ラグビー日本‼

次のストーマーズ戦必勝で、去年より戦績アップを

このエントリーをはてなブックマークに追加

**
SRや各国代表HCは、日本対策の一つとしてより直線的たて攻撃、
ゴリゴリ攻撃、セブンズ的攻撃にシフトしている。

体格、フィジカルで劣るチームを攻略する単純かつ効果的戦術。
15人制も7人制もフィジーや南アチームの素早くて強力な攻撃には弱い。

なので、早めにつぶすDF、背走させて陣地を取り素早いカウンター攻撃を繰り返して、
相手の走力を奪わなければならない。
そして、「接戦」に持ち込んで相手が伸び伸びとATしてこないような状況に持ち込む。
ファーストタックルでやっつける気迫で頑張れ!

キッキングゲームは、現代ラグビーには必須。
今身に付けておくべき。
それに、キックを練習するとハイパントキャッチもハンドリングスキルも向上する。
今のうちにマスターしておいた方が良い。
二人目、三人目の判断を瞬時に行う面でも訓練されるし。
それがチームとしてできるようになれるように切望している。
タックルは、ディフェンスが後手後手になると体の強い相手に飛ばされるのと、
入ろうとしても上手くかわされて芯に入れない。ヤコクリエルの
7人位のタックルを突破して強引にトライしたのが、典型的な例。
怠慢や勇気がなかったのではなかったと思う。
セットプレーが出来ないことによって組織ディフェンスが崩壊したのが大きい。

これからTLが始まると選手は各チームの戦術に戻りS&Cとタックルの強化は
各人に任されるとなると、11月のテストマッチは、大丈夫か?
NDSを毎週の初めに召集してサンウルブズ(日本代表)に所属している
メンバーにトレーニングと戦術確認と反復練習をすべきか。
すべてにベストを尽くして、世界選抜とオーストラリア戦は接戦に持ち込んでほしい。

その前に、ストーマーズ戦。
アウェイで、南ア3位のチームでエツベス出場だが、
鉄壁のタックルと動かないスクラムと早くつぶすDFを徹底して、
よい結果を残して日本に帰ってきてほしい。



1ページ中1ページ目を表示中

記事カテゴリ:
タグ:

【お知らせ】
Yahoo! JAPAN IDで記事にコメントできるようになりました

このブログの最近の記事記事一覧

この記事へのコメントコメント一覧

次のストーマーズ戦必勝で、去年より戦績アップを

>キッキングゲームは、現代ラグビーには必須。
>今身に付けておくべき。
>それに、キックを練習するとハイパントキャッチもハンドリングスキルも向上する。
>今のうちにマスターしておいた方が良い。

全く同感。
前の時は長くなりそうで書かなかったんですけど、今はキックオフも含めて自分たちで蹴ったハイボールを再獲得するくらいでないと話にならない。
アイルランド2戦目後半20分かけてようやくトライ獲ったのに、その直後のキックオフを15年W杯最長身選手のLOトナーに合わせられて自陣くぎ付け。
得点した勢いが完全に吹っ飛びました。

そりゃJAPANはキックはするのも獲るのも下手だけど、そこを無視しては先へは行けない。
アイルランドもスコットランドも最後には「日本にはハイパントすりゃいい」と思って試合してると思います。いざ苦戦となればハイボールで攻めてくるのは確実です。6月のアイルランド戦はそこまでJAPANが追い詰めることができなかったのでFWのプレッシャーもハイパントもさほどではなかった。それを出さずとも安全圏にいたから。
もしW杯で接戦に持ち込めた場合はそれらを“解禁”してきますよ。

私は、勝利までは望まない(正直難題すぎるので)ですが、ライオンズ戦のJAPANのいつか見た光景(2004年の欧州遠征98-0、100-8のような)だけは改善せよ!汚名返上して日本に帰ってきてくれ、という思いです。

こんな記事も読みたい

机上と現場【グラウンドから愛を込めて】

にしやん松戸ラグビー教室2017-25【Dream Rider  西山淳哉】

たくさんの仲間たちと その2【グラウンドから愛を込めて】

ブロガープロフィール

profile-iconbigtuck

  • 昨日のページビュー:0
  • 累計のページビュー:89915

(11月23日現在)

ブログトップへ

このブログの記事ランキング

  1. 日本代表ラグビーについての偏った報道
  2. 田村・茂野ら移籍組が出てきたことについて
  3. サンウルブズ2017 NZツアーとジェイミージャパン韓国戦
  4. 日本代表(JAPAN XV) 対 世界選抜(World XV)戦のメンバー発表
  5. 号外 世界選抜メンバーがすごいことに!!
  6. 11/19トンガ戦 やっときましたベストメンバー!!
  7. サンウルブズ2017NZツアー大成功!とその他のラグビー雑記
  8. ラグビーについてメディアに惑わされないで
  9. ラグビー選手の移籍問題、プロ化の波をどうするのか
  10. ジェイミージャパン サマーツアー2017を終えて

月別アーカイブ

2017
11
10
09
08
07
06
05
04
03

このブログを検索

スポーツナビ+

アクセスランキング2017年11月23日更新

アクセスランキング一覧を見る

お知らせ

rss