテーションする。

これも、絶対に無理でしょうね。

では、こういうのはいかがでしょう?

WBCで使用されるボールは、日本の統一球を使え、と、WBCI=アメリカに言うのです。 そうじゃなくちゃ、WBCに出ない、と言えばいいのです。

WBCの主催者(結局はMLBであり、アメリカなのでしょうが)には 侍ジャパンマネー(チケット代、放映権の料金、公式グッズのロイヤリティ等々)無しで 本大会を開催してごらんなさい、と言いたいです。

ちなみに、わたしは、2020東京オリンピックの「野球」には興味がありません。

プレミア12も、3位決定戦後の、決勝戦。 ガラガラの東京ドームで優勝した韓国チームに届かない ショボイ紙テープと盛り上がらないセレモニー見て (本当に、韓国代表選手に失礼極まりない表彰式でした)

やっぱり野球の国際大会でいちばん華やかなのは 「ワールド・ベースボール・クラシック」だなあ、と思ってしまいました。

2ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
日本の野球
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

前回も、今回も、「WBC球」のこと言ってる 統一球とは何か

はじめまして西淵さん。

「こういう記事を待っていた」とのコメント、こんなに嬉しいコメントはないです。光栄です。

ただ、今、自分で読み返して、「まとまり」がなくて、何を言ってるのだが、イマイチで反省しています。

ですが、本当に光栄なコメント、改めて感謝です。

なんだかんだ言っても、WBC、面白かったですね。

前回も、今回も、「WBC球」のこと言ってる 統一球とは何か

初めまして!
こういう記事を待ってました。
使用球に関しても、本当にもどかしさが募るばかり…
一夜明けてもWBCロスから逃れられず、悶々としております。
ここまで思わせてくれるほど、この大会は魅力あるんですけど、色々勿体ない部分が多くて残念です。

こんな記事も読みたい

侍ジャパン お疲れ様でした【プロ野球の底力】

WBC優勝には‘脱ドーム&人工芝’【スポーツ えっせい】

小久保監督お疲れさまでした【明日は明日の風が吹く】

ブロガープロフィール

profile-iconbleacherstyo

  • 昨日のページビュー:3
  • 累計のページビュー:124233

(05月17日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 大谷の続投をしたくても出来なかった?
  2. Number 有馬記念特集で扱われなかった トウカイテイオー
  3. 巨人とソフトバンクは別次元の野球をしているのか
  4. 巨人よ みんなでカツラをかぶって楽しいですか?
  5. ファンフェスタに注目 高橋由伸の引退と新監督誕生
  6. 25年前の有馬記念の日の中山競馬場のいっぷう変わった風景
  7. ゴールデンアイという競走馬 金杯の頃の思い出す
  8. タツノリ! おかえりなさい!!
  9. 村田修一の「スタメンで出たい気持ちを押し殺している」について思うこと
  10. 巨人にはコリジョンルールに対する準備があった

月別アーカイブ

2017
04
03
01
2016
12
06
05
03
01
2015
12
11
10

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年05月17日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss