巨人 大鵬 卵焼き

全勝は稀勢の里ただ一人

このエントリーをはてなブックマークに追加

大相撲初場所8日目(両国国技館)

8日から始まった大相撲初場所も8日目を迎えた。 初日から横綱 大関陣安泰はなくここまで進んできた。 先場所優勝した鶴竜は4日目に御嶽海に押し出されてから5日目には高安に引き落としで敗れ、6日目にも荒鷲に寄り切られるなど3連敗を喫し、自身初の連覇は風前の灯だ。

日馬富士は2日目の御嶽海と3日目の松鳳山に寄り切られるなど連敗した挙げ句、6日目の玉鷲には寄り切りで 勝ったものの足の肉離れで全治1ヶ月の加療を要すにあたり休場してしまった。

1年ちょっと前に右膝を痛めてから精彩のない相撲を取っている照ノ富士は序盤に2度の連敗を喫するなど漸く五分の星に戻しているが残りの対戦相手を考えると来場所に角番の可能がないとは言えない。

先場所に綱取りだった豪栄道はここまで5勝3敗とあんなものかな?という感じだ。

角番の琴奨菊は僅か1年前の初場所に初優勝を遂げて、綱取りの場所も経験したのに1年後の今場所に芳しい状況ではなく、4日目から5連敗を喫して2勝6敗となり、いくら日馬富士が休場になったとはいえ、横綱 大関戦5人を残していることを考えても残り全部勝つまたは1敗で済むと考えにくい。 つまるところ、大関陥落は時間の問題で来場所の関脇で10勝すれば大関返り咲きという道程も厳しく映る。

そんな中、7日目に白鵬と稀勢の里の勝ちっ放しになり、8日目の土俵で明暗を分けた。 まず、稀勢の里は隠岐の海が右を固めてきたことにより、左おっつけから左を差せず、両差しを許す苦しい展開で土俵際の左からの突き落としにより九死に一生を得た形だ。 結びの一番で白鵬も全勝で続くのかと思っていたらここまで1勝6敗の荒鷲に対して舐めてかかったのかは定かではないが、右をのぞかせたと同時に得意の左上手が取れず、やや左に変わって左上手を荒鷲に取られてしまい、一気に向正面に寄り切られるまさかの展開に吃驚した。

この結果、勝ちっ放しは稀勢の里ただ一人となり、時期尚早かもしれないが 白鵬との一番を迎えるまでに星を落とさないことが肝要。現在の横綱 大関陣で唯一優勝経験のない稀勢の里の初優勝への期待は高まるが、これまで幾度となく期待を裏切ってきただけにこの機会を逃してはいけない。

今後の土俵に注目したい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
大相撲
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

この記事にはまだコメントがありません

こんな記事も読みたい

ここから始まる、稀勢の里版『ヤヌスの鏡』【ピノキオ〜「クビ差」で「クビ」になったはずなのに、舌の根も乾かぬうちに再開した厚顔無恥なブログ】

観戦記1257 激闘! UFC206 カブ・スワンソンvsチェ・ドゥホ【人生マイペンライ】

17.1.14 NHKアナウンサー番付2017 前編【巨人を見る】

ブロガープロフィール

profile-iconblackbird

スポーツは観るのが主です。
野球 サッカー(特に海外の方) 相撲が好きです。
偶に上から言っていることもあると思いますがご容赦下さい。
  • 昨日のページビュー:2031
  • 累計のページビュー:5509971

(04月24日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 温情采配も甚だしい
  2. もう終わり
  3. 自ら流れを手放す愚かな采配
  4. 14勝1敗で優勝できなかった力士
  5. 沢村は観てて疲れる投手
  6. 恥ずかしくないのか?
  7. 大阪桐蔭以外は全て初優勝となる
  8. 勝てる気がしない
  9. レアルマドリー 過酷な3連戦3連勝
  10. 今季4度目のマドリッドダービー

月別アーカイブ

2017
04
03
02
01
2016
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2015
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2014
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2013
12
11
10
09
08
07
06
05
04
03
02
01
2012
12
11
10
09
08

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年04月24日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss